ジュリアン・アサンジ面会記録

「彼ほど多くのスキャンダルを暴いたジャーナリストはいない。戦争犯罪、金融界や政界の汚職、産業スパイ、国家元首の電話盗聴(フランス共和国大統領3人を含む)…… 彼に恨みを持つ権力者、陰謀家、悪徳企業家のリストは枚挙にいとまがない」

アサンジ事件で、我々が脅かされているのは報道の自由だ

ウィキリークス創設者のジュリアン・アサンジ。現在52歳のジュリアン・アサンジ氏は、2019年から警備の厳重なベルマーシュ刑務所に収容されています。米国政府がジュリアン・アサンジの身柄引き渡しに成功すれば、最高で175年の懲役に直面します。

それで、ジュリアン・アサンジって、一体どういう人なのでしょうか? 何をしたのかはご存知の方が多いと思います。ですが、どんな人柄なのか? どんな雰囲気の人なのか? それが伝わってくるような情報に接することはあまりありません。

数学者で元国会議員のセドリック・ヴィラーニという方が、10月31日、ロンドンのベルマーシュ刑務所に収監されているジュリアン・アサンジ氏を訪問した記事があります。数学者というだけあって難しい話がごく普通の日常会話のように出てきます。ただ、自分としてはもう少しアサンジ氏の人となりが伝わってくる内容を期待してしまいましたが、それは欲張り過ぎですね。

思うに、戦争犯罪や金融界や政界の汚職を暴くことが民主主義国家にとって、どうして犯罪になるのか不思議です。政治にしても金融の世界にしても、また、さらに芸能界に至るまで、えげつない話がいっぱい囁かれています。私たちは悪党の汚れ切った世界の話に"親しみ"慣れ切っています。その世界を深く探り分析することが大好きな方もいらっしゃいます。
お部屋を整理し、いらないものを処分したらスッキリするように、この世の本当の悪党と、自らの心に巣くった、なんでも許してしまう"広い心"をお掃除する時ではないでしょうか?

Free Assange

ジュリアン・アサンジとセドリック・ヴィラーニがベルマーシュ刑務所を訪問した際に交わした驚くべき会話

Tout sur l’étonnante conversation entre Julian Assange et Cédric Villani, en visite à la prison de Belmarsh
ジュリアン・アサンジとセドリック・ヴィラーニがベルマーシュ刑務所を訪問した際に交わした驚くべき会話のすべてを読む

訪問者番号658462の数学者セドリック・ヴィラーニは、ウィキリークスの創設者ジュリアン・アサンジが2019年から収容されている英国の厳重警備刑務所で会うことができた。最大175年の禁固刑に処される可能性のある米国への身柄引き渡しに直面している彼の証言を、ロブス独占でお届けします。

セドリック・ヴィラーニ(数学者、元国会議員)著
2023年11月21日 12:00掲載
更新 2023年11月23日 10:34 am

ロブス:L’Obs (フランス語: [ɔps]) は、以前は Le Nouvel Observateur (1964 年から 2014 年) として知られていた、フランスの週刊ニュース雑誌。パリ2区に本拠を置く L’Obs は、Le Point および L’Express と並ぶフランスの3つの最も有名なニュース雑誌のひとつ

セドリック・ヴィラーニ(数学者、元国会議員)

セドリック・ヴィラーニ(数学者、元国会議員)

「割り当て冊数超過!」

2023年10月の朝、ベルマーシュ刑務所の受付で、職員が即座に指示を出した。"ジュリアン・アサンジ受刑者"は、私が持ってきた本を手にすることはないだろう。彼はすでに本を持ちすぎている。本を読みすぎる囚人の方が社会にとって危険なのだろうか?
私の個人的な蔵書の数千冊が、多くの移送作業員を圧倒していることを思うと、行政は何と言うだろうかと思う。深く考えている暇はない。パスポートはチェックされ、住民票は登録され、私の手には見えないインクでスタンプが押される。

「持ち物はこれだけです」
パス代わりの管理シートと、"ソーシャルビジター"の文字と"658462″の番号が入った首から下げる小さな標識だ。そして、電子機器、ペン、書類、財布、手帳、上着、ハンカチ、水筒、バッグ、新聞……など、それ以外のものはすべてロッカーに入れる。そうそう、私は最大25ポンド(英ポンド、読書用の本ではない)を預けることが許されている。すべてを片付け、1ポンド硬貨をロッカーのキーに差し込み、誰かが合図するのを静かに待った。新たな領域に足を踏み入れる準備が整った。

刑務所はそれ自体がひとつの世界だ。独自の時間と空間、独自のパス、独自の文化、独自の管理、独自の力関係、独自の経済を持つ。英国の囚人たちは、脱獄の失敗や裁判の誤審、世界の刑務所からのニュースなど、自分たちの日誌を持っている。そしてまもなく、私は英国で最も有名な刑務所、ベルマーシュ刑務所に入る。
英国に10ある超厳重警備(カテゴリーA)の刑務所のひとつだ。最重要指名手配のテロリストや連続殺人犯が収容されているほか、一般的には社会に"深刻なリスクをもたらす"逃亡者が収容されている。21世紀で最も栄誉あるジャーナリスト、ジュリアン・アサンジがそこに住んでいる。

「中庭の向こう側にある大きな建物の、向こうのドアが開いているのが見えるだろう? そこに行けばいい」

犬と捜索

今朝、このドアから10人ほどの老若男女の訪問者が入ってくる。
書類と指紋をチェック。
ガード下で待機。
柵。
空港式のセキュリティチェック(預けるものはあまり残っていないが、それでも靴とベルト)。
金属探知機による検査。
靴底検査。
身体検査。
喉、舌の裏側、耳の検査。
愛情に溢れるかのように飛びついてくる犬の検査。
アクセサリーの検査。

ブレスレットは宗教的なものですか? 外してくれますか?

フェット・ドゥ・ヒューマ(フェット・ドゥ・ヒューマニテ、一般にフェット・ドゥ・ヒューマとして知られる、 L’Humanité新聞が主催するイベントで、毎年9月の第2週末に3日間続く)のリストバンド? いやいや、それは宗教とは言わないよ。
とにかく、切らない限り外せない。上司に相談したところ、リストバンドを保管することを許可された。

次のステップ。ドアだ。
非常に高い壁に囲まれた中庭。
ドア一つ、ドア二つ。
私たちは無言で、母親の後ろにお行儀よく並ぶ子ガモのように警備員の後ろに並ぶ。どこかで神経衰弱寸前の誰かが泣き叫ぶ。廊下には大きなポスターが貼られ、人生の終わりを迎えた母親の顔や、自分たちが捨てた少女の顔のアップが、囚人たちに説教している。もし、薬物や密輸品を所持している場合は、これを捨てる最後のチャンスだ。

【他の記事】
ジュリアン・アサンジ:"サイファーパンク(社会や政治を変化させる手段として強力な暗号技術の広範囲な利用を推進する活動家)“ジャーナリズムの代償

最後のドアを開けると、いよいよ面会室だ。
約50のテーブルが規則正しく並べられ、それを囲むように椅子が床に固定されている。壁には、信仰、家族、友情……といった “社会的"な言葉が飾られている。私はアラゴンの詩を小さな声で朗読し、この壁の中でこの詩が語られるのはおそらく初めてだろう、詩を広めることも私たちの使命なのだと自分に言い聞かせる。私の書類と指紋は何度目かの検査となる。

あそこのC1テーブルだよ

囚人たちはまだ到着していない。黄色い腕章が彼らのステータスを示している。面会室を移動したり、軽食バーでちょっとした飲み物を買ったりすることは許される。1時間半の間、面会人は彼らの新鮮な息吹となり、人間社会とのつながりとなる。

ジュリアンが何を欲しがるか分からないので、できるだけシンプルに始めよう。
「コーヒーを二つください」
今まで見た中で一番遅いコーヒーメーカーだ。スタッフもすぐにそれを認める。私の"囚人"が到着し、彼の席に着いたばかりなので、なおさら腹立たしい。言っておくが、初めて彼が現れたとき、私たちの間には輝くような瞬間はなかったし、私が彼の腕の中に身を投じる魔法のようなハリウッドの瞬間もなかった。その瞬間、私は小さな世界から抜け出せず、遅れた技術によって表現されるコーヒーを待っていた。

初めまして!
私はポピュラー・サイエンスの講義をするために、あるいは国会議員を訪ねるために刑務所を訪れたことがあるが、刑務所にいる大切な人を訪ねるのは初めてだ。

トールキンの物語の賢者の雰囲気

慣れる必要があるのかもしれない。
世界にはかつてないほど多くの囚人がいる。─ 監視所によれば、1,100万人で、2大経済・技術帝国である中国とアメリカが2大供給国だ。最近ノーベル平和賞を受賞したナルゲス・モハマディは、イランの地下牢で苦しんでいる。私の数学者の同僚はトルコの刑務所にいる。そして、私は脱獄したジャーナリストや知識人に何人も出くわしたし、定期的に警察に拘束されている環境活動家は言うまでもない。
ところで、フランスでも、かつてないほど多くの囚人がいる、そして、会計検査院(フランスの最高監査機関及びフランス法における行政裁判所)は、この点に関して忌まわしい報告書を発表したばかりだ。刑務所は時代の流れに乗っている。

しかし、私の最初の疑問は、もちろん、刑務所にいる愛する人を見舞う人のことだ。彼らはどうしているのだろうか?

あまりよくないのは明らかだ。太り過ぎ、中性的、疲れやすい、それ以外に何がある?
彼が道を歩いたり、文化的なイベントに出かけたり、坂道を登ったりできるようになってから、もう10年以上になる。しかし、白髪交じりの長い髪は、トールキンの童話に出てくる賢者のような風格を漂わせ、そのがっしりとした姿勢は、敗者というよりむしろ岩を連想させる。
私は慌てることなく近づき、ついに目を合わせ、長い間抱き合った。私たちは初対面だが、彼は友人のようで、すでに話したことがあり、私は彼の妻や子供たち、そして彼の父親をよく知っている。しかし、抱擁にはもうひとつ、ほとんど生物学的な理由がある。6平方メートルの箱の中で暮らし、1日23時間を完全に隔離されて過ごし、週に2、3時間しか友人がいない囚人にとって、人と触れ合いたいという自然な欲求を満たすことができる唯一の時間なのだ。

来てくれてありがとう

オーストラリア訛りはほとんど目立たない。─ ロンドンのエクアドル大使館に7年間監禁されていた彼は、すでに訛りがなくなっているとジョークを飛ばした。そして口調は柔らかく穏やかだ。それは諦めではなく、長続きするためには感情を抑えなければならないことを知っているマラソンランナーの倹約である。─ 彼の試練は長く続いたが、残念ながらまだ長く続くかもしれない。

皆さんのおかげです。皆さんに感謝しなければなりません

そう、我々はみなアサンジに感謝すべきだ。
彼ほど多くのスキャンダルを暴いたジャーナリストはいない。戦争犯罪、金融界や政界の汚職、産業スパイ、国家元首の電話盗聴(フランス共和国大統領3人を含む)…… 彼に恨みを持つ権力者、陰謀家、悪徳企業家のリストは枚挙にいとまがない。しかし、彼の敵が繰り広げる巨大な中傷キャンペーンと、手続きの長さと複雑さによって、彼の積極的な支持者チームはわずかな数に減ってしまった。
私自身は、フランソワ・ラファンや他の数人とともに国会を含む屋上から彼の不当な運命を宣言し、彼らに加わってからまだ3年しか経っていない。─ しかし、ひとつ後悔があるとすれば、もっと早く目を開かなかったことだ。

【他の記事】
アサンジの件で、報道の自由が脅かされている

私は彼に、この訪問とワイト島への旅行を組み合わせたことを告げた。─ 芸術、詩、写真の新進気鋭の神話的な場所であり、史上最高の音楽祭の開催地でもある…… しかし彼は、私が予期していなかった別の角度から話をした!

ワイト島には刑務所があるんだ。ユーゴスラビアの元指導者が収監されている場所なんだ

ジュリアンがその博識ぶりで私を驚かせたのは初めてだが、これが最後ではない。
ラドバン・カラジッチはワイト島に収監されている。カテゴリーBの刑務所で、ベルマーシュの刑務所より警備が厳重じゃない。しかしカラジッチは、大量虐殺と人道に対する罪[ボスニア紛争(1992~1995年)で犯した罪]で有罪とされただけだった。私たちは、ジャーナリストのアサンジの方が危険だと信じざるを得ない。

彼がまさにこのベルマーシュ刑務所に収容されているのは、なんという象徴だろう。世界を征服し、大英帝国全体の秩序と恐怖を維持するための軍需品がここで製造されたのだ。有名なサッカークラブの名前にもなっているアーセナル地区もここにある。そして刑務所は、政府の機密データを保管する巨大な歴史的倉庫のすぐ隣にある。国防機密の悪用に敢然と立ち向かった平和主義者を収監するのに、これほど象徴的な場所があるだろうか。

「政治的迫害」

ジュリアンと私は話し始めた。
どんなことでもメモを取ることには慣れているが、今回は記憶だけに頼らざるを得ない。私たちの会話は目立たないように盗聴されている可能性が高いが、録音にアクセスできる可能性は低い。きちんとした計画はなく、ただ次から次へと話題を変えていくだけだ。

彼の政治的、法的なソープオペラの話をする必要はない。彼はすべての事実を心得ているし、少なくともこの事件に正直な関心を持つ人たちは、世界中がそれを知っている。スイスの人道法学者ニルス・メルツァーが、5ヶ国語で読めるようになった彼の徹底的な著作を出版してから2年以上が経った。フランス語版は2022年に『アサンジ事件。政治的迫害の物語』 (Editions Critiques)というタイトルで出版された。
この事件は、拷問と非人道的待遇に関する国連報告者として、彼に付託された。メルツァーはこの数百ページを通して、この事件を覆い隠していた煙幕を、そして、そもそも彼を欺いていた煙幕さえも、理路整然と解体していった。供述調書が告訴人の同意なしに変更され、裁判官が突然手続きを忘れ、利害の対立が駆け引きによって解決され、西側の民主主義国家が日常的に憲法と公約を裏切っている、闇の驚異の世界を明るみに出したのだ。丹念で長い作業だったが、英国政府が(調査には関与していたものの)その報告書を「素人臭い」と酷評するのを妨げることはできなかった。
このように国連の明確で実証された声を拒否しながら、都合のいいときには国際ルールを振りかざす西側の民主主義国家を、どうしてまともに受け止めることができようか。

2021年12月10日、ウィキリークスの創設者ジュリアン・アサンジを支持するデモ(ロンドン)。(ニクラス・ハレン/AFP)

2021年12月10日、ウィキリークスの創設者ジュリアン・アサンジを支持するデモ(ロンドン)。(ニクラス・ハレン/AFP)

ジュリアンはすべてを知っているし、私がそのことを知っていることも知っている。しかし、今日私が彼に提供できるのは議論だ。人との触れ合い、知的な刺激、会話の時間…… 希望や飲料水と同じくらい、生存にとって貴重なものだ。
ジュリアンと私は同じ文化浴に浸かってきたし、科学マニア文化に浸ってきた。チューリング、G.H.ハーディ、ティム・ガワーズの『プリンストン・コンパニオン数学』など、偉大な数学者を読んでいる。私が準同型暗号会社の顧問をしていることを彼に一応話すと、彼は私が何を言いたいのかよく分かってくれる。

ジュリアン:

「そうそう! 私は準同型暗号化が可能だとは思っていなかった。だから自分を納得させるために、ベイビー同形暗号をプログラムしたんだ。ちょうど+1関数。友達の数みたいにね。

暗号化ベイビー。仲間を失ったときのために、-1関数のプログラミングも考えるべきだ。

公開鍵暗号みたいなものだ。初めてその話をされたときは、信じられなかったよ。

準同型暗号化には、代数学と整数論、そして数値解析の両方のスキルが必要だ。

─ あなたはその両方を持っている

いやいや。数値解析はわかるが、代数学と整数論は僕にとっては異質なものだ。両方をマスターするのは稀なことだ。現在の偉大な数学者の中で、それができるのはおそらくテリー・タオだけだろう。

タオはメルボルンの私の大学にいた。

─ あなたはANU(オーストラリア国立大学、キャンベラ)にいたのでは?

私も一時期、そこに通っていたんだ。

キャンベラには、完全非線形PDE(偏微分方程式、数理方程式の一種)の研究チームがあり、おそらく世界最高峰の研究をしていた。私はそこに行き、彼らから直接学ばなければならなかった

会話は行ったり来たりし、私たちが共有するパンテオンへの言及が増える。
エルヴィン・シュレーディンガーのこと、チロル山脈での散歩のこと、彼がアルプバッハに設立した欧州統合フォーラムのこと。ハイゼンベルクと、テクノロジーの自己複製という概念。G.H.ハーディと、彼の数学的応用に関する論争の的となったビジョン。ラマヌジャンの超自然的直観。あるいは、チューリング ─ シャノン ─ フォン・ノイマンというコンピュータ科学の聖なる三位一体は、論理学の純粋な抽象性と戦争の最も具体的な問題との間の統合を達成した……

システム思考

ふと横を見る。
照れくさそうに、ジュリアンはそっと会話を中断して、軽食バーの行列がないから、何か他の飲食物を買ってきてくれないかと私に頼んだ。もちろん、それを考えておくべきだった。コーヒー。チョコレート。フルーツ。
ジュリアンは地政学を根底から覆そうとしているが、今、彼はその日の訪問者である私に肉体的に依存している。このような環境で自由を象徴する彼は、自らを養うことができない。幸いなことに、彼の機知はまだあり、笑う能力もある。─ 彼は最近、チャールズ3世に宛てた面白い手紙を流出させた、ベルマーシュでの悲しい生活、下品な食事、自殺者について、豪快に、嘲笑とブラックユーモアで綴った。

「私は動けないことに苦しんでいる。動き、歩き、思考を動かす必要がある。でも不満はない」。
ソルジェニーツィンはシベリアの収容所についてこう語る…… シベリアで投獄されるのはもっと辛い。
─ しかし、ソルジェニーツィンは天才だった、彼の作品にあるディテールと博識の豊かさ!
─ 彼は自分でパンくずで偽のロザリオを作った。(ジュリアンは見えないロザリオを指で刻む)彼はそれを本の章を記憶するための記憶術として使った……
─ 戦時中に投獄された友人の友人は、頭の中で詩を書いて生き延びた。
─ 私にとって一番つらかったのは、ここに来て最初の3ヵ月間だった。本もなかったし、連続殺人犯と同房だった。彼とは話したくなかった。私は自分の中にリソースを見つけた…… 単純なことを考えるようになった。初歩的な幾何学に集中するようになった…… 三角形から始めた…… 向きや長さに関係なく…… ひとつの数字で説明できる三角形…… 頭の中で、最も初歩的な幾何学を再構築した…… そして少しずつ、より複雑に、特殊相対性理論が再構築されるまで」

ジュリアンが私自身の研究に言及する際、"特殊相対性理論"や"ブラゾフ方程式"という用語を正確かつ難なく使いこなすのは、彼が物理学の真のバックグラウンドを持っていることを思い出させる。彼の大学時代の同級生であるニラジ・ラルは、ジュリアンの貢献が、科学者にとって大切なシステム思考、つまり物理学の講義を支える次元分析を、いかに民主主義の分野に取り入れたかを魅力的に語っている。システムには常に、自分たちに有利なように情報を集中させようとする傾向があることを認識した彼は、それを構造的に逆転させるにはどうしたらよいかを考えた。
市民にはより多くのコントロールを与え、権力者にはより多くの透明性義務を与える。そしてそれが、有名な暗号学者フィリップ・ロガウェイによる有名な会議プログラム「暗号作業の道徳的性格」に含まれている理由だ。

スノーデンとアサンジ、運命に縛られて犠牲になる

今日のジャーナリズムの課題において、何か良いトレーニングコースはないかと尋ねると、彼はためらい、考え、そしてそれを脇に追いやった。彼ができたことは、情報の流れやテクニックを考えていたからできたことで、ジャーナリズムのアカデミックな文化はなく、アドバイスや指示もない。そして、結局のところ、彼にまだ発言権があるのかどうかもわからない。

「思うに……私はシンボルになってしまった。体制に対して立ち向かう人」

刑務所が彼の公的人格の肉体を消滅させ、抽象的で実体のない骨格だけを残したかのように、彼は謝罪するかのように、思慮深い口調でそう言った。私は、彼自身の価値を下げさせるつもりはない。

「シンボルやイメージは非常に強力なものだ。天安門広場で戦車に立ち向かう一人のデモ参加者のように。あるいはゴリアテに立ち向かうダビデのように。
─ そして人々は、ゴリアテが勝てばすべてを失うという漠然とした感情を抱く……
─ 政治の世界では、プログラムよりもシンボルの方がはるかに重要であることが多い。
─ ああ、私はとても悪い政治家だった。(2013年にオーストラリアで行われた)上院議員選挙では1.2%の得票率だった…… 私の頭は選挙運動に向いていなかったと言わざるを得ない。スノーデンの逃亡を手助けする方が忙しかった…… だから今も刑務所にいるのだろう……」

【他の記事】
セドリック・ヴィラーニ:「ジュリアン・アサンジが政治犯であることを認識すべき時だ。

彼らの目には霧がかかっているが、それは理解できる。
マニング、スノーデン、アサンジ──2人の内部告発者と発行者──この3人は犠牲を払ってまで運命をつないできた。米国政府がマニングの釈放と引き換えにアサンジ氏を起訴するよう脅迫したとき、彼女は「真実から外れるくらいなら飢えたほうがましだ」と答えた。そしてアサンジは、NSAとCIAが何の理由もなく容疑者と推定される何百万人もの市民(アメリカ人も外国人も同じ)に対して令状なしに行った大規模なスパイ活動を暴露したスノーデンの逃亡を促進したことを誇りに思う理由がある。電話の傍受、インターネットケーブルの盗聴。スノーデンは、自分の暴露のためにおそらく銃弾を頭に受けるだろうと確信していたが、それは自分自身よりも大きなものであり、彼は自分の理想に語らせた。彼のヒロイズムがなければ、ヨーロッパが一般データ保護規則の採択を決定することはなかっただろう。
スノーデンがフランスに政治亡命を求めたとき、フランスは2度にわたって拒否した。個人の英雄主義、政府の臆病。そして、自国の政治ゲームに巻き込まれ、何が危機に瀕しているのかを把握している国はほとんどない。

2017年5月、ロンドンのエクアドル大使館のバルコニーにいるジュリアン・アサンジ。(ジャスティン・トリス/AFP)

2017年5月、ロンドンのエクアドル大使館のバルコニーにいるジュリアン・アサンジ。(ジャスティン・トリス/AFP)

グローバルな舞台で活躍する俳優たち

警備員がやってきて、私のコーヒーには常に蓋をしておくようにと言う。
良い指摘。私の強力な手にかかれば、蓋のないコーヒーカップは恐ろしい武器になる。

「オーストラリアの世論は今、あなたのためにある。あなたが彼らの一員だからというだけではない。
─ オーストラリアの政治は表面的で、若い民主主義国家だ。しかし、良いこともある」

アサンジの周りで、国家は劇中の俳優のように、自分たち自身を位置づけている。
迫害者の役を果たすアメリカ。自分たちの戦争犯罪やテクノコントロールの妄想を暴かれたことに、死ぬほどくやしがっている。
熱狂的な呪われた魂、汚い行いの実行者、イギリス。この国は、その価値観、憲法上の規則、輝かしい歴史を裏切り、閣僚を通じて嘘、嘘、また嘘をつく用意ができている。
弱者の役割を担い、プレッシャーのもとで協力するスウェーデンは、巨大な法的手続きの開始を可能にした。
茶番劇の七面鳥であるオーストラリアは、同盟関係を維持しながらも、優秀で波乱万丈な子供の復帰を望んでいる。
そしてフランスの場合は? 見て見ぬふりをする臆病者の役割だ。
アサンジに向き合わない政府のメンバーから、なんと情けない言い訳を聞いたことか……

【他の記事】
ウィキリークスとジュリアン・アサンジは、デジタル技術と民主主義に関する議論にどのような影響を与えたか?

「ああ、ご存知のように、私はスノーデンの方が好きです……」
「閣僚の一人が彼の擁護者であったため、利害が対立している……」
「英国は法治国家ではないと言えるのか?」
「地政学的背景は好ましくない……」
バイデン政権がオーストラリアのジャーナリストを裁くために身柄引き渡しを要求し、1917年に制定されたスパイ防止法のあらゆる引き出しを使って懲役175年を要求しても、政府のどのメンバーもあえて一言も発しない(そう、その通り)。世界にシグナルを送るためだ。あなたがどこにいようと、誰であろうと、不都合な真実を暴露すれば、我々はあなたを起訴する。

「私は彼らに、本は私の友達だと言う」

ジュリアンは世界的な演劇の中心人物だが、その身体で苦しんでいる一人の人間でもある。
私は彼の指がバナナの皮をむくのに苦労しているのに気づき、不器用な子供と同じように彼を助ける。そして議論は続く。ジュリアンは単なるオタクではない。さすがに政治的教養もしっかりしている。
彼はチャーチルを読んでいる(「良い作家だが良い人間ではなく、抑圧者であり、その戦術で多くの兵士の命を奪った。だから戦後の選挙は彼に不利だった」)、ソルジェニーツィン(「『煉獄のなかで』は絶対に読まなければならない」)、グラムシを読んでいる。未来派やファンタジー、フィリップ・K・ディックやニール・ガイマン……
アサンジと私は子どもの頃から本を知っていて、本とともに成長してきた。

「本。幸いなことに、彼らは私にそれを読ませてくれた。本がなかったら死んでいただろう。私は独房に本を山ほど置いた。ベッドを取っ払って、ヨガマットのような小さなマットレスを置いて、そのスペースを本で埋めたんだ。時折、彼らは私から著作を取り上げ、処分しようとする。私は彼らに、本は私の友人だと言う」

私が話しているのは、パヴェル・フロレンスキー Pavel Florensky のことだ。ソビエトに潰された分類不能の科学者であり思想家で、彼の蔵書を破壊するまでに至った。彼の著作が英語に翻訳されたら、彼に送ると約束する。

あと5分。

時間が経つのが本当に早かった。
まだ5ポンド残っているので、すぐに果物をもう少し買いに行きたいと思った。しかし手遅れで、軽食バーはすでに閉店していた。くそー、奴らは。
私は彼と一緒に仕事をしている。私が本当に調べなければならない作家はグラムシとソルジェニーツィンだ。最後に希望を述べなければならない。私はもう一度、外にいる彼の光り輝く友人たちの献身を強調したい。
私のファイルを刑務所当局に渡し、ジュリアンの妻がジャーナリズムや言論の自由の名目で何かの賞を受け取るために海外に行かなければならないときに、ジュリアンの子供たちの面倒を見ているシルヴィ。ニールスは、この活動を支援するために自分の仕事を投げ出し、出所したら一緒に証言ビデオを撮影してくれるボランティアだ。そして、リヴァイアサン=システムに対して、彼らのために身を投じてくれたこのダビデの投資に、正確に、あるいは混乱しながらも気づいている無数の人々。

ベルマーシュ刑務所にいるジュリアン・アサンジとの面会を終えたセドリック・ヴィラーニ

セドリック・ヴィラーニは2023年10月31日、ロンドンのベルマーシュ刑務所にいるジュリアン・アサンジを訪問した。二人は様々なテーマについてじっくりと話をした。ここでは、数学者であり元国会議員である彼が、刑務所を去る際の印象を語っている。
コメントから
●有名かどうかに関わらず、ジュリアン・アサンジをサポートしてくださった皆様に感謝します。彼は今日と明日の国民のために多くのことを行っています。私たちはそれを忘れていません。真実と自由は密接に関連しています。
●これは現代のジャーナリストの恥である。同僚をサポートしない。
●ヴィラーニ氏、今回の訪問と、真実を語ったために投獄されたアサンジ氏の苦しみを私たちに思い出させてくれて、ブラボー
●ありがとう、ジュリアン・アサンジの解放に向けて立ち上がっている一般人は少なすぎます。
●不当に檻に入れられたこの偉大なジャーナリストを迎えに来てくれた立派な人に、なんと感謝したらいいでしょう! 彼に自由を取り戻す時が来た。皆が一緒にあなたの側にいます。そう、彼の自由のための力です! もう一度ありがとう。私たちはあなたのために生きます。尊敬します。
●内部告発者にブラボー。彼らを投獄する者は恥ずべきだ。セドリックさん、メッセージありがとうございます。


別れの時が来た。
到着時よりも抱擁の時間は長くなるだろう。私はその場を去り、食事のトレイを返した。C1テーブルの囚人、前腕に巻かれた黄色い腕章を最後にもう一度見る。彼はすでに安定した、ニュートラルな雰囲気を取り戻している。まだ長距離走の途中だ。私が左拳を振り上げると、彼もそれに応じる。戦いは続く。
エリュアールの詩がよみがえる:

「男は…… 戦い続ける
死に抗い、忘却に抗い
彼が望んだものはすべて、私たちも望んだのだから。
私たちは今日もそれを望んでいる」


ジュリアン・アサンジ、米国への身柄引き渡しに"危険なほど近づいている"

英国に4年間収監されているジュリアン・アサンジは、米国への身柄引き渡しに"危険なほど近づいている"。
これは、NGO"国境なき記者団"(RSF)が6月初めに発表した警告である。1年前に英国政府が署名した身柄引き渡し命令に対するウィキリークス創設者の上訴が、ロンドンの高等法院によって却下されたことを受けたものである。
米国では、ウィキリークス創設者が米国の軍事・外交活動(特にイラクとアフガニスタンにおける活動)に関する70万件以上の機密文書を公開したことで、スパイ罪に問われている。オーストラリア人は最高で175年の懲役に直面する。英国で最後となる上訴は、彼の弁護団によって直ちに申し立てられた。まもなく審理が行われる予定だ。またもや挫折した場合、2022年12月に付託された欧州人権裁判所が最後の希望となるだろう。
「米国政府がジュリアン・アサンジの身柄引き渡しに成功し、スパイ法により訴追された場合、機密情報のリークに基づく記事を掲載するすべての者が訴追される可能性があり、最終的に影響を受けるのは私たちの情報を得る権利です」と、RSFは10月中旬に立ち上げたキャンペーンで警告している。
現在52歳のジュリアン・アサンジは、ロンドンのエクアドル大使館での7年間の隠遁生活を経て、2019年から警備の厳重なベルマーシュ刑務所に収容されている。

略歴
セドリック・ヴィラーニは1972年生まれの数学者で、フランス科学アカデミーの会員。 2010年に名誉あるフィールズ・メダルを受賞し、ポピュラーな科学作品をいくつか出版している。2017年にLREMレーベルの国会議員に選出され、2020年にはジェネラシオン・エコロジーに加わる。
数学者、元国会議員

セドリック・ヴィラーニ:「ジュリアン・アサンジが政治犯であることを認識する時が来た」

ステラ・アサンジ(左)

ウィキリークスとジュリアン・アサンジはデジタルテクノロジーと民主主義に関する議論にどのように光を当てたか

──おわり
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Posted by kiyo.I