間違いなくエネルギー危機はない!

ピーター・ケーニッヒは「ドイツとイタリアのガス・デポジット(保管場所)は94%以上で満杯だ。これはヨーロッパ全土に言えることだ。間違いなくエネルギー危機はない」と言います。

ヨーロッパは今、燃料不足で冬が越せるかどうか危ないと聞いていました。そのせいで、日本ではほとんど報道されませんが、ロシア制裁をやめろという抗議運動が燃え上がっています。ところがピーター・ケーニッヒ氏の記事によると、燃料の備蓄は十分で、タンカーが公海上で荷揚げできず、さまよっているそうです。

どうやら、今回のエネルギー危機も作られた危機のようです。

大嘘:世界的なエネルギー不足と複合的な危機──すべて捏造──西洋文明の破壊を意味する

The Big Lie: Worldwide Energy Shortage Plus Multiple Crises – All Manufactured – Meant for Destruction of Western Civilization
First published on November 29, 2022
初出:2022年11月29日
ピーター・ケーニッヒ
グローバル・リサーチ、2022年12月11日

エネルギー危機?
食糧危機?
産業崩壊?
サプライチェーンの途絶?
通信網の寸断?
サイバー攻撃?
ブラックアウト?
ハイパーインフレ?
気候変動?
戦争、内戦、そしてさらなるプランデミック、人類の不幸に至る……

そのとおり。

すべて仕組まれたものだ

私たちが知っている文明を破壊し、第4次産業革命のロボットとヒューマノイドに置き換える計画の一部だ。AIが生成した電子コマンドで行動し、プログラム可能なデジタル中央銀行通貨(DCBC)で生き延びるようになるのだ。

この狂気、聖書的規模の犯罪を止めるために何かをするのではなく、傍観し続けるなら、本当にそうなってしまうだろう。人類と母なる地球に残されたものは、奈落の底に落ちる覚悟をすることになるだろう。

物資不足は、インフレを引き起こす。──インフレが自然に起こらないなら、それは作り出されたものだ。
メディアのプロパガンダは、インフレを全面的に語ることで、産業界やサービス業の大企業に値上げのフリーパスを与えている。それが正当なものかどうか、誰も疑問を持たない。メディアがインフレだと言っているのだから、値上げは当然のことである。

多くの危機は現実には起こっておらず、そのほとんどはメディアの中だけだ。24時間休みなく続くプロパガンダによって。そして、人工知能(AI)が引き起こす見せかけによって。

そして間もなく、中央銀行デジタル通貨(CBDC)が我々の現金通貨に取って代わるだろう。CBDCはいずれプログラム可能になる。オンとオフを切り替えることができ、特定の買い物(商品やサービス)に使うようプログラムされ、あなたがそれを望もうと望まざるとにかかわらず、利用できるようになる。あなたの行動と服従が重要になる。CBDCを通して政府が私たちに対してすることの優れた要約である、この7分間のビデオ・アウェイクナー(ビデオ・目覚めさせる人)をご覧あれ。 以下を参照するか、ここをクリックしてほしい。

「コントロールがすべて」エヴァ・ヴラーディンガーブローク、リシ・スナクの中央銀行デジタル通貨 (CBDC)への好感度について

今、私たちは奈落の底に落とされようとしている。

多くの奇妙なことが同時に起こっている。混乱のためだ。しかし、同時に、極悪非道な”アジェンダ2030”(グレート・リセット)と、もちろん、人間の生存者をトランスヒューマンにするはずの”第4次産業革命”の実施を加速させるためでもある。

それは新しいことではない。

著名な研究者やアナリストは以前からそれを言い、私たち人類に、迫り来る滅亡を警告してきた。社会的な精神的なブレークスルーが達成されるまで、それは繰り返されなければならない。

残念ながら、今のところあまり効果がない。諦めないことが有力なマントラである。

我々はソファに座り、主要なニュース、つまり永遠の嘘の機械を見続けている。我々はウクライナ戦争にすっかり気を取られている。メディアは連日、プーチンが悪者だと言っている。NATO諸国からウクライナにもっと武器を供給する必要がある、ゼレンスキー大統領にもっと予算を与える必要がある、と。プーチンは、私たちに降りかかっているすべての惨事の原因だと。

ゼレンスキーのウクライナはすでに1000億米ドル相当の武器と”予算支援”を主に米国とEUから受けている。しかし、ゼレンスキーは満足していない。彼はもっと欲しいと叫んでいる。プーチンは私たちに降りかかっているすべての大災害に責任があると。

考えてみてください。

バランスの取れた見方はありえない。あなたが自分の人生を自分の手で、自分の頭で、自分で考え、点をつなぎ合わせない限り。主流メディア、テレビ、ラジオ、新聞を止め、オルタナティブ・ニュースを探してください。

課題は、我々はバランスの取れた見解を求めていないことだ。なぜなら、もしそうすれば、我々は自分で考えなければならなくなるからだ。不快な現実に目を覚ますかもしれない。

我々は、絹のように滑らかな快適さの領域から出たくはないのだ。

戦争に焦点を当てることは、鉄の門の向こうで準備されているものから目をそらすことになる。

ドイツとイタリアのガス・デポジット(保管場所)は94%以上で満杯だ。これはヨーロッパ全土に言えることだ。間違いなくエネルギー危機はない。もし何らかの理由でエネルギー不足に陥ったとしても、プーチン大統領はロシアが欧州や世界との契約上の義務を果たすと繰り返し強調している。そして、NATOが許可すれば、彼は間違いなくそうするだろう。

そうならないように、ワシントンはノルド・ストリーム1と2の破壊を扇動した。

ロシアは、パイプラインは修復可能だと主張したが、ワシントン/NATOはそれを許さないだろう。欧州委員会(EC)委員長のフォン・デア・ライエン夫人とその相棒のドイツ首相オラフ・ショルツは、クラウス・シュワブ(WEF)のヤング・グローバル・リーダーズ(YGL)アカデミーで学んだ従順な生徒だが、ガスパイプラインを修復せず、ヨーロッパを破綻させることに躍起になっている。

欧州のLNG(液化天然ガス)貯蔵タンクは、過去10年間の平均を上回るほど満杯になっている。利用できるデポジットには、これ以上炭化水素を入れるスペースはない。

化石燃料を満載したタンカーが何百、何千と海を漂っている。荷を下ろせないのは、主に欧州と北米の港湾局が、闇カルトの命令に従って、荷を下ろすことを許可しないか、保管場所がないため下ろせないか、ガス会社やガソリン会社が、ガス価格がマイナスのため下ろしたがらないかのどちらかだ。公海上で荷揚げができないタンカーの地図を見てください。

ヨーロッパのいくつかの市場で、天然ガス先物がマイナスになった。歴史上初めてのことだ。もちろん、これはスポット価格だ。時間単位で変動することはあっても、マイナス圏に落ち込んだということは、エネルギー不足が操作されていることを示している。

公海上で荷揚げができないタンカーの地図。
公海上で荷揚げができないタンカーの地図

CNNの報道
「ベンチマークとなる欧州の天然ガス先物価格は、先週木曜日から20%下落し、2022年8月末に過去最高値を記録してからは70%以上下落している。インターコンチネンタル取引所のデータによると、月曜日(10月24日)、1時間以内に配達されるオランダのガススポット価格(ヨーロッパのリアルタイムの市況を反映している)は、0ユーロ以下に落ち込んだ」

これ(▼)を見てください。

Europe now has so much natural gas that prices just dipped below zero
欧州は天然ガスが豊富で、価格がゼロ以下になった。(※翻訳しました)

米国は、”デジタル・金融・軍産複合体”、つまりWEFが際立って理事席を占める現在君臨するグローバリスト・カルトを経由して、政府、特にヨーロッパの政府に対して、エネルギー輸送を拒否しなければならないと命じている。そうすると価格が下がる。なぜなら、商品は公海に浮かんでいて、配達される準備ができているのに、配達されないからだ。供給過剰になるのだ。そして、インフレは起きない。

このシナリオは、ワシントンがいかにヨーロッパを”非工業化”し、軍事的に弱体化させようとしているかを示している、とロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は述べている(RT 2022年10月30日)。

偽のエネルギー危機を作り出さなければならない。なぜなら、そこから我々が知っているような人類を滅ぼす他の危機や災難が流れ出すからだ。それは、絶対的な専制政治の方向への大きな一歩となる欺瞞である。
これ(▼)を見てください。

“EU Harakiri”on Behalf of Washington. The Nord Stream Destruction, Is the EC Planning to Destroy the European Union?
ワシントンに代わって「EUハラキリ」。ノルドストリーム破壊、ECはEUの破壊を目論んでいるのか?

肥料や食料の生産、通信、水の供給、金属の製造、サプライチェーンなど、すべてがエネルギーに依存している。

ヨーロッパは、自ら生み出した忘却の彼方へ、ますます速く滑り落ちていくかもしれない。ヨーロッパには原料がなく、大ヨーロッパのエネルギー源のほとんどは、ヨーロッパへの化石燃料の納入を”制裁・禁止”されているロシアから供給されている。

今日でも、世界は全エネルギー源の84%を化石燃料に依存している。これまで26回の国連気候変動枠組条約締約国会議(COP)で、化石燃料の使用を削減することが宣言されているが、気にすることはない。それは口先だけだ。先進国の富裕層はいまだにSUVや3リッター以上のエンジン車を買い続け(ヨーロッパや北米では3台に1台)、企業の重役たちはプライベートジェットで移動している。

COP27は2022年11月6日から18日まで、エジプトのシャルムエルシェイクで開催される。政治的支配者たちがどんな新しい”約束”をするのか、世界は固唾を飲んで見守っている。

組織的に行われる無謀なエネルギー危機は、ヨーロッパの産業組織を停止させ、倒産、雇用の喪失、貧困、飢餓、つまり悲惨そのものを意味する。いったんヨーロッパが閉鎖されれば、その再生は不可能に近いか、せいぜい長くて苦痛を伴うプロセスでしかないだろう。

最新のニュース。オランダはロシアに対する制裁を解除し、この冬に起こりうる経済的・人的災害を軽減するためにガスの供給を受けることになった。オランダがきっかけとなり、他の国も同じように政治的に目覚めるかもしれない。以下のビデオをご覧になるか、ここをクリックしてください。

米国の制裁が独裁に変わる! オランダ、対ロシア制裁の全面解除を発表

世界各国はこう見る! 米国の覇権同盟は崩壊し、オランダは対露制裁の全面解除を発表し、欧米の反ロシア大連立に亀裂が入り始めている! オランダのこの動きは、オランダがEUの加盟国であるだけでなく、NATOの加盟国であることを知っているだけに、非常に広範囲に及んでいる! オランダ、ハンガリー、トルコはアメリカの覇権同盟の3カ国であり、特にオランダは現在衰退しているとはいえ、ヨーロッパの伝統的な大国だが、これは対ロシア制裁問題に対するヨーロッパ諸国の態度を完全に反映している。これはドミノ倒しのように、計り知れない発展の裏にある勢いであり、米国はもはや当分お呼びではない。

食糧危機

同時に、モンサント、バイエル、シンジェンタ(ケムチャイナ〈中国化工集団有限公司〉)は、発展途上国政府に遺伝子組み換え食品(GMO=遺伝子組み換え生物)を押し付けているが、その契約条件は一般に公開されてはいない。これは、カーギル、ルイ・ドレフュスなどのグローバル穀物貿易コングロマリットを伴って、食品操作とその結果としての食品専制政治につながるだろう。

その結果、飢饉や悲惨、飢饉によって引き起こされる病気や死がターゲットとなり、人口削減の便利な道具となる。ゲイツ・ロックフェラーによるグレート・リセットのための重要な情報。
詳しくは、こちら(▼)をご覧ください。

Biotech Giants Using GMOs to Build Food Tyranny
遺伝子組み換え作物を使って食料専制体制を構築するバイオテクノロジーの巨人たち

現在、地政学的な理由から引き起こされた食糧危機、ヘッジファンド、年金基金、投資銀行による金融投機、カーギル、ルイ・ドレフュス、ADM、バンゲなどのグローバル穀物取引コングロマリットによる利益供与が重なり、食糧価格が上昇している。

さらに、バイエル、シンジェンタ(ケムチャイ)、コルテバなどの農業関連企業は、現在の状況を自分たちのアジェンダを推進し、規制されていない、不適切にテストされた遺伝子組み換え(GE)技術の商業化を目指す機会として冷笑的に捉えている。

これらの企業は、自社のハイブリッド種子やGE種子、そして農薬が、増加する世界人口を養うために不可欠であるという誤った説を長年にわたって広めてきた。このアジェンダは、既得権益者や職業科学者(その多くはとっくの昔にバイオテクノロジーの金のために客観性を売っている)、ロビー団体、失脚した政治家やジャーナリストによって仕組まれている。

健康専制政治

忘れてはならないのは、プランデミックの存在である。──ビル・ゲイツは、多くの非常に深刻な事態を予測している。ビル・ゲイツは言及していないが、もしそれが起こるとすれば、実験室で作られたものであり、当然ながら強制的なmRNAワクチン接種キャンペーンがそれに続くことになる。プランデミックと致命的なワクチンは、さらに人々を威嚇し、多くの人を死に至らしめるだろう。

常に繰り返されるプランデミックは、WHOに、主権国家の憲法を越えて、世界の人々の健康を決定する権限を与えることになる。194カ国が加盟するWHOは、本当の国連機関ではなく、少なくとも70%が民間資金(ほとんどが製薬会社の信託資金)であり、せいぜい民間と公共のパートナーシップの組織である。

そのため、WHOは民間資金提供者の指令に従い、世界的なワクチン接種の義務化を通じて、何十億ドルもの資金を製薬会社の”利益の金庫”に振り込み、プランデミックの品切れがないことを確認するという二重の役割を果たしている。

現在WHOは、グローバルヘルス協定といわゆるパンデミック条約について、ほとんど密室で議論している最中である。この条約が何らかの形で可決されれば、WHOの事務局長であるテドロス・アダノム・ゲブレイエス博士が、世界中の健康に関するあらゆる事柄に対して前例のないほどの権力を持つことになる。

意図的に、メディアはほとんどこのことを話題にしない。眠れる獅子を起こしてはならない。万が一、この条約が通ったら、人々は再び”呆然”とし、衝撃を受け、不運にも、ものが言えないほどびっくりとすることになるだろう。

もし、加盟国によって阻止されなければ、そして、もし、悲惨なCovid管理がその兆候であるならば、WHOは健康専制政治の主人、そして、そのように生と死の支配者になろうと躍起になっているのだ。

気候変動

危機に次ぐ危機と並行して、気候の大災害、いわゆる人為的な “気候変動"が到来している。

確かに気候変動は人為的なものである。しかし、我々の文明が化石燃料を極度に渇望し、CO2を排出することが原因ではなく、高度に洗練された気象ジオエンジニアリング(地球工学)が原因なのである。北半球の記録的な暑さと乾燥した夏、極めて深刻なハリケーンとそれに伴う洪水、パキスタンでのモンスーン雨の長期化など、生命を脅かす北半球の寒さの冬がやってくるかもしれない。

エネルギー不足の物語を称賛し、この冬の室内温度は約19℃に保たれなければならない──さもないと。違反者は多くのヨーロッパ政府から厳しい処罰を受けると警告されている。

天気を制するものは人を制する──リンドン・ジョンソン大統領は1962年にすでにそう言っている。最近発表されたペンタゴンの論文は、2025年に世界中の天候を完全にコントロールすることを目標としている。

これ(❶)とこれ(❷)とこれ(❸)を見てください。

Weather Warfare
気象戦争
Pakistan Floods – A Warning or Pre-Emptive Geoengineering?
パキスタンの洪水
──警告か、それとも事前のジオエンジニアリングか?
Global WAR-NING! Geoengineering Is Wrecking Our Planet and Humanity
地球規模の警告(戦争)! ジオエンジニアリングは地球と人類を破滅させる

厳しい気象現象──我々は兵器化されたジオエンジニアリングの中で生きており、その影響は核戦争と同じくらい致命的かもしれないという”兆候”がある。

これらのことは、一連の破滅のシナリオのように聞こえるが、暗雲の中に明るい兆しもある。人間は本来、創意工夫をするものだ。2020年の初頭から異常なスピードで起こっていることを意識することで、人間は破壊を食い止めることができる。人間は、生存のために極限まで追い込まれたとき、常に創意工夫を凝らしてきたのだ。
今がその時なのだ。

読者への注意事項 上のシェアボタンをクリックしてください。InstagramとTwitterでフォローし、Telegramチャンネルを購読してください。Global Researchの記事を自由にリポストし、広くシェアしてください。

ピーター・ケーニッヒは地政学アナリストで、世界銀行と世界保健機関(WHO)の元シニアエコノミストとして、30年以上にわたって世界各地で勤務した経験を持つ。米国、欧州、南米の大学で講義を行う。オンラインジャーナルに定期的に寄稿している。著書に『内部崩壊──戦争、環境破壊、企業の強欲に関する経済スリラー』、シンシア・マッキニー著『中国がくしゃみをするとき:コロナウイルス封鎖から世界政治経済危機まで』(Clarity Press – November 1, 2020)の共著がある。ピーターはグローバリゼーション研究センター(CRG)リサーチ・アソシエイト。また、北京人民大学重陽学院の非常勤シニアフェローでもある。

画像はDreamstimeから引用しています。

世界的なコロナ危機、人類に対するグローバルクーデター
ミシェル・チョスドフスキー著

世界的なコロナ危機、人類に対する世界的なクーデター

ミシェル・チョスドフスキーは、この陰湿なプロジェクトがどのように”人々の生活を破壊する”のかを詳細に検討する。医学的側面から経済的・社会的影響、政治的裏付け、精神的・心理的影響まで、”パンデミック”について知っておくべきすべてのことを包括的に分析している。

「私の著者としての目的は、世界中の人々に情報を提供し、”致命的な”COVID-19”ワクチン”を押し付けることによって、国全体の経済・社会構造を不安定にする正当な理由として使われてきた公式の物語に反論することである。この危機は、約80億人という人類全体に影響を及ぼしている。私たちは、世界中の同胞と子どもたちと連帯している。真実は強力な道具である」

ISBN: 978-0-9879389-3-0, Year: 2022, PDF Ebook, Pages: 164, 15 Chapters

コロナ危機の影響を受けている世界中の何百万人もの人々に手を差し伸べる手段として、私たちは今後数週間のうちに、この電子書籍を無料で配布することを決定した。

価格は11.50ドルです。FREE COPY ここをクリックしてダウンロードしてください。

また、DonorBox「世界のコロナ危機」キャンペーンページで、この本のプロジェクトを支援するために寄付をすることもできます(注:ユーザーフレンドリー)

The original source of this article is Global Research
Copyright © Peter Koenig, Global Research, 2022

──おわり

欧州は天然ガスが豊富で、価格がゼロ以下になった。

Europe now has so much natural gas that prices just dipped below zero
アンナ・クーバン著、CNNビジネス
2022年10月26日(水)午前10時3分(日本時間)公開

ロンドン(CNNビジネス)──ヨーロッパには、使い道がないほど多くの天然ガスがある。実際、今週初めにはスポット価格が一時的にマイナスになったほどだ。

かつて欧州最大の天然ガス供給国であったロシアが、ウクライナ侵攻に対する欧州の制裁に対抗して供給を削減したため、当局は数カ月前からこの冬のエネルギー危機を警告してきた。

現在、EUのガス貯蔵施設は満杯に近く、液化天然ガス(LNG)を積んだタンカーが港に列をなし、貨物を降ろすことができず、価格は暴落している。

ベンチマークとなる欧州天然ガス先物価格は、先週木曜日から20%下落し、8月下旬に過去最高値を記録してからは70%以上下落している。インターコンチネンタル取引所のデータによると、月曜日、ヨーロッパのリアルタイムの市況を反映した1時間以内の配達のオランダのガススポット価格は、0ユーロを下回るところまで落ち込んだ。

価格がマイナスに転じたのは”供給過剰のグリッド”のためだと、インディペンデント・コモディティ・インテリジェンス・サービス(ICIS)のガス分析責任者トーマス・マルゼック・マンサー氏はCNN Businessに語っている。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
@kiyo18383090

Posted by kiyo.I