閲覧注意

2023年3月11日

戦争犯罪と人道に対する罪ドンバスでウクライナの軍事的・政治的指導者が行ったこと ドンバスの平和的住民に対する犯罪に関するロシア調査委員会のコメント ペルボマイスク / ソコロゴフカ、2014年夏のウクライナ砲撃の民間人の犠 ...

自然の情景

2023年5月27日おすすめ,ロバート・ベッカー

あなたがトースターを使うたびに、トースターの周りにあるフィールド(場)が、遠い銀河の荷電粒子をほんの少し揺さぶる。

脳

現代科学というものが意識というものを扱える認識というか枠組みというか哲学というものを持ててないことは確かなようです

細胞分裂

2023年5月27日マイケル・クラレージ

銀河の画像と細胞の画像は従来の光学的な撮影では全く別物に見えます。ですが”電気的”に”見る”と似ています。共通しているものが見えてきます。

脳内の電気活動

2024年6月7日マイケル・クラレージ

電場や磁場は見たり触ったりすることはできない。聞くこともできない、はかりで量ることもできない。意識も同様では?

コロナ放電イメージング

2023年5月27日おすすめ,マイケル・クラレージ

キルリアン写真がずいぶん前に話題になったことがありました。コロナ放電写真とも言います。エネルギーのようなものが出ているのは分かりましたが、それが何なのか当時は見当もつきませんでした。

セントラル・ドグマ

2023年5月27日マイケル・クラレージ

DNAを電気宇宙の視点から見ると何が見えてくるのか。植物や動物の形ができるまでの驚くべき電気の役割とDNA信仰がもたらしたもの

『ボディー・エレクトリック』

2022年2月22日ロバート・ベッカー

何かを成し遂げようとしても、すべての生物に潜在する自己治癒力の前には微々たるものである。生命に対する理解は常に不完全なものである

ニュートン

宇宙論が変わる時、私たちの歴史、世界や私たち自身についての考え方、他のすべてのものが変わります

チャクラ

不思議なのは、現代科学は、よくよく調べると物事について説明できていることがないということに気がついていないということです。

奴隷

2021年2月17日

テレビで報道しているから。専門家がそう言っているから。政府がそう言っているから。みんなが従っているから。だから本当なのでしょうか?

手

2023年10月25日おすすめ,ウォル・ソーンヒル

この単純な事実を認めれば、量子の奇妙さを説明することができ、科学、特に生物学に驚くべき可能性を開くことができる。また、重力と磁力が電気的な力のバランスであることを理解すると、天と足元の大地に対する見方が大きく変わる。

electric

2022年7月11日イマニュエル・ヴェリコフスキー

古代の文献では月は太陽より明るかった時代があったことを指摘しています。日本書紀にも、そんな記述があります。作られた常識が人から生命力を奪います。

ヴェリコフスキーのTシャツ

2023年5月27日おすすめ

ユングは中心的なテーマでもある無意識の中核をなす「元型」がどのように作られたのか=原因までは問わなかった

ドッジボールが顔に当たるthum.

信頼

月占星術は意識の枠の外に気付かせてくれます。心の窓を開ければ新鮮な空気が入ってきます。解決法は内側を見つめることで外からやってきます。

心配

2023年5月27日イマニュエル・ヴェリコフスキー

神話や伝説が、実際に起きた出来事に基づいていたとしたら? 過去に起きた大惨事の記憶が無意識に刻まれていたのだとしたら。不安の原因はそこにあるのかもしれません。

恐怖で逃げる

2020年11月3日

コロナの真実。私たちは不安に敏感です。食べていく不安、仕事の不安、金銭的な不安、、、もしかしたら私たちの行動の動機はすべて不安が動機かもしれません、、、安心を買わされていることに気が付いていますか?

童心

2020年11月3日

月占星術の「月の欠損」という見方は原因の世界への入り口を開いてくれます。「月の欠損」で「勘違い」していたことに気付けます。悩みがどう始まったのかに気が付きます。