走る

わたしは人よりも優位に立ちたいという思いがすごくありました。負けたくなかったのです。やぎ座ってそういう所があるんだそうですね。ですが追い抜かれ負ける方が実はいいのかもしれないと思い始めたのです

目

エゴとは? ハイヤーセルフとは? どうつながればいいのか?という事について具体的で明確な説明はなかなか見当たりません。ですが知識として知ることではなく体験するしかないんです。

Thumbnail of post image 190

わたしたちは幸せになりたい、なりたい自分になりたい、生まれてきた目的を生きたい、結果を出したいのです。その欲求が切実であればあるほど成果を出したいがゆえに結果に執着してコントロールを手放せません。ですがコントロールすればす ...

三段重ねの箱を一人で

頭の中に勝手に浮かぶ考えやイメージは何なのでしょうか? 自分の意志とは無関係に浮かんできてはいませんか? 無意識に過去の事などがなんの脈絡もなしに浮かんできて、あれ何でこんなこと考えてるんだろうって気が付くことがあります。 ...

ガス欠

頑張っても頑張ってもそう簡単には認められはしないので疲れます。まだ努力が足りないのかなと思い、なおさら頑張ろうとします。そうやって自分で自分を追い詰めます。そこで誰かに評価されたとしても、自分には価値がないという思いが一方 ...

目隠し

エネルギーワークというものを学び始めて、これまで内面の心の状態について観察してきたつもりでしたが何もわかってなかったことにやっと気づき始めました。わかってなかったんだと知ると、不思議なことに自分の枠が無限大に拡張する感覚が ...

信頼関係 人と犬 お手

これまで「まわりの人が大切にしてくれるから自分もまわりの人を大切にできる」と思ってきませんでしたか? そう思ってしまうと、まわりの人の態度次第でブレてしまいます。まわりの人に期待したり見返りを求めてしまうと、まわりの人に翻 ...

髪の毛に花一輪

できるかな? 可能性は? 理由は? 何を根拠に?って考えてしまいがちです。不安をベースに考えるからできなくなります。ただ素直に決めてください。するとその方向に流れていきます。

滴る水 手のひらで受ける

なぜわざわざ自分で自分のことを責めたり罰するのでしょうか? 辛いだけなのに。どうしてここまで自分を追いつめてしまうのでしょう? 生真面目すぎるのかもしれません。生真面目な人は自分のことをけっこういい加減だと思っているもので ...

砂漠を歩く

「変えられる」「変わりたい」と決めると、あなたの中にある眠っていた力が呼び覚まされます。どんなときも喜びと楽しさがある方を選択してください。すると力が内側から湧いてきます。スイッチを入れて初めて気が付きます。悩むと繰り返し ...

二つのよく似た後姿の写真を見入る二人の女性

許せない人がいますか? それは親ですか? それとも”天敵”のような”あの人”ですか? 許せないでいると次第にその人に「似てきた」と思ったことはありませんでしたか? 皮肉なことに、どうしても許せない嫌いで嫌いで考えるだけでも ...

膜に隔てられ

欲しいと思えば思うほど、これだけは絶対に必要だと思えば思うほど手に入りません。彼、彼女が欲しいと思えば思うほど手に入らなかったことはありませんでしたか?  反対に欲しいという気持ちを手放すと、ある日ポンと意中のものが転がり ...

きれいな長い髪の後姿

誰にでも「必要とされたい」気持ちはあります。誰かに認められたいのです。まわりの人に自分の価値を認めてほしいのです。ですがここに落とし穴があります。認められたい気持ちをまわりの人に求めてしまうとうまくいきません。なぜなら、ま ...

吹きかける キラキラ舞う

さてどうしたら「自分はダメ」という思い込みから抜け出せるのでしょうか?  ここでいくら頑張って考えても解決できません。なぜなら「自分はダメ」パターンを作った犯人こそあなたの考え方だからです。その同じ自分の考え方に頼っても解 ...

若い女性が一人山道で座っている

「わたしは嫌われている」って、どこかで決めつけていませんか? こんな私を好きになってくれるはずがない嫌われるに決まっているって思い込んでいませんか? その"信念"が現実になっているだけだとしたら、、、。

Thumbnail of post image 059

「どうして、なんで自分は?」という疑問は自分を責めるときの「どうして」にいつの間にか変わっていませんか? つまり「なんで自分は?」という疑問はこころの中では自分を責めることや罪悪感のもとになりやすいのです

帽子で顔を隠す

あなたの中には自分でも気づいていない力があります。その力を引き出してみませんか? 自分を嫌っているとまわりのすべても嫌いに思えてきます。嫌った後あなたの中には何が残っていますか? それはあなたが求めていたものですか?

中島芭旺

『そして僕はあることに気づいた。僕をいじめていたのは僕だったってことに。行きたくないところに行って やりたくないことをやる そうやって僕を毎日毎日いじめていたのは僕』