イスラエルを知る③

これまで、America-China Watcher@PandemicTrutherさんのX投稿を時系列を遡って紹介してきました。この3回目で終わりにします。なお、最初の5本は、最近の投稿から選びました。

イスラエルは、ガザに何をしたかを思い知らされることになる

驚いたのは、2番目の投稿に出てくるベギン元首相の「我々の種族は支配者民族である……」で始まる主張です。この発言はずいぶん前に読んでいたことを後で思い出しました。それにしてもイスラエルは、文字通りこの主張をそのまま実行し続けているわけです。この投稿にもあるように「イスラエルはパレスチナ人に対する犯罪において常識のレベルを超えた」のです。さらに、傲慢のレベルを超えたともいえるかもしれません。困ったことに、傲慢につける薬はありません。
もし、あなたの友達にこんなことを言いだす人がいたとすれば、あなたはどう対処しますか? 

そしてこれをグローバルに拡大したものがWEFやWHOが進めている陰謀です。日本政府はこの策略に金魚の糞のように従っています。ですから、イスラエルがこれまで何をしてきたのか、どうしようとしているのか知ることは意味があることだと思います。

世界中の人々がコーヒーや朝食で朝を迎えるが、パレスチナでは祈りと死者を悼むことで朝を迎える。パレスチナ人は、ガザでイスラエル軍の空爆によって亡くなった親族に別れを告げる。24.11.23

シオニスト・イスラエルがパレスチナ人を幼い子供も含め、まるで動物以下のように平気で殺戮していることに戦慄を覚えます。しかも民主主義を自慢してきた日本や西側諸国の政治家や知識人の中に抗議の声をあげる人が少なく、国としてイスラエルの殺戮行為を黙認していることは驚くべきことです。一方、世界中で巻き起こっているパレスチナ支持の運動は世界が大きく変わろうとしていることを予感させてくれます。

ただ、電気的宇宙論のソーンヒル氏が言うように、知識、ものの見方・考え方、つまり私たちが正しいと信じている「パラダイムほど強いものはありません」
さらに、視点が違えば、まるで違った世界を見ていることになります。

民主主義は自殺しました。主流メディアはその役割を終えました。政治家は私たちの代表ではありません。専門家や学者は嘘をつきます。西側諸国の文化はまがい物です。これまでよしとしてきたものの正体は悪を包み込んでいた善でした。

America-China Watcher@PandemicTruther

※バックが薄緑の個所は、America-China Watcherさんが返信された元の投稿です。各投稿のタイトルや強調部分はこちらで付けました。

このイスラエル軍兵士のわめき声と、指揮官への必死の泣きの入った訴えが、中国のソーシャル・メディアで話題になっている。ガザでのイスラエル国防軍のパフォーマンスを考えれば、おそらく事実でしょう。イスラエルはガザを人間地獄に変え、そしてIDFに"幽霊や怪物"と一緒に地獄で戦ってくるように頼んだ。
ハマスには失うものは何もない。ハマスのカッサム大隊は、基本的に孤児で構成されている。彼らの家族は全員イスラエルに殺されている。彼らの唯一の生きる目的は、怪物でありテロリストであるイスラエルと戦うこと。

イスラエル兵の話を聞いていると、見失うものが多い赤ん坊の泣き声が聞こえてくる。イスラエルによるガザでの大量虐殺によって、彼の良き人生は終わった。停戦があっても不思議ではない。IDFはこれ以上続けられないので、イスラエルはエルサレムでパレスチナ人の女性と子供を誘拐し、イスラエル人の人質と引き換えに引き渡すと約束した。

ひとつ確かなことがある。イスラエルの大量虐殺作戦は、さらなる神風ハマスの誕生をもたらしている。現在のハマスは、2014年のイスラエルによるガザ攻撃の思春期の生き残りで構成されている。

ハマスの神風戦士たちは、宗教的狂信に突き動かされているのではなく、自分たちの家を破壊し、家族を皆殺しにした敵への憎悪に突き動かされている。それがイスラエルの遺産です。イスラエルは今後何十年もの間、ガザに何をしたかを思い知らされることになるでしょう。

イスラエル軍兵士の音声
奴らは “モンスター"だ!
見えない、見えないんだ!
幽霊と戦っているんだ!
死にたくない!
目の前で友達が死んでいくのを見たんだ!
── 頼むから、イツハク。
海軍と戦闘機がなければ
それでも勝てない!
戦車があっても前に進めない!
奴ら(パレスチナ人)は失うものは何もない!
戦車や武器があっても何もできない!
この国を出たい!
── ユーダ、落ち着いて聞いてくれ。
落ち着けなんて言うな! 俺が見てるものが見えないんだ!
お願いだ、今すぐここから出たいんだ!

ベギン元首相:大衆はわれわれの足をなめ、奴隷としてわれわれに仕えるだろう

今回の大虐殺が始まる前、イスラエルはベギン元首相が「パレスチナ人は二本足で歩く獣だ」と言ったことを猛烈に否定しました。ベギン元首相がそのようなことを言ったと主張する者は、反ユダヤ主義者として扱われた。

しかし、今起きていることを考えれば、ベギンも間違いなくそう言ったかもしれない。イスラエル全土が、パレスチナ人は情け容赦なく虐殺されるべき人間の動物だというコンセンサスに達している。
ベギン発言全文引用:

我々の種族は支配者民族である。われわれユダヤ人は、この惑星における神のような存在だ。
我々は、劣等種族とは彼らが昆虫であるのと同様に異なる。
実際、われわれの人種に比べれば、他の人種は獣や動物、せいぜい牛(烏合の衆)だ。
他の人種は人間の排泄物と見なされている。
我々の運命は、劣等人種を支配することだ。
我々の地上王国は、リーダーが鉄の棒で支配する。
大衆はわれわれの足をなめ、奴隷としてわれわれに仕えるだろう。

BBCの記者たちは動揺している。もうシオニストの命令には従えない。イスラエルは、はっきりとジャーナリストを探し出し、積極的に殺害している。これまでに42人のジャーナリストが殺された。"PRESS"の文字が入ったベストは彼らを守ってはくれない。それどころか、イスラエルが発砲する理由になっている。
イスラエルは10月7日、イスラエルの火力が最も多くのイスラエル市民を殺害したことを世界に明らかにしたフォトジャーナリスト全員を殺すと脅迫した。ハマスのプロパガンダに対する彼らの防衛権にとって、非常に不都合なことです。

イスラエルはジャーナリストや国連や赤ん坊を殺すことに心理的な抑制を持っていない。彼らは自分たちの評判など気にしていない。世界中が地獄に落ちればいい。イスラエルは悪魔に取り憑かれており、制御不能のサイコパス殺人者だ。その唯一の目的は、止められる前にできるだけ多くの人間を殺すこと。イスラエルの殺戮を止められる者は誰でも英雄になれます。

BBCは、最も残虐な大量虐殺の支援者として記憶されたくないのです。

David Miller:これはシオニスト政権にとって極めて深刻な事態である。BBCは、"ハマス"がアル・シファ病院の地下からレジスタンスを指揮していると示唆しようとした茶番劇に対して、たしかに慎重ではあるが、絶対的に破壊的な疑念を表明している。私は30年以上イギリスのテレビニュースを分析してきたが、BBCのニュースが西側国家の公式情報源をこれほど問いただすのを見たのは初めてだ。シオニスト政権は崖っぷちに立たされている。

イスラエルは最初から常にテロリスト国家でした。

映画『シンドラーのリスト』を観ましたか。ナチスの強制収容所から何千人ものユダヤ人を救ったシンドラーのような英雄フォルケ・ベルナドッテ・アフ・ヴィスボルグが、イスラエルのシオニスト・テロリストによって暗殺されたことを知っていますか?

フォルケ・ベルナドッテ・アフ・ヴィスボルグ(1895年1月2日 – 1948年9月17日)はスウェーデンの外交官で、ベルナドッテ家の一員でした。彼はスウェーデン国王オスカル2世の次男オスカル・ベルナドッテの息子で、1943年にはスウェーデン赤十字の副総裁を務めました。第二次世界大戦中、ナチスの強制収容所からユダヤ人約6,000人を含む31,000人を救出し、1945年にはヒムラーと会談し、休戦とドイツ降伏の交渉に携わり、1948年には、第一次イスラエル・アラブ戦争におけるパレスチナの国連調停者となりました。
彼はエルサレムはイスラエルのものではないという見解を持ち、イスラエルの空港と港湾を国連の管理下に置くよう要請しましたが、イスラエルはこれを激しく拒否しました。同年9月17日、エルサレムでシオニストの準軍事組織リーハイに暗殺されました。

フォルケ・ベルナドッテの名前に注目してほしい。
彼は何千人ものユダヤ人を救出した戦争の英雄であり、スウェーデン王室の一員であり、スイス赤十字の代表であり、国連の調停者でもありました。そんな彼でさえイスラエルの殺害リストに載っています。殺されないのは誰? イスラエル!
フォルケ・ベルナドッテは今日、ハマスのシンパであり、抹殺されるべき人物でしょう。

これが証拠を仕込む planting evidence ということ。彼らは、ポストイットのヘイトノートで『我が闘争』のコピーを見つけなかったのでしょうか? あるいはウサマ・ビン・ラディンの「アメリカへの手紙」のコピー? 彼らはユダヤ人を憎むことを思い出すために、これらを研究しなければならない。

前回からの記事の続き(~10月18日)

10月7日のハマスの攻撃以前にイスラエルがパレスチナ人に対して犯した犯罪を調べれば調べるほど、ハマスの必死の動きが理解できます。パレスチナの子どもたちは勝手気ままに投獄され、その多くはイスラエル兵によって獄中で拷問され、レイプされています。

シオニストが支配するMSMが数年間、執拗に報道したウイグル人虐殺のフェイクニュースを覚えているでしょうか? 
私はいつも、人間の動物だけがふけることができるような拷問や虐待の下劣なストーリーを、彼らがどうやって思いつくのか不思議に思っていました。今わかりました。これらはイスラエル人がパレスチナ人にやっていることです。

詳しくはYouTubeのビデオをご覧ください。シオニストは、ソーシャルメディアがイスラエルがパレスチナ人に対して犯した人道に対する罪で溢れかえっていることに気づいていません。誰もが掘り起こして(深く理解する、丹念に調査する)いる、掘れば掘るほど、より多くの発見があります。イスラエル人はパレスチナ人に対して計り知れないほどの犯罪を犯してきました。その大きさは普通の人の想像を超えます。
https://t.co/rd7pGqxuFO

駐英イスラエル大使は、ガザ地区には人道的危機はないと宣言している。

ハマスが目的を達成した。絶望的な奴隷に選択肢はあまりない。彼らにできることは、自己犠牲と殉教だけ。予想通り、シオニストは自分たちがまったく残酷なサイコパス犯罪者であることを露呈した。

シオニストたちは愚かか何かなの? 彼らは、自分たちの大虐殺と、大虐殺とアパルトヘイトの教科書的定義に値するヒトラー的宣言が、広報にとって大失敗であることに気づいていないの? イスラエルの政治家が口にしたすべてのフレーズは、国際法の下で訴追可能です。
イスラエルは新しいナチスドイツ。それは間違いない。

なぜイスラエルが、教科書に載っているような大虐殺を公然と行うことが許されているのか、これで説明がつく。

アメリカは西側ブロックを支配し、シオニストはアメリカを支配している。

An0maly:ナンシー・ペロシは、もしこの首都が崩れ去ったら、残るのはイスラエルへの援助へのコミットメントだと言う。わが国を崩壊させようとしている人物の発言としては奇妙だ。

イスラエルが現在パレスチナ人に対して行っている教科書通りの大虐殺に関するビデオは、厳しく検閲されていることがわかりました。フォロワー以外は見ることができません。私のフォロワーでない方で、下のビデオをご覧になった方は、ぜひ私にお知らせください。ありがとう。

パレスチナの母親は10月11日、イスラエル軍の爆撃によって赤ん坊を殺され、泣き崩れました。赤ちゃんに食事も与えられなかったと叫んでいた。赤ん坊は餓死した。彼女は世界にもうたくさんだと叫んだ。

2008年以来、このことを知っておいてください。イスラエルは15万人のパレスチナ人を虐殺した。そのうち33,000人が子供だった。2008年以前にイスラエルが虐殺したパレスチナ人/アラブ人の数は、その2倍、3倍になる。虐殺は、パレスチナ人から土地や財産を奪い、強制収容所に入れるというイスラエルの犯罪の上に成り立っている。私もこの世界にはうんざりしている。

イスラエルの狙撃兵は一日に何人ものパレスチナ人を殺す。イスラエル人が集団で日常的にふけっている殺人ゲーム。

イスラエル人は、自分たちが虐殺した人間は誰でもテロリストだと世界に言う。恥知らずな殺人者の大嘘。

一人当たりのGDP:イスラエル、年間52,000米ドル。パレスチナ、年間650ドル

米国がイスラエルを無条件に支持する理由について書いてほしいという依頼があった。その必要はありません。アメリカ政府の構成を見ればわかります。ほとんどの西側諸国政府も同じです。

この人種はアメリカの人口の3%ですが、富の70%を所有している。

しかし、ガザで起きていることは、グローバル1%が貧しい人々や虐げられた人々を虐殺すること。1%の人々は、貧しい人々や虐げられた人々の不幸は自分たちのせいだと思い込ませようとしている。それは真実ではありません。

パレスチナ人の不幸はすべてイスラエル人のせいです。パレスチナ人から土地と家を奪った後、今度は彼らを虐殺する。世界人口の90%は拒絶されている。1%は度が過ぎている。

考えてみれば、イスラエルとガザの強制収容所は隣り合わせに存在しています。一方では、一人当たりのGDPは年間52,000米ドル。一方は年間650ドル。一方では、イスラエル人は奪った土地と財産の上で、良心の呵責もなく暮らしている。パレスチナ人は強制収容所に閉じこめられているため、正当な所有者が戻ってきて迷惑をかけるという心配もない。もし所有者が戻ってきたら、泥棒は正義に煩わされることなく彼を殺すことができる。盗人たちは、このような悪魔の楽園が地上に存在し、そこで毎日、食べ、飲み、殺し、踊り、陽気に騒ぎ、悪魔のお祭り騒ぎに興じていることに、自分たちの幸運を信じることができない。

反対側は地獄。パレスチナ人は毎日投獄され、飢えさせられ、殴られ、毒を盛られ、殺され、爆撃されている。彼らは、自分たちの財産を取り戻すために元の家に戻ることを阻まれ、檻の中に入れられている。

ハマスの犠牲者である、パレスチナの土地と財産を盗んだイスラエルの入植者たちは、単なる民間人ではありません。彼らは皆、厳しい軍事訓練を受け、イスラエル国防軍に所属している。彼らのほとんどはパレスチナ人を殺した経験がある。彼らは、盗まれた土地や家屋が盗品であることを十分承知した上で、非常に安い値段で、あるいは無償で与えられている。安く手に入れたとはいえ、その差額は命で埋めなければならないでしょう。そこにはリスクとリターンの比率がある。

アメリカでは、家の所有者は侵入者を射殺する法的権利を持っている。なぜパレスチナ人にはそのような法律が適用されないのでしょうか?

ハマスの殺害はテロではありません。絶望的な奴隷の蜂起です。

イスラエル人とパレスチナ人が共存し、泥棒が名誉と贅沢を享受する一方で、被害者が悲惨と不名誉の中に生きるという物語は、文字通りサタンに支配された世界の聖書の物語です。殺人、強盗、詐欺、倒錯は美化され、手厚く報われる。一方、正直者、弱者、踏みにじられた人々の祈りは無視されています。
イエス・キリストはどこにいるのでしょう?
柔和な人は地を受け継ぐと言われませんでしたか?
残酷な現実は、サタンがショーを牛耳っているということです。イスラエルにおいても、この世界においても。

99%は団結し、1%を倒す必要があります。特定の民族だからではなく、彼らが血を吸う者だからです。彼らはパレスチナ人の財産を食い物にして生きている寄生者です。彼らはパレスチナ人の血を吸い尽くし、今や彼らを虐殺し、先祖伝来の土地から追い出そうとしている。

この結果、唯一の良いことは、人々が世界中で目覚めつつあることです。1%の人々は、LGBTQ、覚醒、分割統治、政権交代、麻薬、エンターテイメント、巨大な嘘で、自分たちの不道徳な犯罪から人々の注意をそらすために最善を尽くしてきた。しかし、彼らの血への渇きは、もはや自制できないほどです。彼らは、サタンを崇拝するために、大量の人身御供を捧げる巨大なオープンシアター、産業規模の黒ミサを綿密に準備することで、世界の注目を自分たちに集めている。

ひとつだけ確かなことがあります。プーチンは悪の顔ではありません。
悪の顔はイスラエルとアメリカ。パレスチナ人、アラブ世界全体がプーチンと習近平の会談に希望を託しています。

米国が世界の警察官でありたいなら、公正でなければなりません。しかし、アメリカとイスラエルは大量殺戮を繰り返すファシスト国家です。

世界の他の国々に対するアメリカの人権説教は、まったくのたわごとです。イスラエル人がハマスのことをテロリスト呼ばわりするのは笑止千万です。彼らこそ真のテロリストです。

彼らの殺戮、窃盗、嘘、残酷さ、欺瞞は、これまでサタンによって十分に報われてきた。だから彼らは、サタンが選ばれた民に与えたすべての贈り物に感謝するために、サタンに捧げる大規模な人身御供の黒ミサを組織することにした。この民族に約束された蜜と乳の土地は、パレスチナ人の涙と血の上に築かれている。

これからやってくる最大のテロリストはハマスではありません。残酷に殺されたパレスチナ人の亡霊たちです。彼らはパレスチナを去ることを拒否し、悪魔崇拝者たちをしばしば訪れ、ひどく苦しめるために戻ってくるでしょう。

モサドは911を組織したと言われている。犯罪者は何度も同じパターンで犯罪を繰り返す。

同様に、厳重な監視下にある強制収容所からのハマスの攻撃は起こることが許されている。民間人を標的にした不相応な大規模絨毯爆撃作戦を正当化するためのテロ心理作戦です。

Robin Monotti:テロ心理作戦101 ─ 過激派によるテロ攻撃を、国家情報機関が(加担はしていないにせよ)予見していたにもかかわらず、視覚的、記録的、写真的、映像的に許可することで、外国に罪を着せ、民間人を標的にした不相応な大規模絨毯爆撃作戦を世論に正当化する。要するに、テロ心理作戦とは、資源を奪ったり、傀儡の新指導者を植え付けるために指導者を倒したり、あるいは罪のない住民を大量に民族浄化したりするために、通常は占領戦争という形で、大規模な暴力作戦を開始するために計画されたものである。

本当のテロリストは誰ですか?

本当のテロリストは誰ですか?

彼女はガザ出身の看護師、ルーザン・アル=ナジャル(20歳)

彼女は2018年6月1日、イスラエル軍のスナイパーによって殺害された(このようなスナイパーは1日に何人ものパレスチナ人を殺害するため、たくさん待機している)。彼女はフェンスで負傷したデモ参加者に近づき、両手を上げて救護の合図を送った。

繰り返します。ハマスとパレスチナ人は、あらゆる平和的な抗議手段を使い果たした。イスラエルの狙撃兵は、平和的な集会のたびに彼らを撃っている。パレスチナ人を殺すイスラエル人は、正義に煩わされることはありません。国連決議がパレスチナ人に与えた法的権利である武力抵抗に訴える以外に選択肢はないのです。

questo non è un uovo:彼女はガザ出身の看護師、ルーザン・アル=ナジャル(20)だった。彼女は2018年6月1日、同じように負傷したデモ参加者に救護のために両手を上げてフェンスに近づいた際、イスラエル軍の狙撃兵によって最初に殺害された。

イスラエルはそんなことはお構いなし。イスラエルは言語に絶する残虐行為を行っている。誰もイスラエルに責任を負わせることはできない。誰もこの殺人モンスターを止めることはできない。人間性が問われている。
以下の私の投稿を読んでほしい:「イスラエル:誰も止められない殺戮の限りを尽くすサタン」(この投稿から下4番目の投稿)

アメリカやNATO諸国がなぜイスラエルを、大量殺人を愉しむテロリストのファシスト国家として非難しないのか、ご存知ですか?
これらの国々もシオニストに支配されており、彼らはこれらの国々をもテロリスト国家に変えてしまったから。
この70年間、なぜ誰もパレスチナ人を助けに来なかったかわかりますか?
それは世界がシオニストに支配されているから。誰がテロリストかはシオニストたちが決めます。

しかし今では、最大のテロリストはイスラエルであるという国際的なコンセンサスがあります。

Aviva Klompas:米国、英国、欧州連合(EU)、カナダをはじめとする多くの国々が、ハマスのことをテロ組織として指定している。国連は指定していない。だから、あなたは国連を信頼できる情報源として使いたくないのかもしれない。

イスラエルは新しいナチスドイツ

これはヨーロッパ人入植者がネイティブ・アメリカンに行ったことです。イスラエルは近代人類史上最悪の大量虐殺と民族浄化の犯罪を犯している。イスラエルは新しいナチスドイツです。

今回、ハマスが900人のイスラエル人を殺害した。これは、2008年以来イスラエルによって虐殺された15万人のパレスチナ市民、そのうちの33,000人が子どもだったことへの反動です。パレスチナ人は平和的抗議の手段をすべて使い果たした。彼らが平和的な抗議をするたびに、イスラエルの狙撃兵が彼らを撃って大量の死者を出している。彼らには、武力抵抗で立ち上がる以外の選択肢は残されていない。イスラエルと西側諸国は、このような初歩的で小規模な武装抵抗をテロと呼んでいる。彼らはパレスチナ人が模範的な奴隷となり、運命に屈するべきだと考えている。イスラエル人には自衛権があるが、パレスチナ人は自衛できない。パレスチナを不法占拠している侵略者はイスラエルであることを忘れてはならない。

Emelia:1947年、パレスチナに到着したばかりのユダヤ難民たち。ドイツ人は私たちの家族を破壊した。この矛盾がわかるだろうか? パレスチナはユダヤ人難民を両手を広げて受け入れ、イスラエルはパレスチナにジェノサイドで感謝した。

イスラエル人は、自分たちがガザのパレスチナ人に今していることをすることで、自分たちが人類の敵である人間の動物になっていることに気がついていない。

sarah:アイ・ラブ・ユー・スコットランド 🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿!
グラスゴー中心部で今日、パレスチナ支援のための大規模な抗議デモが行われた。🇵🇸

イスラエル:誰にも止められない殺戮の限りを尽くすサタン

イスラエル:誰にも止められない殺戮の限りを尽くすサタン

民族浄化や民間人の虐殺は、アメリカやその同盟国が数多く行ってきました。

しかし、第二次世界大戦以降、どの国も、たとえやりたくてもこっそりやっています。なぜなら、それが極めて不道徳で、反人間的で、人類文明のボトムラインに挑戦するものであることを、誰もが知っているからです。

1968年、米軍はベトナムのミライ村で大虐殺を行い、非武装の女性や子ども504人を殺害した。事件の首謀者であるウィリアム・ケリー中尉は、米軍裁判所によって有罪とされ、終身刑を言い渡されたが、数年後に釈放された。

2016年、ウィキリークスは、米軍による非武装のアフガニスタン市民の虐殺を確固たる証拠とともに示すいくつかのビデオを公開した。

米国はこれに激怒し、罪証を一蹴し、ウィキリークスの創設者アサンジを逮捕する罠を仕掛けた。

1999年にアメリカがユーゴスラビアを攻撃し、ベオグラードを狂ったように空爆したとき、彼らが最初にしたことは、インターネットと電気を遮断し、虐殺の真実を世界に知られないようにすることだった。

大量殺戮は、アメリカがしばしば密かにふけっていることだが、あえて自慢することはないでしょう。

どんなにろくでなしで、どんなに反人間的であっても、アメリカは民間人の虐殺が人類文明の最低ラインを侵害する極めて不名誉で恥ずべきことであることを知っている。それは邪悪で、容認し得ない行為です。

普通の国であれば、これが基本的かつ一般的なコンセンサスだと言えます。

しかし、唯一の例外があります。

それはイスラエルです。

イスラエルは極端なまでの暴力を推奨する国であり、彼らに言わせれば、民間人の虐殺は恥ずべきことではないどころか、むしろ名誉です。

イスラエルは近代テロリズムの始祖です。

その起源がシオニストであることから、不正の中で生まれたとも言えるこの国は、テロ攻撃から始まりました。代表的なものを2つ挙げてみましょう。ひとつは、1946年7月22日にエルサレムのキング・デービッド・ホテルが爆破され、92人が死亡、58人が負傷した事件で、犠牲者はすべて民間人でした。

もうひとつは、1948年4月10日、エルサレム郊外のデイル・ヤシン村を約200人のシオニストが襲撃した事件で、250人以上を殺害し、そのほとんどが女性と子どもでした。

この後、これらふたつのテロ攻撃の実行犯は罰せられなかっただけでなく、ユダヤ人の間で国民的英雄となり、誰からも崇拝されるようになりました!

イスラエルは民間人の殺害を賛美しています。

それ以来、ユダヤ人はテロ攻撃の猛威を振るい、血眼になって民間人を殺戮しています。

https://twitter.com/dancohen3000/status/1712932010451210453?t=kF2y_lCAnceayxEnquyMbw&s=19

どこを向いても、ハマスが実はイスラエルの資産であると書かれています。それはコントロールされた野党です。

2019年の終わりには、ネタニヤフ首相はハマスの強化が必要だと言っていた。イスラエルはハマスへのサポートを隠蔽するために自爆すべきなのでは?

イスラエルでは、アラブ人を殺すことは犯罪ではなくヒロイズムです。

Ragıp Soylu:土曜日のハマスの攻撃後、国民的英雄として国民に紹介された95歳のイスラエル帰還兵、エズラ・ヤチン:
「もし近所にアラブ人がいたら、待たずに彼の家に行って撃ち殺せ」

イスラエルのような、世界人類のボトムラインに赤裸々に、公然と、恥知らずにも挑戦している国は、誰からも唾棄されようとしている、ということを結論として言わせてほしい。

今日の世界において、国際社会が、ある国があからさまに、そして継続的に人道に対する罪を犯すのを傍観することは不可能です。

イスラエルがこのようなことを続ければ、神の怒りを買い、アラブ世界全体の結束を促し、最終的にはより多くの国々が怒りを表明することになるでしょう。

そして国連も、アメリカの同盟国も、人類の敵になりたくなければ、一線を退かなければならなくなるでしょう。

少なくとも、イスラエルを公然と支持する勇気のある者は二度と現れないでしょう。イスラエルはPR資金を使い果たしました。

イスラエルは人類文明社会の最も基本的なボトムラインを踏みにじったのだから!

イスラエルはいずれ、自国民から反感を買うでしょう。

数日前、人々は、自分たちがどこにも行けないことを知り、生き残る見込みがないことを知っているハマスが、なぜまだパラグライダーを持ち、イスラエルの前線まで飛ばしたのかと尋ねていました。

家を失い、子どもたちを失ったガザの人々を見れば、答えは明らかではないでしょうか?

ガザは屈しない!

イスラエル人は人類の基本的道徳に挑戦しているが、フランスのマクロン大統領は、イスラエル人によるパレスチナ人の大量爆撃と大量殺戮にスタンディングオベーションを送っている。彼はイスラエルには自衛権があると言う。そこには割合と比率の問題があります。
イスラエル人が1人殺されるごとに、町全体が破壊され、住民全体が虐殺されるなら、それは自衛ではない。大量殺人/大量虐殺です。それに彼は、封鎖されたガザにどうして何千発ものミサイルが入ることができるのか、自問したことがない。食料は入らない。コンピューターは入れないのに、何千発ものミサイルは入れるのでしょうか?
民族浄化を正当化するための計画的な(熟考した上での)罠です。全世界の目の前で起こっている大虐殺に拍手を送っているマクロンと西側諸国よ恥を知れ。歴史は覚えています。

この種族はナチスよりも悪い。人間の動物とは誰なのか?

Adam:ガザが子どもたちの集団墓地に

爆撃のために生まれた。

The Babylon Bee:リンジー・グラハム、米国に世界のすべての国を爆撃するよう要請
https://buff.ly/3rRaY1R

イスラエル人はこれを"芝刈り"と呼ぶ

ガボール・マテ博士はユダヤ人の児童発達学博士であり、作家でもある。彼はイスラエルの犯罪に関する私の投稿の情報源です(私のピン留めされたプロフィール記事を参照)。彼のYouTubeビデオを見てほしい。彼はまともなユダヤ人です。

ハマスの犯罪を1,000倍にしても、シオニストの犯罪レベルには及ばないと彼は言う。

イスラエルは自らをアラブ世界全体の敵に仕立て上げた。1982年、イスラエルがクラスター爆弾という汚い爆弾を使って2万人のレバノン人を殺したことを知っていますか?

シオニストの信条は「土地なき民のための民なき土地」です。

[この不気味な(死を表現した)スローガンには、民族浄化が組み込まれている。"民なき土地"の義務のために、パレスチナ人は頻繁に虐殺される。イスラエル人はこれを"芝刈り"と呼び、パレスチナ人の大量殺戮を意味する。パレスチナ人の命は草のように安い。芝生は定期的に刈る必要がある。だからパレスチナ人は、不気味な(死を連想させる)“民なき土地"を実現するために定期的に虐殺される必要がある]

パレスチナ人はおそらく古代セム人の本当の末裔です。彼らは長い年月をかけてイスラム教に改宗しました。シオニストが2,000年後に戻ってこられるなら、パレスチナ人は70年後に必ず戻ってこられます!

パレスチナ人は水の権利を否定されています。

ハマスはイスラエルによって作られました。

パレスチナ人が石を投げるとテロリストと呼ばれるのに対し、香港で同じことをしている人々は自由の戦士と呼ばれます。14~15歳のパレスチナの少年たちは、何カ月も、時には何年も投獄されます。彼らは皆、トラウマを負わされて刑務所から出てきます。
……
https://t.co/MAMa3d2ZJh

イスラエルがハマスを作った

イスラエルがハマスを作った

これは陰謀論ではありません。1980年代初頭にガザでイスラエル軍総督を務めたイツハク・セゲフ准将のような元イスラエル高官の話を聞いてほしい。セゲフは後にニューヨーク・タイムズ紙の記者に、ヤーセル・アラファト率いるパレスチナ解放機構やファタハ党の世俗主義者や左派に対する"対抗"として、パレスチナのイスラム主義運動に資金援助をしてきたと語っている(彼自身、ハマスのことを"イスラエルの創造物"と呼んでいた)。

「イスラエル政府から予算をもらった」と引退した准将は告白した。
「そして、軍政はモスクに与える」

「ハマス、大変残念なことに、イスラエルの創造物だ」
ガザで20年以上働いたイスラエルの元宗教問題担当官アブネル・コーエンは、2009年にウォール・ストリート・ジャーナル紙にこう語った。1980年代半ばには、コーエンは占領地において、パレスチナの世俗主義者に対抗してパレスチナのイスラム主義者を支援することで、分断統治を行わないよう警告する公式報告書を上司に書いたこともある。
「私は……この現実が私たちの目の前に飛び込んでくる前に、この怪物を解体する方法を見つけることに私たちの努力を集中することを提案する」と彼は書いています。

続きを読む
https://t.co/QNtfhzKgKc

全体が、イスラエルによるパレスチナ人虐殺を正当化するための、組織的なレッセフェール(なすに任せよ、自由放任)の偽旗のように見える。

Ragıp Soylu:速報 ─ 米情報機関がイスラエルに対し、ガザ攻撃の数日前にガザ紛争の可能性を警告していた、とCNNが報じた。
・ 9月28日の最新情報では、複数の情報に基づき、ハマスが国境を越えてロケット攻撃をエスカレートさせる用意があると警告していた。
・ CIAからの10月5日の電報は、ハマスによる暴力の可能性が高まっていると警告した。
・ そして攻撃前日の10月6日、米当局者はイスラエルからの報告を回覧し、ハマスの異常な活動を示唆した。

今日、中東ではトロフィーが授与される。パレスチナ人を窮地から救い、イスラエルの虐殺者から解放する者は誰でも、新しい王、アラブ世界の文句なしのリーダーとなるでしょう。パレスチナ人に国家を与え、彼らの家と土地を取り戻させ、基本的な人間としての良識の中で生活できるようにすることに成功した者は誰でも、グローバル・サウスが尊敬する新しい世界のリーダーになるでしょう。この国/リーダーが救世主となります。
サウジアラビア? イラン? エジプト? トルコ? ロシア? 中国?
イスラエル/アメリカはルシファーとなり、善を装った暗く邪悪な力であり、世界はそれと戦い、勝利しなければなりません。そうでなければ、人類に希望はありません。

これがアメリカの民主主義と言論の自由の仕組みです。イスラエルを批判すれば、学生は就職できなくなる。今後、メディア、学界、ウォール街、法律業界、大手製薬会社、エンターテインメント、ハイテク(良い仕事を提供するほとんどすべての分野)……など、シオニストが支配する場所で働くすべての人々は、意識的に自主検閲をするようになるでしょう。イスラエルがパレスチナ人を大量殺戮しているとは今、誰も言わないでしょう。このニューヨーク大学の学生は、ユダヤ人学者たちによって十分に文書化されていることを言っています。イスラエルは、より合法的なPLOパレスチナ抵抗運動を弱体化させるためにハマスを作り悪魔のゲームを演じている。
イスラエルがパレスチナ人に対する民族浄化作戦を実行するための口実として、ハマスが役立っている。私たちは恐ろしい世界に生きています。

これを見れば、イスラエルがどんな国かわかるでしょう。これは先制攻撃の民族浄化です。

シオニストはパレスチナ人に対して民族浄化を行っている。他の国々ではタブーとされていることが、イスラエルでは西側諸国からスタンディングオベーションを受けながら公然と行われている。批判されれば、"反ユダヤ主義者"という言葉を想起させるだけで誰もが黙ります。

ハマスにとって、ガザ地区に未来はないが、家族のために自分の命を犠牲にすることは恐ろしいことではない。それはあなたの人生に意味を与えてくれる。

1947年の国連決議の国境線に反するあらゆるイスラエルによるパレスチナの土地の占領は違法であると宣言するときです。

国連決議によれば、パレスチナ人は侵略と戦うための武装抵抗の権利を有する。パレスチナ人には食料を得る権利があり、虐殺や投獄されない権利がある。彼らには土地と家を取り戻す権利がある。

イスラエル人の指導原理はナチスのそれと同じです。

ネタニヤフはこう書いている:
弱者は粉々に砕け、殺戮され、歴史から抹消される一方、強者は良くも悪くも生き残る。強者は尊敬され、強者と同盟を結び、最後には強者と平和が築かれる

これこそ"力は正義なり(勝てば官軍)“。そう、イスラエルとアメリカ、そして西側を支配するシオニストのエリートたちは、過去70年間、誰よりも強かった。彼らの連合軍は無敵のように見える。しかし、中国はやってくる。アメリカの覇権がぐらつけば、アメリカの支援がなければ、イスラエルはパレスチナ人のための最終的な解決策を押し通すことができなくなる。ハマスがイスラエルに大規模な攻撃を仕掛けるのを"許した"のは、ガザを消滅させる口実を作るためかもしれない。

ガザ地区は厳重な監視下にある監獄であることを忘れてはならない。何千発ものミサイルを気づかれずに監獄内に移動させることはできない。

だからこそ、西側のシオニスト支配層は中国の台頭にひどく怯えている。そうあるべきです。

パレスチナ人には希望があるかもしれません。

パレスチナとイスラエルの不公平な分割計画

中東におけるイスラエルによるテロ攻撃を鎮圧するため、国連はパレスチナとイスラエルの分割計画を発表し、パレスチナとイスラエルが別々の国家を樹立することを認めた。

1947年の国連決議によると、少数派であるイスラエル人には、パレスチナの土地のうち最も肥沃で、最も戦略的な部分(海岸など)の57%が割り当てられた。一方、大多数を占めるパレスチナ人には、パレスチナの土地の最も貧しい部分の43%が割り当てられた。イスラエルのロビー活動とイスラエルのテロリズムの組み合わせは強力で効果的だったと言うしかない。

この土地分配計画はすでに非常に不公平なものだったが、イスラエル人は満足しなかった。何年もの間、彼らはパレスチナ全土を着実に侵食してきた。1946年から2000年までのイスラエルの拡大地図を見ればわかるように、それはウイルスのように広がっている。今やパレスチナ全域が石綿肺(アスベスト症)のように白くなっている。臓器は完全にウイルスに感染している。

イスラエル人は過去半世紀の間に、パレスチナの土地の90%以上をどのようにして手に入れたのでしょうか?

本当に、民主主義、愛、正義ではなく、暴力と虐殺/大量殺戮によってです。

イスラエルは長年にわたり、数え切れないほどのパレスチナの市民を虐殺しました。暴力的な殴打や殺害はよくあることで、路上でパレスチナ人の女性や子どもを公然と射殺するケースも多々あります。

彼らパレスチナ人はすべてイスラエル人によって虐殺されています。ウクライナのブチャの虐殺はフェイクですが、こうした虐殺は実際にあり、よく記録されており、何度も起こっています。

西側の政府とメディアに守られ、イスラエル人は完璧に処罰されず大量殺戮を行うモラルパス(善悪の判断に関する許可証)を得ました。

このパレスチナ人殺害の習慣は、1982年9月のベイルート大虐殺という殺戮の熱狂で最高潮に達しました。イスラエル軍はベイルート難民キャンプを封鎖し、40時間に及ぶ凄惨な虐殺を行いました。多数の女性がレイプされ処刑され、多くの少年が去勢され処刑されました。パレスチナ人の頭皮が剥がされ、十字架が刻まれた死体もありました。

これらの残虐行為は、世界中の多くの国で強い抗議を引き起こした。

1982年12月16日、国連総会はこの大虐殺を民族浄化として非難する決議を採択した。

イスラエルのアリエル・シャロン国防相は虐殺に対して義務だと主張し、辞任した。

イスラエル人の歪んだ価値観のおかげで、シャロンはこの虐殺によって国民的英雄となり、2001年にイスラエル首相に選出された。イスラエルは大量殺人者を首相にし、それを誇りに思っている。イスラエルの政治で成功するためには、パレスチナ人を殺さなければならない。パレスチナ人を殺したくないイスラエルの首相は暗殺される。

今日、イスラエルの入植地は取り繕われ、砂漠の中の牧歌的な開拓地に美化されている。その実態は、イスラエルの侵略拠点であり、武装した軍隊が一銭も使わずにパレスチナ人から奪ったものであり、引退した兵士たちは、その功労に対する報酬として、そこに住むことを許された。

イスラエル人はみな兵士であり、成人男女はみな銃の射撃訓練を受けている。彼らは合法的に銃を保持することも許されており、武器や弾薬は間違いなく購入できる。兵役に就いている者は、戦車を走らせて土地を奪う責任があり、退役した者は、実際にライフルだらけの家に住み、奪われた土地に定住する責任があり、家に帰りたいパレスチナ人を追い払う責任があり、完璧な閉じたループを形成している。

イスラエルの望みは土地は保持するが住民は追い出すこと

結局のところ、すべてのイスラエル人はパレスチナ人を殺し、消滅させることに加担している。彼らは盗んだ土地と家に住んでいる。パレスチナ人が戻ってくれば、彼らはすべてを失う。覚えておいてほしいのは、イスラエル人の成人は皆、国際法を完全に度外視してパレスチナ人を殺す権利を持つ兵士だということです。

しかし、シャロンの辞任強行はイスラエルに大きな衝撃を与えた。その日からイスラエルは少し自制し、パレスチナ人を抑圧するための過激な暴力/虐殺の頻度を減らした。イスラエルは"国際的な視点"に注目するようになり、国際的なイスラエル美化キャンペーンを大規模に展開した。有名なイスラエルのイメージアップのための"宣伝費"もこの頃から始まった。

1982年以降、イスラエルによるパレスチナ人への直接的な虐殺は急速に減少し始めた。2008年以降、イスラエルによって殺傷されたパレスチナ人はわずか150,000人で、そのうち子どもは33,000人に過ぎない。皮肉ではありません。これらの数字は、1982年以前よりもはるかに少ない。

しかし、イスラエルによるパレスチナの土地への抑えきれない渇望は消えることはない。そして、より多くの土地を征服することは、紛争と殺戮を意味する。

ついに、イスラエルはパレスチナのほぼすべての土地を占領し、イスラエルが侵略できる場所はもう残っていない。イスラエル人は、アメリカ大陸における最初のヨーロッパ人入植者のモデルを再現しようとしている。結局、アメリカ先住民の95%が殺され、残りの5%が"特別保留地"で暮らすことになった。これがパレスチナ人を待ち受けている結末のシナリオだ。

大きな問題は、いかにしてパレスチナ人を永久に追い払うかです。イスラエルの望みは、アメリカ大陸でヨーロッパ人入植者たちが行ったように、土地は保持するが住民は追い出すことです。

イスラエルが侵略者であることは間違いない。パレスチナ人には武装抵抗する権利がある。残念ながら、パレスチナの抵抗運動はすでに失敗している。イスラエルは事実上、パレスチナのほぼすべての土地を完全に手に入れている。

イスラエルがパレスチナ人を礼儀正しく扱っていれば、ほとんどのパレスチナ人は自分たちの運命を任せ、平和的共存を目指していたでしょう。

しかし、イスラエルはパレスチナ人、ましてやパレスチナ人が投票することを望んでいない。そうでなければ、多数派であるパレスチナ人がユダヤ人に多数の票を得て勝つからです。

イスラエルの法律は、イスラエルがもっぱらユダヤ人だけの国家であることを明白に示している。それがイスラエルのすべての法律の根底にある信条です。

パレスチナ人はユダヤ人ではないので、イスラエル市民にはなれない。もし彼らが同化できなければ、遅かれ早かれイスラエルにとって危険な存在になる。しかし、過去の大虐殺を生き延びたパレスチナ人は、公然と大虐殺を行うことはできない。では、イスラエルに何ができるのか?

多くのパレスチナ人は、すべてが破壊された後も、いつかかつての故郷を取り戻したいと願い、先祖伝来の故郷に留まり続けている。戦争で引き裂かれた中東は、難民を大量にヨーロッパに流入させ、難民危機の波を何度も引き起こしている。しかし、イスラエル人を大いに悩ませ、失望させる難民の中には、パレスチナ人は含まれていない。

イスラエルはパレスチナ人を完全に追い出すために、多数のパレスチナ人をガザ地区に強制的に押し込めた。ガザ地区は350キロ平方メートルの小さな地区で、その周囲に高さ10メートルのフェンスを築き、イスラエル兵を昼夜パトロールさせた。

ガザ地区の人口密度はすでに北京市の3倍であり、イスラエルは新たなパレスチナ人を送り込み続けているが、その数は非常に多く、あの狭い土地で農業によって十分な食料を自給することは不可能であり、産業も存在しません。イスラエル軍はガザ地区の出入り口を封鎖し、物資の持ち込みを制限している。イスラエル軍は、ガザ地区を収容所にして満足することなく、パレスチナ人の経済復興への自信を失わせるために、時折ガザを空爆している。

その後、イスラエルによるガザ空爆やその他の残虐行為を正当化するために、イスラエルはハマスの創設に手を貸しました。

小さなガザ地区は、事実上のナチスの強制収容所と化した。イスラエルがパレスチナを独立国にすることはあり得ません。

パレスチナ人が十分な食料を得られないようにするため、イスラエルは軍艦まで使ってガザ沿岸を封鎖し、パレスチナ人の漁業の範囲を制限していました。

そしてイスラエルは、ガザにエジプトに通じる広い開口部を残し、飢餓に苦しむパレスチナ人が飢餓難民としてエジプトに逃れるよう誘った。

これが、イスラエルのシンクタンクが国際法を研究した末に考え出した、パレスチナ人を合法的に強制排除する"戦略"です。

人間を餓死させることは人権侵害ではないし、虐殺でもない。ましてや、人道的に逃亡を許しながら餓死させることなどありえないと。

食料を得る権利は基本的人権ではない

2022年、国連は「基本的人権としての食糧」という提案の投票に着手しました。

食べるものがあることが基本的人権ではないというのは、傍目には奇妙に見えるかもしれません。国連でこのような投票を行う必要があるのでしょうか?
何とも奇妙な決議です!

政治家たちが、一見つかみどころのない概念について議論しているのを見たら、その一挙手一投足に意味があるのではないかと疑ってみてください。

この一見退屈な採決は、イスラエルに不利なように設計されています。なぜなら、イスラエルはパレスチナ人を大量餓死させることでガザから脱出させているから。もし国連が「食料に対する基本的人権」決議を可決すれば、パレスチナ人を餓死させようとするイスラエルの試みは人権侵害と認定されることになります。飢餓はもはやパレスチナ人を"合法的に"抹殺するためには使えません。パレスチナ人を飢えから逃亡させることは人権侵害となります。

イスラエルは愚かではありません。この提案がイスラエルのパレスチナ人に対する最終的解決策を狙ったものであることをすぐに見抜きました。

しかし、まともな人間なら誰も反対できないような正当性のある提案であれば、賛成票が圧倒的に多くなることは目に見えていました。イスラエルが単独で反対するのは無意味でした。危機が迫ると、イスラエルはいつものように即座に、意のままになる庇護者、米国の助けを求めました。案の定、米国は拒否権を行使してこの提案を潰しました。

最終的な投票結果は、賛成186票、棄権5票、反対2票(アメリカ&イスラエル)でした。

米国とイスラエルに問いたい。なぜ、食料を得る権利は基本的人権ではないのでしょうか?

米国の反対票を得たイスラエルは、有頂天になり、手遅れになる前にパレスチナ人をパレスチナから餓死させる努力を強化することにしました。

さらに、イスラエルは新たな戦術を思いつきました。農地の灌漑に使われるパレスチナ人の井戸は、イスラエルの水資源の窃盗を構成する違法なものであり、直ちに封鎖しなければならないと宣言しました。

そしてイスラエルは暴力に訴え、パレスチナの食糧生産を最小限に抑えるため、パレスチナ人の井戸をひとつひとつセメントで強制的に埋めていきました

2023年10月7日、ロケット弾の発射に続き、ハマスの決死隊が即席のパラグライダーでイスラエルの地上封鎖線を通過し、軽火器だけで武装したイスラエル軍基地の後方に踏み入れ、攻撃を仕掛けた。

彼らが負ければ逃げることはできないし、勝てば逃げることも非常に難しくなる。死が彼らを待っている。

ここはイスラエルの国内戦線で、封鎖線は重なり合い、パラグライダーを使わないと入れない。ハマスにはその後、彼らを隠す能力はない。そして彼らが着陸すると、兵士ばかりのイスラエル人に取り囲まれる。どの家庭にもたくさんの武器と弾薬があり、数キロごとに軍の拠点がある。

だから、攻撃の波の後は、数時間から数日間生き残ることが問題で、そこから生きて出ることはほとんど不可能だった。

なぜ多くのハマスの工作員が、ほぼ確実に死ぬことを十分承知でイスラエル領内に侵入するのでしょうか?

それは、家を破壊されたあの小さな(栄養失調に見える)パレスチナ人の少女のためです。この少女はビデオの中で、大きくなったらユダヤ人を足で踏みつけて皆殺しにすると言っていました。このパレスチナ人の少女をテロリストと呼ぶなら、イスラエル人をどういう言葉で呼びますか?

ハマスの工作員たちは、成長した彼女の兄弟です。

イスラエル人と欧米諸国は、パレスチナ人はなぜイスラエルを憎むのか、という基本的な問いを忘れているようです。

彼らはイスラエル人を憎んでいます。ナチスがユダヤ人を扱ったように、パレスチナ人を扱ったからです

イスラエルはガザに核爆弾を配備すると脅している。

「イスラエル政府高官は、ハマスの攻撃に対応するため、"中東を揺るがす""終末の日"ミサイルを使用するよう呼びかけた。──核兵器保有を公然と認めなかった国であるにもかかわらず」

これは、ユダヤ人の絶滅という最終解決策を彷彿させる。

イスラエルは戦争犯罪を隠そうと必死です。ガザの現場にいるジャーナリストも、民間人犠牲者の目撃者も、そしてコントロールされた西側のプロパガンダも、イスラエルの爆撃を隠蔽する魔法を使うことはできません。

元モサド長官でさえ、イスラエルをアパルトヘイトと認定した

イスラエルはパレスチナ人に対する犯罪において常識のレベルを超えました。元モサド長官でさえ、イスラエルのパレスチナ人に対する扱いをアパルトヘイト(人種隔離政策)と認定しました。パレスチナ人と向かい合って西側の政治的正しさはどこにあるのでしょうか?

1980年の国連決議によれば、パレスチナ人は武装抵抗する法的権利を有している。それ以来、西側のプロパガンダは、このシナリオを覆そうと懸命に働いてきた。国連がイスラエルを非難したことなど、もはや誰も覚えていない。

パレスチナ人が平和的な集会による抗議を試みたことがないわけではないが、そのたびにイスラエルの狙撃兵に虐殺され、西側メディアはその犯罪をほとんど報道しない。彼らの平和的抗議はすべて血で血を洗う結果となる。イスラエルはナチスの再来ではありませんか。

私たちは、今日の中東における手のつけられない戦争状況にたどり着いた。イスラエル、アメリカ、そして西側諸国全体の責任です。

詳しくはこのビデオをご覧ください:
https://t.co/ularpvuI7U

ガザ地区を消滅させる口実を作るための完全なお膳立て。

Wide Awake Media:「私は2014年のガザ戦争で[イスラエル国防軍]ガザ師団に従軍しました…… 私の話をよく聞いてください。私たちに知られることなく国境に近づくことは、この世界ではありえません」

ガザ地区がモサドとCIAの厳重な監視下にある収容所であることは誰もが知っている。なぜこの2人は何も気づかないのか?
イスラエルとエジプトの報道機関は、エジプト情報機関のトップがネタニヤフ首相に、ハマスが前例のない大きな何かを準備していると通告したことを明らかにしている。ネタニヤフ首相はその警告を無視した。自分の政治的キャリアを守り、注意をそらし、ガザ地区のパレスチナ人を全滅させる口実が必要なのです。911を覚えているでしょうか?
似たようなシナリオです。

しかし、結果はネタニヤフ首相の期待通りにはならないかもしれない。ウクライナ戦争のように。アメリカは戦争を引き起こすことができたが、それがどのように終わるかは、アメリカ/NATOのコントロールの及ぶところではありません。ハマスはそれが自殺行為であることを知っているが、絶望的な人々は多くの選択肢を持っていません。もし彼らが沈黙の苦しみから爆発(激怒)しなければ、彼らは沈黙のうちに滅びるでしょう(黙って立ち上がらなければ、黙って滅びることになる、魯迅)。
イスラエル人が提供する飲料水は毒入りです。緩慢な死がすべてのパレスチナ人を待ち受けています。彼らには生きるすべがない。それは助けを求める悲鳴。多くの国がそれを聞いている。

Federico Dezzani:すべてがもっともらしい。結局のところ、ネタニヤフ首相はガザを軍事的に排除するための口実を必要としていたのだ。

これはイスラエルの首相による本物のツイート。
力は正義なり。
ヒトラーが書いたのかと思ったでしょう。
こうして彼は、イスラエルがパレスチナ人にしてきたことを正当化している。

これが今この瞬間のガザ地区の様子です。民間人を標的にしたイスラエルの無差別爆撃は、すでに2,000人の死者と4,000人の負傷者を出しています。現在も過去も、両者の紛争はイスラエル側よりもパレスチナ側に多くの犠牲者を出していることを忘れてはなりません。イスラエル人が1人殺されるごとに、20人のパレスチナ人が虐殺されています。そのようにして、パレスチナ人だけがテロリスト、人間のケダモノと呼ばれています。

彼らの祖先が2,000年前に放棄したとされる土地の正当な所有者のふりをする偽ユダヤ人がやってくる前は、パレスチナ人は先祖代々の家で平和に暮らしていたことを思い出してほしい。イスラエル人はパレスチナ人を自分たちの家から追い出し、容赦なく彼らの土地を奪い、パレスチナ人の家に住み、パレスチナ人は今ではガザ地区の野外強制収容所で暮らしています。パレスチナ人が反撃しようとすれば、虐殺され、西側のプロパガンダによって満場一致でテロリストとして非難されます。これが世界の現状です。西側のメディアは"イスラエルの友"の手の内にあります。

ユダヤの神ヤハウェが本当に存在するのであれば、その怒りを悪意ある者、不公正な者に現し、示すときです。

イスラエルの犯罪をジェノサイド、人道に対する罪と呼ぶ西側メディアはありません。イスラエルに責任があるとは誰も思っていません。ガザ地区の生活状況や、パレスチナ人のかつての家や財産がどうなっているかを伝える西側メディアはありません。それだけイスラエルは、西側のメディアや政府に対して強い影響力を持っています。一方、中国はウイグル族のイスラム教徒に対する大量虐殺を行っていると言われています。

新疆ウイグル自治区でのウイグル人の生活は、今この瞬間もこのような状況なのです(2023年9月のDouyinのビデオ)。西側のプロパガンダがいかに欺瞞に満ちているか、見比べてみてほしい。
ウイグル人のことを心配する必要はありません。彼らは平和で豊かに暮らしています。パレスチナ人の心配をしてください。今この瞬間にも、パレスチナ人に対する本当の虐殺、ジェノサイドが行われています。

アメリカは、中国本土の技術の画期的な進歩を成し遂げる中国の台湾省をどうするつもりなのか?
台湾を制裁するのか? 台湾、特にTSMCを爆撃するのか?
台湾の人々の大半は、沈みゆくアメリカの船と一緒に沈むことを望んでいません。彼らは自分たちの生計を守っているだけです。
クアルコム、インテル、アップル、TSMCなどが自殺行為に狂奔しているのなら、すべての台湾企業が民主主義のプロパガンダに騙され、それに従うとは思わない方がいい。TSMCのケースは、台湾のチップメーカーに、アンクル・サムに従順で隷属的では報われないことを示した。このチップ戦争で生き残り、繁栄するのは、立ち上がり、アメリカ政府にノーと言う者です。反逆する者は生きるでしょう。アメリカ政府に従う者は死ぬでしょう。
ちなみに、シューマー下院議員は、米国のメモリー・チップ企業であるマイクロンテクノロジーの中国での販売制限を撤廃し、どの企業にも販売できるようにするよう中国に働きかけている。ということは、アメリカはマイクロン社のチップがミサイルに使われ、台湾を攻撃することをもはや心配していないのだろうか?
台湾のチップ企業が中国に協力すべきではないという主張が、チップが台湾に向けられたミサイルに使用される可能性があるというものであるならば、米国は米国企業が中国にチップを販売することを全面的に禁止すべきではないでしょうか?

今となっては、誰もがアメリカのプロパガンダをゴミ扱いするのも無理はありません

Peter Elstrom:ファーウェイは、中国での秘密チップ・ネットワーク構築において台湾のハイテク企業の協力を得ている。

本物のユダヤ人、本物の子孫

中国の市民は西側の一般市民よりも情報通です。イスラエルはパレスチナ人に対して、ナチス・ドイツがユダヤ人に対して行ったようなことをしてきました。だから、パレスチナ人がどんな形であれ反抗すれば、それは常に正当化されます。中国人はパレスチナ人の味方です。イスラエルは文句を言える立場にはありません。西側のプロパガンダがパレスチナの大義をテロリズムに仕立て上げたところで、何の役にも立ちません。そこで何が起きているかは誰もが知っています。

米国はロシアに、過去300年間ロシアが所有し続けてきたウクライナの領土を吐き出すよう求めています。一方、アメリカと西側諸国は、聖書によれば2,000年前に古代セム族が住んでいた領土に対するイスラエルの主張を全面的に支持しています。
パレスチナの土地に住み続けてきた本当のユダヤ人、本当のセム族はパレスチナ人です。彼らは何世紀にもわたってアラビア化されてきました。現在イスラエル(パレスチナ)に住んでいるユダヤ人は、歴史上ユダヤ教カルトに改宗したハザール人です。彼らはモンゴル系/トルコ系の部族で、紀元後7世紀から9世紀にかけて、ほぼ現在のウクライナ/東ヨーロッパ/南ロシアの地域にユダヤ教のハザール王国を築きました。彼らはユダヤ教カルトを生み出した古代のセム族とは何の関係もありません。今日、偽ユダヤ人は本物のユダヤ人の土地と家を奪い、セム族の本物の子孫、すなわち古代ユダヤ民族(パレスチナ人)の大量殺戮に耽っています。

なぜロシアや東ヨーロッパにこれほど多くのユダヤ人がいるのか、不思議に思ったことはありませんか。理由は簡単で、そこに住む人々が紀元7世紀から9世紀にかけてユダヤ教カルトに改宗したからです。

西洋のプロパガンダは、組織的に白を黒に、黒を白に変えます。自分で調べるのは自由です。

イスラエルのパレスチナに対する主張がどれほど馬鹿げているのか?
仏教が2,000年以上前にインドで生まれ、中国、日本、タイなどで栄え、根付いたとしましょう。今日、インドには仏教徒はほとんどいません。他の地域の仏教徒が大挙してインドに移住し、2,000年前の古代仏典に従ってインドで仏教が発祥した聖地に仏教教団を設立することを想像できますか?
この主張が引き起こす混乱と終わりのない戦争を想像してみてほしい。これはまさに1947年以来パレスチナで起きていることです。人災です。パレスチナ人に対するイスラエル、イギリス、アメリカの陰謀です。

さて、"反ユダヤ主義者"という非難を耳にしたら、その本当の意味を知りましょう。ユダヤ人は今、"ハザール人"として再洗礼を受け、この言葉はすでに中国で広く使われています。

“Gotta gulag 'em all!" – Stalin, probably:在上海イスラエル領事館のWeibo投稿下のコメント。自動翻訳はゴミのようだが、おわかりだろう。

左は、イスラエルの爆撃で殺されたときに身元がわかるよう、自分の手に名前を書いたパレスチナの子どもたち。

右は、イスラエルの子どもたちが、ガザで殺される子どもたちをあざ笑うために、ミサイルにメッセージを書いている。

戦争犯罪人!

──おわり

ウィキに「イスラエル暗殺のリスト」というページがあったので張り付けておきます。

「以下は、イスラエルが行ったとされ、確認されている暗殺のリストである」

イスラエル暗殺のリスト①
イスラエル暗殺のリスト②
イスラエル暗殺のリスト③

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Posted by kiyo.I