二つのよく似た後姿の写真を見入る二人の女性

許せない人がいますか? それは親ですか? それとも”天敵”のような”あの人”ですか? 許せないでいると次第にその人に「似てきた」と思ったことはありませんでしたか? 皮肉なことに、どうしても許せない嫌いで嫌いで考えるだけでも ...

子を抱きしめる母親

子どもは胸につかえている思いを受け取って欲しいだけです。その思いを伝えたいだけです。至らなかったことは至らなかったこととして受け入れてみてください。子どもの間違いや誤解を正しても意味がありません。

金魚の入ったコップを放り投げる

親があなたに言ったことは、あなたに向けてではなかったとしたら? 親があなたに言ったことは、親自身に向けて言っていたのです。あなたに向けてではなかったのです。

泣いている赤ちゃん

出かけるとたまに子供をしかり飛ばしているお母さんを見かけることがあります。やりたいことがあっても自分のことは後回し。その上ことごとくやりたいことの邪魔をされているような気になります。誰も感謝してくれません。当然のことをして ...

母と娘のハグ

わかってくれないと文句を言っている時は、あなたが理解しようとしていないのかもしれません。誰でも自分は間違っていないと思いたいです。言い争いはお互いの私は間違っていないという思いのぶつかり合いです。

気になる、哀しい

自分のせいだと思うと起きてしまったことの原因が自分にあると思います。こうなってしまったのはあなたが「悪かった」からなのでしょうか? トラウマはそれが自分のせいだと思うと強化されます。両親の喧嘩は父と母の事情であって子供だっ ...

願いを込めて

両親との確執は「正しさ」のぶつかりあいかもしれません。親は親なりに親の考え方では「正しい」のです。それは、あなたも同じです。お互いに自分の方が正しいことを認めさせようとして争っているのです。

母と娘

表面的に見れば、対立している親と子の関係は修復しようがないように見えます。ところが二人が内面で感じている気持ちは実は同じです。同じ気持ちでいたということがわかれば親と子の間に架け橋ができます。 

トゲに囲まれた女性

あなたは今、まわりの人をどう見ていますか? つい親と同じようにネガティブに見てしまいますか? それとも、あんなふうには絶対なりたくないと思っていますか? 逃げても否定しても親の呪縛から自由にはなれません。同じ苦しみを親も味 ...

Thumbnail of post image 146

辛い思いをすればするほど、ひどい仕打ちを受ければ受けるほど親のせいにしたくなります。当然かもしれません。でも父や母のせいにして、あなたの辛さがなくなりましたか? 

悲しげな表情

「どうせ自分は」といって自分で自分自身を貶め責めていませんか? それは自分への虐待ではありませんか? 虐待は心に深い傷を残します。簡単に癒せるものでもありません。しかし相手や自分を許せないままだといつまでも恨みつらみの気持 ...

母と娘

大切なもの? それはちょっとした思いやりの言葉かもしれません。気持ちを伝えてください。伝えることで母は母として必要とされていることに気が付きます。我慢すると逆に遠ざけてしまいます。

ひとりブランコに乗る子供

母から見放されたような悲しみ、相手の男を許せない気持ち、家族がバラバラになるかもしれないという不安や心細さを感じる反面、母のしている行為を不潔だと感じるかもしれません。母だといえども同じ人間です。最愛の人を亡くしたり、生活 ...

ハグ

お互いのことをいたわりあっているのに、なぜか距離感ができてしまっていませんか? 本当の気持ちを伝えたいのに気恥ずかしさも手伝って、なかなか伝えられなくなります。それが一番大切なことなのに。