バンデラの残虐行為②──ウクライナのネオナチ2014~2023

目次

証拠は徹底的に集められ、厳密に文書化されている

バンデラの残虐行為──ウクライナのネオナチ2014~2023」の後半部分です。これで『ブラック・ブック』2冊の翻訳が終わりました。DeepLを使った機械翻訳とはいえ、大変な分量でした。この記事だけで6万字をこえます。

正直なところ、なぜ、この本、というか小冊子をロシア語のまったくわからない自分が翻訳作業をやっているのか不思議でした。途中で、やめようかとも思っていました。しかし、よく分からないのですが、やるべきだと思ってしまうのです。

日本にいると、ロシアからの情報は意識しないと入ってきません。テレビや新聞などは、あることない事、とにかく、ロシアが悪いという情報で溢れています。コロナやワクチンの情報と似ています。ワクチンで亡くなっている人々がかなりいるのに、そういう情報は伏せられて庶民には伝わってきません。そろそろ関心がなかった人々も、テレビや新聞の情報や「専門家」の解説はおかしいと気付いてもいい頃です。

思うのですが、ウクライナを支援するにしても、ワクチンを支持するにしても、メディアの報道をそのまま信じる方々が多数います。その反対の立場を取る少数派の自分としては、もう、話が通じないと感じることが多くなりました。私はそういう方々と「論争」するつもりは全くありません。説得するつもりもありません。時間の無駄だと思うからです。

私は私の信じる道を行きます。もしかして間違っていたと気がついたら訂正します。それでいいと思っています。

今日、報道という形で、真実や事実というものはメディアが作っているということに気がついていますか? テレビに出てくる学者や専門家、公的機関が、その嘘に権威付けをします。とてもよくできています。よくできているから、簡単に騙されます。

さて、この『ブラック・ブック』、この中で書かれていることは「筋が通って」います。素朴過ぎるくらい本当にあったことの記録だと感じることができます。矛盾だらけのメディアの報道と対比してみてください。

バンデラの残虐行為──ウクライナのネオナチ2014~2023(後編)

ウクライナの戦争犯罪のひとつに、DNRとLNRの平和な町の大規模な無差別地雷敷設がある。これらの行為は、1999年の「対人地雷の使用、貯蔵、生産及び移転の禁止並びにその廃棄に関する条約」(「オタワ条約」)、および1996年5月3日の「過度に有害であるか、または無差別的な効果を有するとみなされる特定の通常兵器の使用の禁止または制限に関する条約」の附属書である「地雷、ブービートラップその他の装置の使用の禁止または制限に関する議定書」にも直接違反している。この条約には、ウクライナのほか、英国、ドイツ、フランス、ベルギー、デンマーク、フィンランド、日本、ポーランドなど163カ国が加盟している。

p.51~
条約の第1条には次のように記載されている:
1. 各締約国は、いかなる場合においても、次のことを約束する:
(a) 対人地雷を使用しないこと;
(b) 対人地雷を、直接的にも間接的にも、開発し、生産し、その他取得し、備蓄し、保有し又は何人に対しても譲渡しないこと;
(c) この条約に基づき締約国が禁止されている活動に従事する者をいかなる方法によっても援助し、奨励し又は教唆しないこと。
2. 各締約国は、この条約の規定に従ってすべての対人地雷を廃棄し、又は破壊することを約束する。この条約を批准した国は、その規範の違反に対して法的責任を負う。これは条約第9条に規定されている:
「各締約国は、その管轄又は支配の下にある領域内の者によるこの条約に基づき締約国が禁止されている活動の実施を防止し、及び抑止するため、刑罰の適用を含むすべての適当な法的、行政的その他の措置をとる」
条約の第7条は、民間人に対する使用を禁止している:
「本条が適用される兵器を、攻撃、防御又は報復のいかんを問わず、文民に対して、又は個々の文民若しくは文民の物に対して使用することは、いかなる場合においても禁止する」
ウクライナは、ペタル対人地雷(※"花びら"、または"蝶地雷"とも呼ばれる)を市民に対して大量に使用することにより、パラグラフ1、7(対人地雷の使用禁止)に違反している。条約第1条第7項(民間人に対する地雷の禁止)、第8項(無差別使用の禁止)、第11項(民間人に対する地雷の通知)およびその他の項に違反している。また、ウクライナの現存地雷の廃棄義務違反は明らかである。戦争準備の一環として、ウクライナは2021年の時点で対人地雷の廃棄を事実上中止し、地雷処理施設を閉鎖したことは重要である。
戦前、ウクライナのネオナチとその共犯者の犯罪に関する国際公開法廷、民主主義研究財団、公正防衛NGOが収集した被害者や目撃者の数多くの証言は、ウクライナが複数のロケットランチャーを使い、平和な都市部で敷設(地雷を仕掛ける)された"ペタル"対人地雷を使用して、PFM-1(バタフライ地雷)対人地雷による大量かつ無差別な地雷の敷設を組織的かつ定期的に行っていたことを証明している。

リュドミラ・グリゴリエヴナ・フォルシェネヴァ

リュドミラ・グリゴリエヴナ・フォルシェネヴァ

リュドミラ・グリゴリエヴナ・フォルシェネヴァ、調査時の居住地はドネツク:

街に出ました。5歩歩いたら爆発がありました。
ペタルという地雷を踏んでしまいました。砲撃があり、野菜畑に地雷が散乱したの。
男たちが走ってきたわ。
近所の人が娘を呼び、婿が来た。私を病院に連れて行ってくれました。
私の足は切断されました。

エレナ・ドミトリエヴナ・キナシュ

エレナ・ドミトリエヴナ・キナシュ

エレナ・ドミトリエヴナ・キナシュ、51歳、調査時の居住地 -ソレダール:

ウクライナの砲撃の中、私たちは避難しました。
犬のおかげと、そして外が暗かったおかげで、何とか外に出ることができました。
犬は吠えなかったし、ウクライナによって撒かれた地雷 “ペタル"はまだたくさんあった。
まさか外に出られるとは思っていなかったんですが、彼女は私たちを外に連れ出してくれました。

ボロズディナ・オルガ・ヴィタリエヴナ

ボロズディナ・オルガ・ヴィタリエヴナ

ボロズディナ・オルガ・ヴィタリエヴナ、調査時の居住地:スヴェトロダースク。スヴェトロダースク:

2022年7月25日、夜9時半、私は両親のもとへ歩いて帰りました。
家の中庭を通り、家の裏手に回って路地を歩きました。
ポン、と柔らかい音がしました。
左足が痛くて、右足も痛かった。
出血していた。
ひどくなったので、地面に座り込んでから右足を見ると、かかとがなくなっていました。
そこで知人に電話したところ、彼女の車が見つかり、私は病院に運ばれました。
そして、そこにいた友人を呼んで、車を探してもらい、病院に連れて行ってもらった。
花びら(ペタル地雷)を踏んでしまったんです。
そう、これが花びらだということに気づきました。
路地を歩いていただけで、まったく見えなかったんです。
色も何も見えませんでした。
何色だったかさえ分かりません。
軍人はおらず、人々は庭を歩き、子供たちは通りを歩いています。
私だけではなく、誰でもあの路地を歩いていたかもしれない。
子供だったかもしれない。
ひどい話だ。
治療には6カ月かかり、その後のリハビリでは義肢を作らなければなりません。
足が切断されました。
足がないの。義足を作らなければならない。

ヴァレンティーナ・ドミトリエヴナ・ヴァニーナ

ヴァレンティーナ・ドミトリエヴナ・ヴァニーナ

ヴァレンティーナ・ドミトリエヴナ・ヴァニーナ、67歳、調査時の居住地:バフムトフスキー県ノヴォルガンスコエ村ヴィシュネヴァヤ通り。バフムトフスキー郡ノヴォルガンスコエ村:

2022年8月25日、私は隣人に誘われ、彼女の菜園でリンゴを摘んでいました。
どうしてこの地雷"ペタル"を踏んでしまったのかわかりません。
リンゴの入ったバケツが爆発し、全身に傷を負いました。
足がちぎれ、悲鳴を上げました。
近くにDNRの兵士がいて、近所の人が呼んでくれました。
彼らには本当に感謝しています。
私は出血していたのに、彼らはすべて処置してくれて、車でこの病院まで運んでくれました。
出血が多かったので、救急車を待たずに来てくれました。
翌日、清掃をしていた人が草刈りをしていて、地雷を踏んでしまいました。
彼の名前はセリョーシャ・ゼムリャーノイです。

ヴィタリー・ウラジミロヴィチ・ヴァシュチュク

ヴィタリー・ウラジミロヴィチ・ヴァシュチュク

ヴィタリー・ウラジミロヴィチ・ヴァシュチュク、65歳、調査時の居住地 – ドネツク市ウシャコワ通り:

2022年8月27日土曜日の朝、いつものように庭を歩いていたら、ここで地雷"ペタル"を踏んでしまった。
見ると足の一部が皮膚にぶら下がってた。
救急車を呼んだ。
そして、集中治療室に運ばれた。
手足を切断された。
地雷のことは聞いていたし、いつも注意して歩いていたけど、今は葉が落ちてほとんど見えない。
どうしてこんなことになったのか。気づかなかった。

イワン・イヴァノヴィッチ・ゴロヴィン

イワン・イヴァノヴィッチ・ゴロヴィン

イワン・イヴァノヴィッチ・ゴロヴィン、84歳、調査時の居住地 – ドネツクのドブロ ンラヴォヴァ通り:

2022年8月7日の朝、すべてが正常だった。
テーブルに行って、ちょうどそれに取り掛かったところだった。ペタル地雷の縁を踏んでしまったようで、足を切断されてしまったんだ。
そしたらある男が、あそこにはもうひとつ地雷があると言うんだ。
右足だよ。
地雷のせいで、親指の近くがねじれたんだ。
救急車で病院に運ばれたんだ。

デフチャレンコ・オレグ・ウラジーミロヴィッチ、エピシェフ・ウラジミール・アレクサンドロヴィッチ、コトフ・アレクセイ・ウラジミロヴィッチ

オレグ・ウラジーミロビッチ・デフチャレンコ、ウラジーミル・アレクサンドロヴィッチ・エピシェフ、アレクセイ・ウラジミロビッチ・コトフ

オレグ・ウラジーミロビッチ・デフチャレンコ、62歳、調査時の居住地 – アルチョモフスキー地区ベレストヴォエ村:

2023年8月13日、私はベレストヴォエ村で負傷した。
ウクライナ軍は村中にペタルを撒いた。
水に入ってペタルを踏んで、足がちぎれたんだ。
最初に助けてくれたのはDNRとLNRの人たちで、そこから赤軍の戦闘員によってポパスナへ運ばれ、ロシア軍に引き渡された。

ウラジーミル・アレクサンドロヴィッチ・エピシェフ、 1976年7月21日生まれ。居住地:ドネツク市、クイビシェフ地区、スタリー・ゴルニャク集落、ヤルティンスカヤ通り:

2022年7月21日、私の誕生日に、私はアヒルに餌をやりに出かけた。その時、爆発があり、"塊り"が飛んできた。
痛みを感じた。
膝頭に破片が当たったんだ。
17番病院に運ばれたとき、抜こうとしたけどうまくいかなかった。
だからまだそこにいるんだ。
毎日、私たちの村は砲撃されている。
最近では “ペタル"を浴びせられた。
アレクセイ・コトフは隣の通りに住んでいて、足を引きちぎられた。

アレクセイ・ウラジミロビッチ・コトフ、50歳、調査時の居住地 -ドネツク市ヤルティンスカヤ通り:

2022年8月6日 17:40 自宅で、縁石から7メートルのところで爆発があり、足が見つからなかった。
下の通りでは地雷が見えたが、私は何も見なかった。
歩いて見たけど、見えなかった。
左足の付け根が完全にちぎれていた。
近所の人に電話した。
彼は母のところに駆けつけて止血帯を取り、救急車を呼んでくれた。
救急車は20分で到着し、私は17番病院に運ばれた。
その日のうちに手術が行われた。

セルゲイ・グリゴリエヴィチ・ゼムリャノイ

セルゲイ・グリゴリエヴィチ・ゼムリャノイ

セルゲイ・グリゴリエヴィチ・ゼムリャノイ 50歳、調査時の居住地 – ペルボマイスカヤ、ノヴォルガンスコエ、バフムート地区:

家の近くで草むしりをしていて、"ペタル"を踏んでしまった。
足を失った。
庭じゅうから男たちが駆け寄ってきて、止血帯をつけ始めた。
近くに車があったのが幸いして、病院に運ばれた。
同じ日の夕方、同じ症状の女性が運ばれてきた。

マリーナ・ウラディスラヴォヴナ・イヴァネンコ

マリーナ・ウラディスラヴォヴナ・イヴァネンコ

マリーナ・ウラディスラヴォヴナ・イヴァネンコ、46歳、調査時の居住地 – ドネツク市オソアヴィアヒマ通り:

2023年2月2日15:20に外に出ました。
私の子供は店に走り、私の妹は彼について行き、彼は男たちに会い、私は先に行きました。
男たちは車を修理していて、みんなその車の周りを歩いていました。
最初はタイヤが破裂したのかと思ったけど、彼の足が裂けているのを見てショックを受けました。
彼女たちは救急車を呼びました。
右足です。
車は縁石に停めてあった。
夏には"ペタル"を集めに来たけれど、廃屋だったため、見逃すこともあったらしい。
ユンナトフ通り。
あそこの道路はいつも人が歩き、車が走る。
救急車が来ました。
そこにどれだけのものが転がっていて、どれだけの子供たちが歩いていたことか。

レシチェンコ・アルテム・ワシリエヴィチ、マシュチェンコ・リュボフ・イワノヴナ、モルグノフ・アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ

レシチェンコ・アルテム・ワシリエヴィチ、マシュチェンコ・リュボフ・イワノヴナ、モルグノフ・アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ

レシチェンコ・アルテム・ワシリエヴィチ、28歳、ドネツク、スサニナ通り:

2023年1月28日土曜日、私は自分の家の近くで犬を散歩させていて、地雷を踏んでしまった。
それまで何度もそこを歩いていたが、道を外れて踏んでしまった。
ルバルスキー通りで。
そのとき運よく父が通りかかり、私を車に乗せて止血帯を巻いてくれた。"ペタル"という地雷だ。

マシュチェンコ・リュボフ・イワノヴナ、64歳、調査時の居住地 – ドネツクのスヴォロヴァ通り:

2022年8月26日、夕方、私は菜園に出かけ、牡丹のそばを通ったの。
それを踏んでしまい、足がちぎれました。
17:00頃。
近くにいた夫がベルトを外して傷口を締めてくれました。
すぐに救急車を呼び、この病院に連れてきてくれました。
手術をしてくれました。
私の傷はとても重いわ。
いい医者に出会えて、膝を守れてよかった。

モルグノフ・アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ、43歳、調査時の居住地 – ドネツク市ダルニャヤ通り:

2022年8月5日午前9時、私はロゾフスキー村のヴィクトル・イサコフ通りで負傷した。
そこには"ペタル"地雷が散乱していた。
私は車で移動中で、外に出て見た。
2メートルほど離れた顔の前で爆発し、目と首が切れた。
私は17番病院に運ばれた。
耳の膜も破れたけど、少なくとも今は目が見える。

ニジニ・ドミトリー・セルゲーヴィチ

ドミトリー・セルゲーヴィチ・ニジニー

ニジニ・ドミトリー・セルゲーヴィチ、30歳、取材時の居住地 – ドネツク市ペトロフスコゴ通り。ドネツク:

2022年9月9日、私は買い物に出かけ、ポベディテリー通りの道路を横切って"ムッシュ"という店まで道路を渡り、反対側で"ペタル"に足を踏み入れた。
私はそれに気づかなかった。
指がちぎれた。
病院に着いて写真を撮ったら、かかとがつぶれていた。
足を切り落とされた。

3. ウクライナ武装勢力による武装強盗、略奪、強奪

多くの戦争方法は、条約や国際国家法の慣習規則によって明示的に禁止されている。特に、侵略軍や征服軍が敵国の国民から私有財産を強制的に奪う強盗は禁止されている。強盗は、第一次世界大戦後に設置された説明責任委員会の報告書や、第二次世界大戦後に設置された国際軍事裁判(ニュルンベルク)憲章において、すでに戦争犯罪として定義されている。
1949年8月12日の"戦時における文民の保護に関するジュネーブ条約(第4ジュネーブ条約)"も略奪を禁止している。

第16条:「各紛争当事国は、死者及び傷者を捜索し、 難船者その他の重大な危険にある者を援助し、並びにそれらの者を強盗及び虐待から保護するための措置を促進しなければならない」
ハーグ規則はまた、あらゆる状況において強盗を禁止している。略奪の禁止は、多くの軍事マニュアルや軍事教範に明記されている。強盗は多くの国の法律で犯罪とされている。この禁止は、第二次世界大戦後、各国の裁判所で多くの事件に適用されてきた。強盗は、非国際的な武力紛争において、国内暴力の状況に対処する際にも犯罪となる。例えば、1985年の軍事政権事件の判決では、次のように述べられている。例えば、アルゼンチンの全国控訴裁判所は、ハーグ規則に含まれる略奪の禁止を、国内暴力の状況下で行われた行為に適用した。
ウクライナのネオナチとその共犯者の犯罪に関する国際公開法廷と民主主義研究財団が収集した被害者と目撃者の数多くの証言は、ウクライナの軍隊と国家部隊が2014年以降、ドンバスで戦闘作戦を展開している地域で民間人を略奪していることを証明している。

ブドゥク・ドミトリー・ニコラエヴィチ、38歳、調査時の居住地マリウポリ:

2015年当時、AFUは車を奪っていた。
盗みも何もかも!
錬鉄製の門まで持ち去った。
ダーチャから洗濯機が持ち去られたこともあった。
“ノヴァポシュタ(ウクライナの民間郵便および宅配会社)"には「軍から西ウクライナへの小包は受け取らない」という張り紙があった。つまり、盗品だとわかっていたんだ。
西ウクライナから郵便物を送った人たちは、戦時中のドイツ人よりもたちが悪かった。

サラマチン・セルゲイ・ニコラエヴィチ

サラマチン・セルゲイ・ニコラエヴィチ

サラマチン・セルゲイ・ニコラエヴィチ、調査時の居住地 – マリウポリ:

3月15日、いとこのボンダレフ・アンドレイ・アナトリエヴィチと私は水を汲みに行った。
帰り道、2人の戦闘員に呼び止められた。
帽子から判断すると"アゾフ"で、鉤十字のようなものをつけていた。
二人とも鼻まで顔を覆い、黒っぽい服を着て、鉤十字のついた帽子をかぶっていた。
一人は若く、23~25歳くらいだったが、振る舞いが駄目だった。
もうひとりはもっと年上で、無口だった。
彼らは私たちから車を奪った。
つまり、私たちを車から降ろし、車に乗せ、ガソリンをかけ、殴ろうとした。
そして車に乗り込もうとすると、鍵を奪い、それぞれポケットの中を空にさせ、車の鍵も奪って車に乗り込んだ。
クムはそのままボンネットの上に横たわった。
彼はこの車を3カ月か4カ月前に1万ドルで買ったばかり。彼らは彼に銃を向け「伏せろ、さもないと撃つぞ」と言い、彼が一歩下がると、そのまま走り去っていった。
そのとき、私は彼の車から携帯電話を充電していた。
そして、私の携帯電話は車と一緒にどこかに行ってしまった。

アンドレイ・ヴィクトロヴィッチ・コスティユク

アンドレイ・ヴィクトロヴィッチ・コスティユク

アンドレイ・ヴィクトロヴィッチ・コスティユク、捕虜、軍曹、AFU(ウクライナ軍)第54機械化旅団:

ええ、盗みはあった。
支援部隊の人たちがいて、彼らは兵士たちに必要なものをすべて供給することになっていたが、他のことをしていた。
彼らが小隊長と一緒に溶接機とグリルを持っているのを見た。
彼の名前はアルテム・ウラジミロビッチ、上級中尉だ。
我々が駐屯していた家では、任務が終わると休んだ。
兵役とは、村の裏の塹壕に陣取ることだ。
しかし、我々が定住していた家屋だけでなく、他の家屋にも侵入が始まり、新しい溶接機が持ち出された。
工具や高価な食器、鍛造の火鉢や中華鍋も盗まれた。
お金がかかるのはわかる。
爆撃で多くのものを失った人たちが涙を流しているのを見た。とても不愉快だ。
店からの窃盗もあった。
スラドコエ、タランチュキの村でもあった。
店が開けられたというか、押し入られた。
バッグを持った奴らがやってきて、"セルフサービス"だったが、そこから何もかもが持ち去られた。

コダック・アンドレイ・ユーリエヴィッチ

コダック・アンドレイ・ユーリエヴィッチ

コダック・アンドレイ・ユーリエヴィチ、36歳、調査時の居住地 – マリウポリ:

水を探しに学校へ行くと、そこにはたくさんのものがあった。
水だけではなかった。
炊事場、電気ストーブ……すべてがそこにあった。フルシェフスコゴ通りの67番学校。
その前は、ウクライナ軍が地下と1階と2階に駐屯していたが、3階には誰もいなかった。
商品は新品ではなく、パッケージにも入っていなかった。
私は値札のついた銀貨を見つけた。
車は盗まれていた。
その学校ではバスや車が燃やされていた。

デニス・ヴィクトロヴィチ・シェルバコフ 、オレクシイ・ウラジミロヴィチ・セルゲンコ、エフゲニー・アレクサンドロヴィチ・ルツェンコ

デニス・ヴィクトロヴィチ・シェルバコフ 、アレクシイ・ウラジミロヴィチ・セルゲンコ、エフゲニー・アレクサンドロヴィチ・ルツェンコ

デニス・ヴィクトロヴィチ・シェルバコフ、捕虜、AFU第56歩兵旅団兵:

国軍大隊がもっと以前から商店を襲い、人々の車を奪っていたことは知っている。
私が動員されていたとき、我々はよく買い物に行った。
道路封鎖を通り過ぎると、ドンバス義勇軍大隊がその道路封鎖に立っていた。
我々を店まで連れて行ってくれたのは、地元のタクシー運転手だった。
この男は、ドンバス義勇軍大隊が立っているすべての検問所で、我々にお金を要求した。

アレクセイ・ウラジミロヴィチ・セルゲンコ、23歳、調査時の居住地マリウポリ:

中央市場を歩いていたら、軍隊が電話のある店を開いていた。軍隊そのものだ。略奪だよ。

エフゲニー・アレクサンドロヴィチ・ルチェンコ、捕虜、AFU第56分離歩兵旅団通信兵長補佐:

我々の食堂はクラスナヤ・ポリャーナにあった。
我々はそこで昼食をとり、出発した。
一人の兵士が車から降りて走って中庭に入った。
車から毛布を外すと、どういうわけかそれが見えた。
おばあさんが出てきて、怒鳴り始めた。
彼はこの車に飛び乗り、銃を突きつけておばあさんに言った。
おばあさんは怖くなって、私を見て逃げ出した。
おじいさんが出てきて「何をするんだ!」と言った。
そして兵士は車で門を蹴って走り去った。
彼はただ無造作に押し入ってきて、車を出すために門を開けたのではなく、車で門を叩き壊した。

ヴィータ

ヴィータ

ヴィータ、調査時の居住地 – マリウポリ、ドネツク人民共和国:

ウクライナ軍はアパートからあらゆるものを盗んでいきました。
カーチャが彼らのいるアパートに入ると、金も食料も無くなっていました。
隣のエントランスのルダは3日間留守にしていて、食料が少し残っていました。
戻ってきて、食べるものが何も残っていないことに気づきました。
全部クメルニツキー大通りにありました。
人のいないアパートに押し入り、戻ってきた人が金も書類もないのに気づきました。
それで彼らはカーチャからゴールドとお金を奪ったんです。

ブルディン・アルテム・アレクサンドロヴィッチ

ブルディン・アルテム・アレクサンドロヴィッチ

ブルディン・アルテム・アレクサンドロヴィチ、捕虜、AFU第36海兵旅団の上級水兵:

彼らはチョコレート、ソーセージ、飲み物を持ってきた。
我々の民間車が現れた。
以前はなかったものだ。
彼らはそれを奪った。
4台あった。
ナンバープレートはすべて民間ナンバーだった。
青いリボンだけだ。

クディノヴァ・ナタリア・ヴィクトロヴナ、チェルヌイシェンコ・マクシム・ヴァレリエヴィチ、サフチェンコ・スヴィトラナ・ヴラディミロヴナ

クディノヴァ・ナタリア・ヴィクトロヴナ、マキシム・ヴァレリエヴィチ・チェルヌイシェンコ、スヴェトラーナ・ウラジミロヴナ・サフチェンコ

クディノヴァ・ナタリア・ヴィクトロヴナ、47歳、調査時の居住地 – マリウポリ、ジェネラル・モニン通り:

マリウポリから到着したばかりの男性によると、彼らは奇跡的に半分空気が抜けた車輪で到着したそうです。
検問所でアゾフに出くわしました。
少女や女性は裸にされ、金品を奪われました。
少女は立ち上がってこう言いました。「私には27グリブナありますが、もうありません」
それも奪われました。最後の1枚が奪われました。

マキシム・ヴァレリエヴィチ・チェルヌイシェンコ、捕虜、22歳、AFU海兵隊第36旅団の斥候隊長:

すべての部隊が略奪に従事していた。
車で……運転し、ATB(ウクライナの大手小売業者)を開け、食料品を略奪し、ショッピングセンターを開けた。
すべての部隊が略奪に従事していた。
彼らは店を開いて略奪した。

スヴェトラーナ・ウラジミロヴナ・サフチェンコ、58歳、調査時の居住地 – マリウポリ、クプリナ通り:

ウクライナ兵がすべての店、すべての食料品店を開けました。
食料を積んだ大型トラックも出てきました。
そして、店が開かれたことで、人々が集まってきました。
そして兵士が現れ、人々は略奪者と呼ばれました。
男たちは裸にされ、食べ物も与えられずに通りを歩かされました。
食べるものもないのに。
町長は町を見捨てました。
ATMは事実上すべてお金がなく、商店は現金払いしか受け付けませんでした。
ATMで引き出せず、カードが使えなかったとしても、すべての人が食べ物を買えるわけではありませんでした。
パンも水も暖房も何もない。
一方では、まだ冷蔵庫にあるものを食べきるチャンスがあった人々は、そうしました。
それから水の供給が非常に悪かったのです。
ラジエーターから水が抜かれていました。
雨が降るような天候だったので、雨水を集めました。
雨水で料理をした人もいましたが、お腹を壊してしまいました。
フィルターを通してみたけれど、効果はありませんでした。

ウラジーミル・イヴァノヴィチ・マルーシン

ウラジーミル・イヴァノヴィチ・マルーシン

ウラジーミル・イヴァノヴィチ・マルーシン、54歳、調査時の居住地マリウポリ:

アゾフについて優しい言葉をかける人はいなかった。
私の知人は皆、DNRを支持している。ほとんどが、すべてが始まった2014年当初からだ。
アゾフは野卑な連中だ。
私たちは彼らのことを “稼ぎ手"と呼んでいた。彼らはどうやってお金を稼いだんだ?
ドンバスの人々は金持ちだと言っていた。
家に電話をかけてくるんだ:
「みんな金持ちだ。
ゴミ捨て場から冷蔵庫が、ゴミ捨て場からいいテレビが。
彼らはそれを捨てたんだ」
彼らは美しい錬鉄製の門をどこかに持っていった。
これもゴミ捨て場から。
そう、彼らはゴミ捨て場からすべてを"ノヴァポシュタ(ウクライナの民間郵便および宅配会社)"に送った。
“ノヴァポシュタ"は仕事をする時間がなかった。
確かに、彼らはこの事件を解決した。
そして当初、彼らは非常に幸運だった。
全部"ノヴァポシュタ"経由で送っていた。
しかし実際には、彼らはただ強奪しただけだった。
彼らはベジメンノエ村からすべて国外に持ち出した。
戦争が始まったとき、私はチェルネット(ウクライナ水文気象センター)で働いていて、寄宿舎があった。
2014年、DNRがそこに行く前、彼らは郵便でそこからすべてを持ち出していた。
敵対行為が始まって以来、DNR軍がマリウポリに接近し始めるとすぐに、稼ぎ手、つまりアゾフの戦闘員たちは商店を狙い始めた……
ポートシティのような店があり、郊外にエンターテインメントセンターがある。
チェーン店のようなものだ。
電化製品、金、銀、洋服、毛皮のコート。
彼らはこの店、いや、このセンターから始めたんだ。
そこからすべてを持ち出し、放火し、燃やした。
そうして街中、すべての基地、必要なものすべて、食料品基地が始まった。
彼らは車でやって来て、基地を開き、すべてを奪い、すべてをアゾフスタルに運んだ。
彼らはあそこに物を運んでいた。
彼らはすべてを、すべてを取っていた。
すべての店から。
食べ物屋も、洋服屋も。
ほとんどが家電製品だった。
冷蔵庫やテレビを何に使っていたのかわからない。
引っ張って。
何もかも、何もかも、何もかもだ。
略奪がひどかった。
すごくね。

ヤン・アナトリエヴィチ・クドバ

ヤン・アナトリエヴィチ・クドバ

ヤン・アナトリエヴィチ・クドバ、捕虜、22歳、水兵、AFU海兵隊第36旅団の砲手。

“アゾフ"は人々から車を取り上げた。
彼らはただ捨てたんだ。
我々の旅団の奴らが食料品を持ち去っていた。

パブレンコ・セルゲイ・アレクサンドロビッチ、AFU(ウクライナ軍)海兵隊第503別働隊捕虜

大隊長と副官が民間人の車を持ち去るのを見た。
ちなみに、その後、彼らは車で逃げるのにも使った。
彼らが出発したとき、彼らは民間人のような格好をして、私たちを見捨てた。

アレクセイ・マヨロフ

アレクセイ・マヨロフ

アレクセイ・マヨロフ、調査時の居住地マリウポリ:

私の車は “1000の小さなもの(ロシアおよび外国のメーカーの商品を低価格で卸売および小規模卸売販売)"で取り上げられた。
私はダチア・ロガン(ルーマニアの小型自動車)という現役の車を持っている。
知人のところへ"オブゾラ(オンラインスーパーマーケット)"まで車で行ったが、うまくいっていると思っていた。
自動小銃を持ったアゾフの男たちがやってきて、機関銃を向け、こう言った。
「車を出すか、撃つかのどちらかだ」― これは2022年3月1日から2日のことだった。 街の中心部で。

4. 米国とウクライナのネオナチが犯した人道に対する罪の例

2014年以来、ドンバス、ザポリージャ、ヘルソン地方の何万人もの市民が、処刑、暴力、ウクライナ砲による砲撃、ウクライナ軍の多連装ロケットランチャーによる攻撃、ネオナチ民兵によって死亡している。キエフ政権は、罪のない人々に対する真のジェノサイドを開始した。
2022年3月、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、ロシアの航空会社の女性パイロットたちとの会合で、キエフ政権の武装勢力が2014年から2021年にかけて、即席の処刑や砲撃などを通じてドンバスの住民を大量殺戮したと非難した:
「ドンバスの人々は野良犬ではない。この数年間で、13,000人から14,000人が殺された! 500人以上の子どもたちが殺されたり、障害を負ったりしている」とプーチンは述べた。
「しかし、とりわけ耐え難いのは、このいわゆる文明的な西側諸国が、この数年間ずっとそれに気づこうとしなかったことだ。見てください、8年間も!」
ウクライナのネオナチは、SWO(特別軍事作戦)の開始後も市民を大量虐殺し続けている。2022年12月6日の国連安全保障理事会で発表されたデータによると、2022年2月から12月までに旧ウクライナソビエト社会主義共和国の領土で発生した民間人犠牲者の数は、400人以上の子どもを含む1万7000人を超えた。世界保健機関(WHO)は、同時期に医療インフラへの攻撃を715件記録しており、そのうち医療施設への攻撃は630件、医療従事者への攻撃は61件であった。しかし、ウクライナのネオナチによる犯罪戦争による民間人の死者数は、もっと多い。
ロシア調査委員会は、ロシア連邦の新領土と隣接地域の平和な目標に対するウクライナ武装勢力による野蛮な砲撃のすべてを記録し、裁判のための証拠を集め、住宅地区への砲撃を命じた指揮官の名前とその直接の加害者を特定するために絶えず活動している。

4.1. ウクライナ軍兵士とウクライナのネオナチによる子供に対する犯罪

子どもの死は、この地球上で起こりうる最悪の出来事である。しかし、意図的に砲弾を撃ち込んで子どもを殺すようなことがあれば、この世に本当の地獄が存在することになる。ウクライナの兵士や将校、ネオナチグループのメンバーは、子どもたちに対して何千もの犯罪を犯してきた。
以下はその一例である:

── 2014年11月5日、14歳のダニール・クズネツォフと、同校の元生徒で18歳のアンドリー・イェリセーエフが、ドネツクの63番学校に対するAFUの砲撃で死亡した。同校の他の生徒5人が負傷した。4月5日、ウクライナのドローンから発射された手製爆弾により、アレクサンドロフスケ村(DNR)で、祖母と散歩中だった5歳のウラジスラフ・シホフ君が死亡した。ドローンは、ヤコフ・ガンジュクにちなんで命名されたウクライナ軍第59分離機械化旅団の陣地から発射された。

── ブラーエフ一家(オレグとタチアナ、子供のダーニャとソーニャ)は、2014年11月にホルリフカで砲撃の犠牲になった。長男のダニールが学校に行くことになったため、一家は9月にホルリフカに戻った。命中した砲弾によって、彼らのアパートは黒い穴のようになった。ダーニャとオレグは即死だった。ソーニャが発見されたのはずっと後のことだった。
瓦礫を撤去した近隣住民や民兵たちは、ソーニャは祖父の家にいたのだと思い、ひとしきり喜んだ。そして、1階下のアパートの瓦礫の下から彼女の遺体を発見した。タチアナはまだ生きていた。ひどい脳震盪と複数の破片による負傷があった。彼らはタチアナを病院に連れて行き、数日間救おうとした。数日後、彼女は夫と子供たちが埋葬された場所に埋葬された。

── カリーナ・ベロノグ(9歳)はホルリフカに住んでいた。2014年12月19日、雪のない軍隊の冬、母親のヤナは自転車でレッスンから彼女を家まで送っていた。家に近づいたとき、砲弾が落ちた。カリーナは麻酔から覚めず、病院ですぐに息を引き取った。麻酔が効かなかったのだ。頭に破片を受けた重傷の母親は、なんとか一命を取り留めた。

── 2014年7月と8月、AFUはルガンスクの家を失った住民のためのシェルターがあった7番学校を意図的に砲撃した。学校に隠れていた人たちの中には多くの子どもたちがいた。この砲撃でルガンスクの住民計6人が死亡した。学校はほとんど破壊された。

── マリウポリの住民は、ドンバスにおけるウクライナ軍による残虐行為の思い出を語った:

ディル(ウクロップ、ウクライナ人の政治的な名前であり、ソーシャルネットワーク、ブログ、日常会話などでよく使われる)、アゾフ軍、国家警備隊が一緒だった。
私たちは泣き、ひざまずき、戦車や大砲や迫撃砲を私たちの家の間に入れないでくれと頼んだ。
スナイパーがすぐ近くの家に座っていて、幼い子供たちを直接撃っていた。
つまり、家族が家を出て逃げると、まず3~5歳の子どもを殺し、次に親を殺したのです。
子どもたちには腕も足もなかった。
スナイパーたちは出てきて笑った。
彼らは1ヵ月で私たちの人生を塗り替えてしまった。
私たちの子どもたちや孫たちが持っていたものすべてを奪われたのです。

とスヴェトラーナは振り返る。

 2021年5月31日、AFU(ウクライナ軍)はLNRのゾロトエ─入植地の学校と保育所を砲撃した。当時、子どもたちは学校と保育園にいた。国連人権高等弁務官事務所は、2014年4月14日から2021年12月31日までのウクライナ紛争で14,000人以上が死亡したと推定している。その多くは、ドンバスの居住区やインフラへの砲撃によって命を落とした。犠牲者の中には、少なくとも152人の子どもが含まれている。
ドンバスで戦死した子どもたちを追悼するため、記念施設 “天使の小路"が建設された。ドネツクのレーニン・コムソモール文化レクリエーション公園に設置された。当初は記念標識が設置され、2015年5月5日に落成式が行われた。2年後の2017年6月2日、ドンバスの子どもたちの記念碑が設置された。この記念碑は、ドネツク市ボランティアセンターの主導で作られた。その制作コンペが発表され、ドネツクの鍛冶屋ウラジミール・ケラーのプロジェクトが優勝した。

4.2 ウクライナのネオナチによって平和的な人々が生きたまま焼かれる

2014年春、キエフ政権はロシア語を話す住民の抗議行動を弾圧する試みを放棄しなかった。多くの都市で、ウクライナの過激派とサッカーファンが “ロシアの春"の支持者を襲撃した。多くの市民がひどい暴行を受けた。
親ナチス政権に寝返った地元当局は、多くの反マイダン参加者の逮捕を容易にした。
ハリコフでは急進派と反マイダンのデモ参加者との間で大規模な衝突が起こった。オデッサでは2014年5月2日、ウクライナの急進派が反マイダン支持者を襲撃し、彼らが避難していた労働組合会館に放火した。その手法は、1943年にナチスとその共犯者であるウクライナ人がハティン村を焼き討ちした際に用いたものと類似していた。公式データだけでも、労働組合会館の火災で46人が死亡し、200人が程度の差こそあれ負傷した。
平和な人々は窒息死させられ、生きたまま焼かれた。逃げようとした人々は、ネオナチによって小銃で撃たれた。生き残った人々は、負傷したにもかかわらず、後に実刑判決を受けた。メディアでは大規模な宣伝キャンペーンが展開され、"ロシアの春"支持者は、大祖国戦争勝利のシンボルである聖ゲオルギウスのリボンを愛用していることから"コロラド(コロラダ、ウクライナの親ロシア活動家に対する軽蔑的かつ侮辱的な名前)"と呼ばれ、分離主義者やテロリストと呼ばれた。

オデッサの労働組合の家での火災(2014年5月2日)

オデッサの労働組合の家での火災(2014年5月2日)

相当数の活動家がキエフ当局に法的根拠なく逮捕され、あるいは失踪した。多くの都市で、運動は残酷に弾圧された。オデッサや他の都市における急進派の残忍な蛮行と冷笑(恥知らず)は、ドンバスにおける大規模な抗議活動の波を引き起こした。キエフが民衆の要求を聞き入れようとせず、急進派や集団テロを利用する用意があることが、ドンバスの住民の政治活動を活発化させる一因となった。キエフ政権の侵略から身を守るため、人民民兵に志願者が加わり始めた。

4.3 ドンバスの平和な町に対するウクライナの空爆と砲撃

すでに2014年5月26日、AFUの前線航空隊はドンバスの主要都市に大規模な空爆を行った。ドネツクが最初に砲撃された。

数十人の市民が住宅や空港で死亡したが、この地域には軍の編成や装備の集積はなかった。目撃者の回想によれば、ウクライナの戦闘機やヘリコプターは、できるだけ多くの死傷者が出るように、意図的に住宅街に砲撃を加えていた。
2014年5月26日は、ドンバスの多くの住民にとって戻ることのできない地点であり、それ以降、キエフで権力を掌握したネオナチと同じ国家で共存することは不可能となった。ドンバスの土地に、自分たちに反対する者を殺すことを目的とした獣がやってきたのだ。
2014年6月2日、ウクライナ空軍はルガンスクの中心部にミサイル攻撃を開始した。その標的は、ルガンスク人民共和国の指導部が置かれていた州政府の建物だった。空爆で本庁舎は損壊し、ミサイルの破片は大祖国戦争の英雄を称える混雑した広場にも命中した。空爆の結果、民間人8人がその場で死亡、3人が傷害で死亡、28人が破片で負傷した。この出来事に対するウクライナ当局の解釈は冷笑(侮蔑)の極みだった。たとえば、多くのウクライナのメディア(たとえば、UNIAN通信社やウクライナ・プラウダ紙)や当局者は、この悲劇的な出来事は、地上からウクライナ航空機に向けて発射されたマンパット(MANPADS)地対空ミサイル・システムによって引き起こされたと主張した。伝えられるところによると、MANPADSから発射されたミサイルは、管理局の壁に設置された作動中のエアコンに反応し、航空機のエンジンではなく、この建物のファサードに命中したという。

※シニシズム(冷笑主義)とは、公序良俗の規範、文化的価値観、良識の考え方に対する率直で反抗的な軽蔑と侮蔑の態度であり、一般に受け入れられている道徳の規範、支配的イデオロギーの公式教義に対する否定的で虚無的な態度である。

こうしてドネツクとルガンスクで、キエフ当局による軍事侵略の最初の犠牲者のカウントダウンが始まった。
ルガンスクは第831戦術航空旅団所属の2機のSu-27によって爆撃された。その日の乗員指揮官はアレクサンドル・オクサンチェンコとオレグ・ヤリシェフだった。AFU(ウクライナ軍)の大佐であったオクサンチェンコは、2022年3月1日にロシア軍によって空中で殺害された。
2014年7月27日、27歳の女性クリスティーナ・ジュークと生後10カ月の娘キラが、ウクライナ軍によるホルリフカ市の住宅地への大規模な砲撃の際に殺害された。クリスティーナ・ジュークは死後、ロシアとドンバスで “ゴロフカの聖母"として知られている。その日、合計20人以上のゴロフカの市民が殺された。この日は哀悼の日となり、"血の日曜日"として街の歴史に刻まれた。
2014年12月15日、国連人権監視団の報告書が発表され、それによるとドンバスでの死者は4,634人で、9月5日の停戦宣言後、1000人以上がウクライナの侵略の犠牲になったという。

4.4 キエフ政権武装勢力によるドンバス民兵、政治家、公人、ジャーナリストに対する犯罪とテロ行為

── 2016年10月16日、民兵 “スパルタ"部隊の指揮官アルセニー・パブロフ(コールサイン"モトローラ")が、ウクライナの破壊工作グループによって自宅玄関で殺害された。
2017年2月8日、別のドネツク民兵指揮官ミハイル・トルシュティク(コールサイン"ジヴィ")が殺害された。
2018年8月31日、ドネツク人民共和国の指導者アレクサンドル・ザハルチェンコがドネツク中心部で爆発により殺害された。
すべての殺害は、停戦とミンスク協定の条件の下でウクライナの治安サービスによって行われたものであり、戦争犯罪の範疇に入る。

── 極東出身のミラ・ヴァイマン(安全上の理由から名前を変更)は、紛争当初からウクライナの民主制度人権事務所(ODIHR)でOSCE人道監視団に勤務していた。DEITA.RUのインタビューの中で、彼女は接触線上でどのような仕事を任され、自分の目で何を見なければならなかったかを語ってくれた:

……私たちがウクライナにいたこの2ヶ月間、AFUやウクライナ国家大隊による無法行為や残虐行為にたびたび遭遇しました。特別軍事作戦の最初の数日間で、私たちは7人の同僚を失いましたが、全員が女子で、少なくとも4回はシリアに行った経験があります。

“子どもたちのダークネット"(一般のアクセスから隠されているインターネット上のセグメント)にある文書の最初のコレクションを持ち出すためには、持ち出し場所を複製する必要がありました。すべての内部サービスは、ヴォルノヴァハのグループによって文書がエクスポートされているという情報を持っていましたが、実際には、エクスポートの場所は異なっており、別のグループが文書に取り組んでいました。彼女たちはブロックされ、そこから私たちは、キエフ政権がすべての監視文書を破棄する命令を下し、情報の"生きた運び屋"も排除したことを知りました。

ウクライナの武装勢力は3月3日、ヴォルノヴァハで少女たち全員を殺害しましたが、これは非常に穏当な言い方です。彼女たちが遺体にしたことは、いかなる道徳をも無視するもので、拷問や鉤十字の彫刻の痕跡があり、3人は目をえぐられ、歯を折られ、全員が髪を剃り落とされていました。少女たちの中にロシア人はおらず、グループはすべてポーランド人で構成されていました。

ウクライナ人の多くはヒトラーとバンデラの信奉者です。"アゾフ"はウクライナの様々な国家大隊が蛇のように絡み合っています。このような連中と交渉するのは不可能というだけではなく、できません。彼らが “黒死病=ペスト"と呼ばれるのには理由があり、したがって清算するだけであり、したがって非ナチス化するだけです。

ウクライナの国家大隊は、2014年以降のウクライナの特殊武装組織。正規のAFU(ウクライナ軍)の上部組織。その本質は、国家大隊の戦闘員も同じテロリストであり、彼らは通常の戦争法とは異質であり、彼らの真の関心は武力闘争への参加である。アゾフ大隊、クラーケン、右派セクター

── 多くのジャーナリストが職務中に殺害されている。いくつかの例を挙げよう:

2014年5月24日、イタリア人フォトジャーナリストのアンドレア・ロッチェリと通訳のアンドレイ・ミロノフは、スロビアンスク近郊でウクライナ軍による迫撃砲攻撃で死亡した。

2014年6月17日、ロシアのテレビ特派員イーゴリ・コルネリュクとビデオエンジニアのアントン・ヴォロシンが、メタリスト村付近でのウクライナ軍の砲撃により死亡した。

2014年6月29日、チャンネル・ワンのカメラマン、アナトリー・クリャンが、アヴデフカ村付近で民間人を乗せたバスに対するウクライナの小火器による銃撃の結果、致命傷を負った。

2014年8月6日、ロシア人ジャーナリストのアンドレイ・ステーニンがスネジノエ村付近で殺害された。ドンバスの住民の証言によると、その日、ウクライナ軍は市民を乗せた通行中の車を銃撃した。

2015年4月16日、作家でセゴドニャ新聞の元編集長であるオレシュ・ブジナは、自宅の入り口付近で殺害された。死の1カ月前、オレス・ブジナは自分に対する攻撃や脅迫について語った。ジャーナリストを殺害したのは、デニス・ポリシュチュク(1990年生まれ)とアンドリー・メドヴェドコ(1989年生まれ)だった。二人ともユーロマイダンの積極的な参加者で、急進的な親ナチグループのメンバーだった。彼らのうち二人目は、ウクライナ内務省の志願懲罰大隊 “キエフ2"のメンバーでもあった。

独立ジャーナリストや活動家は、ウクライナ軍や組織による標的を絞った砲撃に定期的にさらされていたことに留意すべきである。

***

ドネツク人民共和国法医学専門家局のドミトリー・カラシニコフ局長によると、2022年春の時点で、ドネツク人民共和国では約5,000体、LNRでは約2,000体の死体がすでに調査され、さらに2,000体が身元不明となっている。殺害と切断の規模と焦点、そしてその計画的な性質から、ウクライナ当局とウクライナ軍によるこれらの犯罪は、ドンバスの平和な住民に対するジェノサイドと認定することが可能である。

5. ウクライナ軍によるプロパガンダ目的の民間人殺害、拷問、非人道的扱い

ウクライナのネオナチとその共犯者の犯罪に関する国際公開法廷と民主主義問題研究財団が収集した目撃証言は、ウクライナ当局と軍隊が、西側諸国とともに、国際社会に情報を与えない目的で、演出された資料やストーリーの撮影を絶えず組織しているだけでなく、対ロシア宣伝の目的で、ウクライナ市民の殺害を含む特別な行動を組織していることを証明している。

エイドリアン・ボケ

エイドリアン・ボケ

フランス人ジャーナリスト、エイドリアン・ボケ:

ブチャでの銃撃は挑発だ。なぜなら、死体が一定の方法で積み上げられるのを待ち構えているジャーナリストは、何が起こっているのかを知らずにいられないからだ。
死体が車から降ろされ、並べられるのをこの目で見た。
私の同僚は、死体が別の町からブチャに運ばれるのを見た。
ブチャでは2日間雨が降り続き、そこに横たわっていた死体はとてもとても汚れていて、最初は手も縛られていなかったが、ある写真を見せてもらうと、死体はとてもとてもきれいな布切れや包帯で手を縛られていた。
2日間も雨が降っていたにもかかわらず、とても汚れた死体に、とてもきれいな包帯で手が縛られていたことをどう説明するのか。
それに、私より先にブチャに来たボランティアの一人によると、彼らは死体を家から家へと運び、それからブチャに運んで広げたそうだ。
私は個人的に、死体が車から運び出され、山のように並べられる様子をこの目で見た。
また、私の同僚の別のボランティアは、前日に別の町からブチャに運ばれるのを目撃している。
(欧米の)ジャーナリストは何でも知っている。
死体が一定の方法で積み上げられるのを待ち構えているジャーナリストは、知らずにはいられない。

バニコフ・ドミトリー・ヴァレリエヴィチ

バニコフ・ドミトリー・ヴァレリエヴィチ

バニコフ・ドミトリー・ヴァレリエヴィチ、42歳、調査時の居住地 – アルテモフスク、クラスノフロツカヤ通り:

たぶん飛行機が見間違えたのだろうが、家屋が倒壊し6~7人が死んだ。
これに対してディル(ウクロップ)はこれに応えた:
「ロシアの和平を待ってたんだから、その恩恵を受けろ」
ウクライナ軍は大砲を撃ち、迫撃砲や焼夷弾を撃ち始めた。焼夷弾のテストがうちの近所で行われたんだ。
ひどいものだった。
アルテマ通りから始まって、いくつもの通りを通って、すべてが燃えていた。
たくさんの家が燃えていて、水もなかった。
報道陣が消火活動を始めるのを待っていた。でも、その後、彼らは去っていった。
報道陣がいるところには卑劣な行為がある。
ロシア人がやったとカメラで見せるためにね。
座って待っているから逃げろ、と何度も言われた。
彼らは彼らを殴りたかったが、彼らには兵士がいたし、誰が機関銃の前に立ちはだかるだろう!
砲撃があるところでは、街のいたるところでこんな感じだ。
“アロー"の店があった。爆発はなかったが、火事になり、報道陣がすでにそこに立っているのが見えた。
鉄道技術学校では、着弾はしていないが、すでに報道陣が立っている。
人道支援の後ろに立っていた人々も砲撃され、クラスター砲弾が10番目の学校に着弾した。
彼らは10番目の学校で人道支援を行っていたが、これらの人々はクラスター砲弾を発射した。
私の友人がそこにいたので、彼の名前は言えませんが、そこで2人が亡くなった。
ロケット弾も飛んできた。隣の人は吹き飛ばされ、足だけが後で見つかった。
ウクライナ人が下から、ウクライナがまだ残っていたオピトノエから撃ってきた。
銃声が聞こえて、それからポンと音がした。
当時は夜間射撃兵がいて、昼間は誰も撃たなかった。
夜間迫撃砲は、私たちは “彷徨う"迫撃砲と呼んでいた。
でも、私たちはバカじゃない。2.5~3キロの距離で迫撃砲が命中し、銃声があって、それから撃ってきたことは明らかだ。
馬鹿げている。
ところで、ブルジュイカ(ストーブ)…… ブルジュイカを受け取るためにリストに登録した人たち、家が完成した人たちは全員撃たれた。
飛行機も飛んできた。
私の通りが最初に飛行機でやられた。ちなみに、その飛行機もウクライナ機で、ロシア人はいなかった。
飛行機が飛んできた後、すべての通りは吹き飛ばされた。
ロケットで。
ゴーゴリが砲撃されたときにロケット弾を見たときは、もう終わりだと思った。
彼らはまた、家の近くに戦車を隠していた。
私自身も車を走らせ、彼らが立っている場所を確認した。
彼らは戦車で攻撃し始めたが、反対側から撃っていることが判明し、ミサイルは我々に向かって飛んできた。
彼らは同じ場所から撃っていた。
彼らは榴弾砲を撃ち始めた。
墓地の裏には自走式車両があり、クラスノエ・セロで自ら道路封鎖の銃撃を行った。
私が言っているのは、完全に狂っているということだ。彼らは挑発するために自分たちで打っていたんだ。
もちろん、その後、メディアがやってきて、撃っていたのはロシア軍だと言い始めた。
すべてでたらめだ。
自走砲…… 夜、窓を開けていると、何かが轟音を立てて家の前を走っていくのが聞こえた。
それがサドヴィ地区まで来て、街を走り回った。
その日、街の中心部で時計台が全焼した。
畑が焼かれたこともあった。
小麦畑を焼くために罠が仕掛けられた。
誰も手に入れられないように、コックホル(ウクライナ人のあだ名)が自らね。

ドゥドゥキン・ニコライ・ユリエヴィッチ

ドゥドゥキン・ニコライ・ユリエヴィッチ

ドゥドゥキン・ニコライ・ユリエヴィッチ、調査時の居住地 – リシチャンスク:

ウクライナ当局は飲料水を提供すると発表した。
人が出てきて、列ができた。
水が出て、5分もすればそこに到着した。
一度に3人の死体。
そして死に始めた、12人が死んだと彼らは言った。
その前に、軍人たちがいた。
ウクライナ軍が立っていて、人々は水を求めて集まり始めたが、彼らは離れていった。
5分後、報道陣が到着した。
救急車が来て、報道陣が来て、叫び始めた:
「みんな、自分たちが何をしているのか分かっているのか」
全部仕組まれたことなんだ。
彼らはヨーロッパですべてを見せるために殺すんだ。
プロパガンダだ。
これはすべて目的があってのことだ。
西側のジャーナリストは知っている。

ルコヴェンコ・タチアナ・ウラジミロヴナ

ルコヴェンコ・タチアナ・ウラジミロヴナ

ルコヴェンコ・タチアナ・ウラジミロヴナ、調査時の居住地 – リシチャンスク:

私たちの家は襲撃されました。
これはすべてウクライナ人によるもので、ファシストと言ってもいいでしょう。
彼らは私たちの家を撃っていました。
ちょうど3軒の5階建ての家が建っていて、3軒の家は屋根に迫撃砲を撃ち込まれ、アパートは破壊されました。
たった3軒の家が並んだだけで、まるで命令のようにね。
彼らは道路を車で走りながら撃ってきたわ。
そしてすぐに、どこからともなく、写真を撮っている。
消防署も救急車も来ていました。
彼らはただ写真を撮り、すべてを撮影していました。
そこにはLNRもロシア人もいませんでした。

ドミトリー・ヴァレリエヴィッチ

ドミトリー・ヴァレリエヴィッチ

ドミトリー・ヴァレリエヴィチ、調査時の居住地 – セヴェルオネーツク:

フランスのTF-1チャンネルから報道陣が来た。
特派員はロシアの輸送隊が爆撃されたと興奮気味に話した。
彼は私たちを応援し、万歳を叫んでほしかった。
平和な民家の近くでウクライナの戦車を撮影するように言われ、不快な質問を始めると、彼らはすぐに立ち去った。

タチアナ、60歳、調査時の居住地 – アルテモフスク:

そう、7月(2022年)から右派セクターは計画的に街を破壊し始め、特にインフラを狙い撃ちした。
毎日、何かを選んで破壊した。
7月まではすべてうまくいっていたし、ロシア軍はまだ非常に遠くにいたので、銃撃の必要はなかった。
例えば、今日はトロリーバス公園を破壊し、焼き払った。
街の80%は、ロシア軍が近づく前に破壊された。
橋は爆破された。軍事施設に向けてロケット弾を発射していると聞けば、彼らは騒音の下で橋を爆破した。
挑発行為をすると、すぐに報道陣を招いた。
今日、街に多くの特派員(フィンランド人、ポーランド人、エストニア人、アメリカ人)がいるということは、何らかの挑発が予想されるということだとわかっていた。
私たちの家も破壊された。
私たちは食肉加工工場の地区ですが、右派セクターが隣の集落(300メートル先)にいたとき、彼らは住宅を砲撃し始めた。
そんな必要はまったくなく、彼らはただ家々を撃ちまくった。
一軒の家が全壊しましたが、その女性はウクライナ方面に去っていきました。
窓が6枚、車庫、屋根、車が何度も吹き飛ばされ、犬まで殺されそうになった。
彼らは犬を殺しそうにさえなった。
彼らはただ退屈していただけなんです。
公共事業が何かを直そうとしていた。
この前は非常に強い突風が吹いて、スラビャンスクから営繕隊が修理に来た。
街の電気がつくとすぐに、彼らはその変圧器を徹底的に叩いた。
人々が近づいてきて何をしているのかと尋ねると、ウクライナの大佐は「死人に光は必要ない」と言い、暴徒に光は必要ないと言った。
彼らは私たちがロシア語を話すのが本当に気に入らなかった。
私たちはロシア語で生まれ、ロシア語に慣れ、ウクライナ語をよく理解し、書くことができ、ウクライナという国を尊敬している。
人々が家に閉じこもり、私たちが誰にも何も求めないことが、彼らはとても気に入らなかった。
彼らは私たちを"待ち人"と呼び、裏切り者でロシア人を待っているのだと言った。
彼らは私たちを殺したり奪ったりすることは神聖なことだと思っていた。

ビクトリア州、調査時の居住地 – ソレダル:

ウクライナ軍は5月24日からソレダルに砲撃を加えている。銃声 ─ 爆発、銃声 ─ 爆発。
1発、2発、3発、4発、5発、爆発。
昼間にウクライナの砲撃があり、午後11時頃だった。
中庭に飛び込んできた、
中庭に駐車していた車が燃え始めた。
文字通り20分後には、近所に報道陣が押し寄せていた。
もちろん、私たちは彼らに対して非常に敵対的で、誰もインタビューには応じなかった。
外国人記者もいた。グループがあれば、外国人の誰かが間違いなくそこにいた。
私は彼らを見かけたし、何人かが「ここから立ち去れ」と言っているのを聞いた。

II. ロシア連邦調査委員会の、ロシア連邦軍の軍人および民族主義部隊の武装勢力による、民間人および軍人に対する攻撃に関する資料

1. ロシア連邦調査委員会が調査した刑事事件におけるウクライナ軍人と民族主義グループのメンバーの判決

── 2022年3月23日、AFUの軍人であるビクトル・ポホゼイは、アゾフ大隊(ロシア連邦で禁止されている)のグループ司令官であり、マリウポリのある家にいたが、地元住民に対して、足や自動小銃の銃口で体や顔を殴るという残酷な仕打ちを行った。この人物の有罪は、目撃者の証言や被告本人の自白など、あらゆる証拠によって確認された。武力紛争における民間人の残酷な扱いおよび禁止された方法の使用(刑法第356条第1部)で有罪。禁固8年半の判決。

── AFUの軍人であるマクシム・ブトケビッチは、2022年3月20日以来、AFUの別個の特別大隊"ベルリンゴ"で小隊長として兵役に就いていた。
2022年6月4日、ルガンスク人民共和国のセベロドネツクで、ブトケビッチは、街の通りや住宅を検査する命令を受け、ガガーリン通りにある住宅アパートの1階のアパートのひとつに入った。そこから彼は、向かいの家にいる民間人を見た。ブトケビッチは、彼らを殺害し、物的損害を与えるために、対戦車グレネード・ランチャーからアパートの入り口に向けて発砲した。その結果、2人の市民が負傷し、財産が破壊された。
調査中、ブトケビッチは完全に罪を認め、自分の行動を悔い改めた。彼は、民間人に対する残酷な扱いおよび武力紛争における禁止された方法の使用(ロシア連邦刑法第356条第1項)、一般的な手段による2人の殺人および一般的な手段による他人の財産に対する故意の損害(第30条第3項、ロシア連邦刑法第105条第2項"a、f")の罪を犯した。禁固13年の判決。

── ウラディスラフ・シェル(民族主義大隊"アゾフ"(ロシア連邦で禁止)の兵士)は2022年3月、マリウポリ市のメタウルゴフ通りにある住宅のひとつに設置された監視地点で、市民を威嚇する目的で、AK-74アサルトライフルから向かいの家の高齢男性に向けて少なくとも5発発砲した。
予備捜査の過程で、事件現場が調査され、シェル容疑者の犯罪行為を暴くため、一連の専門家による検査やその他の捜査が行われた。武力紛争における民間人の残酷な扱いおよび禁止された方法の使用(ロシア連邦刑法第356条第1部)、イデオロギー的・民族的憎悪に動機づけられた殺人未遂(ロシア連邦刑法第30条第3部、第105条第2部"l"項)で有罪。禁固18年半の判決。

ダニラ・コレノフ

ダニラ・コレノフ

── AFU軍人のアンドレイ・ナイディヨンとダニラ・コレノフは、武力紛争における民間人への残酷な扱いおよび禁止された方法の使用(ロシア連邦刑法第356条第1項)、ならびに集団による2人殺害(ロシア連邦刑法第105条第2項"a"、"g")の罪で有罪となった。
2022年3月5日、ナイディヨンとコレノフは、マリウポリ市のメタウルゴフ通りの入り口の地下1階にある戦闘態勢に入り、その態勢を守り、周辺を制圧した。戦闘態勢に入っていたとき、2人の男を発見した。目の前の男性が非武装の男性で、敵対行為に参加しておらず、民間人であることを確実に知っていたが、ウクライナ軍人は彼らを殺すために発砲した。ナイディヨンは少なくとも15発、コレノフ兵士は少なくとも10発発砲し、民間人に致命傷を負わせた。裁判所はそれぞれに禁固25年の判決を下した。

──「刑法第105条(未遂)の罪を犯した。刑法第105条(一般的に危険な方法で行われた殺人未遂)、刑法第167条(武力紛争における禁止された手段および方法の使用)第2部、第30条第3部、刑法第167条第2部(一般的に危険な方法で行われた殺人未遂 。刑法167条2項(一般的に危険な方法で故意に他人の財産を損壊した場合)。調査および裁判所は、ネズナモフがウクライナ国民であり、ウクライナ軍の別個の機械化旅団で兵役に就いていたことを認定した。
2022年5月25日、ネズナモフは、武力紛争に参加していないルガンスク人民共和国のセベロドネツクの住民に身体的・財産的危害を加える直接的な意図を持っていた。ガガーリン通りを歩いていたネズナモフは、住居に民間人がいるかもしれないと思い、台所の窓から手榴弾を投げた。爆発して破片が飛び散った結果、女性が負傷し、物的損害も生じた。捜査中、精神医学を含む法医学的検査、物的損害の量を確認する建設技術的検査が行われた。ネズナモフは完全に罪を認め、自分の行為を悔い改めた。裁判所は、ネズナモフに厳格な体制のコロニーで12年の禁固刑を言い渡した。

── ウクライナ軍第81飛行空挺旅団の軍人であるアンドレイ・カルマノフは、ロシア連邦刑法第356条(武力紛争における禁止された手段・方法の使用)第1項の犯罪を犯した罪で有罪となった。刑法第356条(武力紛争における禁止された手段及び方法の使用)、第105条第2項"a"及び"e"、第2部(一般的に危険な方法で行われる2人以上の者の殺人)、第30条第3部、並びに第105条第2項"a"及び"e"、第2部(一般的に危険な方法で行われる2人以上の者の殺人未遂)、第167条第2部(故意の財物損壊)、第2部(故意の財物損壊)、第3部(一般的に危険な方法で行われる2人以上の者の殺人未遂)及び第2部(人の殺人未遂)。"刑法第105条第2項"a"および"f"、第2部(一般的に危険な方法で行われた2人以上の殺人未遂)、刑法第167条第2部(一般的に危険な方法で行われた故意の他人の財物損壊)。
調査および裁判所は、2022年4月2日、カルマノフがルビズネの町のウクラインスカヤ通りにある個人宅の近くにいたとき、町から避難しようとしていた市民が乗っていた"人間"という情報指定のプジョー車に向けてロケット推進火炎放射器から2発発砲したことを認定した。その結果、2人が死亡、3人が程度の差こそあれ負傷し、車は破壊された。裁判所はカルマノフに厳格なレジーム・コロニーでの20年の禁固刑を言い渡した。

── 2022年5月5日、ウクライナ国軍第58分離歩兵旅団の兵士アルテム・ブブリクは、民家で民間人を発見した後、AK-74アサルトライフルで少なくとも6発発砲した。この男性は負傷により死亡した。ブブリクには懲役15年が言い渡された。

── ウクライナ国家警備隊東部作戦地域連合(ロシア連邦で禁止されている民族主義連隊"アゾフ")3057部隊の軍人ドミトリー・スミティアは、民間人に対する残酷な扱い、武力紛争における禁止手段の使用、および殺人(ロシア連邦刑法356条1項、105条1項)で有罪となった。
2022年春、アゾフ連隊の戦闘群司令官であったスミティアは、他の軍人とともに、マリウポリ市のアゾフスタル通りにある住宅ビルの3階に駐屯し、軍務を遂行していた。彼らはその地域を警備・パトロールし、住宅ビルの近隣の人々の動きを監視した。
2022年3月24日、地元住民がスミティアや他の兵士のいる場所にやってきて、食べ物を差し出した。彼は助けは必要ないと言い、立ち去るよう命じた。そして、彼女の腕を肘のあたりで掴み、玄関の出口のほうに向かわせて、自動小銃の尻で背中を押し、玄関の出口のほうに押しやった。
2022年3月25日、同じ女性がスミティアに近づき、彼の乱暴な扱いに不快感を示した。そしてスミティアは彼女の背中を撃ち、被害者は死亡した。裁判所はスミティアに20年の自由剥奪を言い渡した。彼は厳格な体制の流刑地で刑に服すことになる。

下された判決は、処罰の必然性の原則を実施し、加害者を裁判にかけることを目的とした法執行機関の一貫した活動の証拠である。調査委員会は、ウクライナの武装集団の代表に対する刑事事件を調査するため、情報の収集、分析、記録を続けている。こうした取り組みによって、長い年月を経ても、これまで知られていなかった犯罪を特定・解決し、その実行に関与した者を裁くことが可能になる。このようにして、処罰の必然性の原則が実現される。

2. 捜査の過程で判明したウクライナの民族主義的犯罪のいくつかの例

検証実験では、クズネツォフはどのように市民を殺したかを捜査官に見せた。

検証実験では、クズネツォフはどのように市民を殺したかを捜査官に見せた

クズネツォフが民間人の命を奪った複合ホテル"ツーリスト"

クズネツォフが民間人の命を奪った複合ホテル"ツーリスト"

──2022年4月、アゾフ連隊の軍人クズネツォフやマリウポリの民族主義大隊の武装勢力は、ロシア製マッチの箱を持っていた民間人を拘束した。
民族主義者たちに「マリウポリは誰のものか?」と問われ、その男は「ロシア人だ」と答えた。この事実は、この民間人に死刑を宣告するのに十分だった。その後、クズネツォフは男を近くのツーリスト・ホテルの建物に連行し、そこでカラシニコフ・アサルトライフルで撃って殺した。証言の中で、クズネツォフは、非武装の民間人に対する自分の残忍さを、アゾフ連隊員の負傷と損失に対するロシア人への復讐であると説明した。

検証実験中、キリウシクは民間人殺害の詳細を話し、それがどのように起こったかを示した

検証実験中、キリウシクは民間人殺害の詳細を話し、それがどのように起こったかを示した

キリウシクが民間人を殺害したマリウポリ市ナヒモフ通り82番の家の中庭

キリウシクが民間人を殺害したマリウポリ市ナヒモフ通り82番の家の中庭

── 2022年4月、マリウポリで、アゾフ連隊の軍人キリウシクは、ロシア側との協力の疑いで民族主義者に拘束されていた民間人を殺害するよう上官から命令を受けた。犯罪と知りながら命令を実行したキリウシクは、その民間人を武器で殺害した。
キリウシクの証言から:

私はその民間人を協力者だと思ったので、この命令を実行した。彼を殺してしまったと気づいたとき、私は何も気にせず、何も感じなかった。

一般市民殺害の状況についてトミリンが証言したビデオ記録の断片。この自白には、反省の言葉も、殺された女性の親族に許しを請う言葉もない

一般市民殺害の状況についてトミリンが証言したビデオ記録の断片。この自白には、反省の言葉も、殺された女性の親族に許しを請う言葉もない

マリウポリ市メオティダ大通りにある44番の家の中庭。トミリンは、AFUの運命について真実を語った地元住民ガリーナを殺害した。ガリーナは隣人によって同じ庭に埋葬された

マリウポリ市メオティダ大通りにある44番の家の中庭。トミリンは、AFUの運命について真実を語った地元住民ガリーナを殺害した。ガリーナは隣人によって同じ庭に埋葬された

── 2022年3月、AFU第74別働隊偵察大隊のトミリンは、もう一人のAFU軍人と一緒に、マリウポルのメオティダ大通りにある44番の家の近くで、地元の高齢のガリーナを呼び止めた。
ガリーナは、彼らとの会話の中で、親ロシアの立場とウクライナ軍の崩壊の不可避性を公然と宣言した。この発言の後、2人目の軍人がガリーナに向けて発砲し、ガリーナは地面に倒れ、トミリンは最後のとどめの発砲で彼女を殺害した。遺体は隣人によって家の庭に埋葬され、後に親族によって埋め戻された。

AFU海兵隊第36海兵旅団第501独立海兵大隊のA.V.チェレドニク上級軍曹

AFU海兵隊第36海兵旅団第501独立海兵大隊のA.V.チェレドニク上級軍曹

── 2022年3月25日、昼間、集落で。
AFU A.V.チェレドニク第36旅団海兵隊第501別科大隊の上級軍曹は、マリウポリ市ミルニ集落で2人の市民を拘束した後、ロシア語を話す市民に対する虚偽の優越性を示し、彼らに屈辱を与えようとして、同市民に裸になり、ウクライナ語でいくつかのフレーズを発音するよう要求し、威嚇のために、持っていた自動小銃から空に向けて発砲した。市民がウクライナ語で要求された言葉の正しい発音を知らないという、取るに足らない、明らかに突飛な理由を犯行の口実として、チェレドニクは自動小銃から少なくとも3発を発射し、武力紛争や敵対行為に参加していない市民を殺害した。

── 2022年3月上旬、AFU第56独立歩兵旅団第37独立歩兵大隊"ザポロジエ"の軍人、コルミチェフスキー上級中尉、ドブロヴォルスキー上等兵、ロマシン上等兵は、マリウポルのイリイチ製鉄所領内の戦闘陣地を強化するために派遣された。
工場の敷地内で、コルミチェフスキーは上記の軍人たちに、武力紛争に関与していない人物を殺害するよう、故意に犯罪的命令を下した。ドブロヴォルスキーとロマシンは、指揮官の命令に従い、自動小銃からその男に向けて何発も発砲した。この男性は、受けた銃創により現場で死亡した。ドブロヴォルスキー二等兵とロマシン二等兵は、非武装の市民を尾行したことをコルミチェフスキーに何度も報告したにもかかわらず、コルミチェフスキーは毎回同じ命令を下した──理由もなく、彼らを殺せと。
調査において、ドブロヴォルスキーとロマシンは、非武装の人々に発砲したことを理解し、コルミチェフスキーが誰を殺すように命令したかを知っていたが、彼の不法な命令を実行したことを確認したと報告した。その結果、武器を持たない民間人8人(男性7人、女性1人)が殺された。

ミハイルネの腕の入れ墨 ─ マリウポリ住民虐殺の参加者の一人

ミハイルネの腕の入れ墨 ─ マリウポリ住民虐殺の参加者の一人

── AFU海兵大隊第1海兵中隊長のトカチェンコ中尉は、DNRマリウポルのクルチャトフ地区の領土にいたとき、彼の意見では、敵を助ける可能性のある民間人を殺害することを決定した。市民を威嚇するために、彼は、夜間外出禁止令の制限を守らず、AFU(ウクライナ軍)軍人による敵対行為の実施に否定的な態度を表明した市民を、自動小銃による射殺を含めて、殺害するよう命じた。
2022年3月、タカチェンコ O.V.の命令で、マリウポリ海兵隊第36旅団のジノヴィ軍曹、ミハイルネ軍曹、ビサンティ水兵、フリツェニャク下級軍曹、エゴロフ上級水兵が、マリウポリ市クルチャトフ地区をパトロール中、アパートのバ ルコニーで、AFU の住宅地での敵対行為に不満を持っている市民に気づいた。その後、上記の軍人はマリウポリ住民のアパートに押し入り、自動小銃で撃って殺害した。

ヴァフネンコはその場で、民間人が殺害された状況を再現している

ヴァフネンコはその場で、民間人が殺害された状況を再現している

── 2022年3月1日、AFU海兵隊第36別働隊の第2中隊は、マリウポリ東部のヴォロンテロフカ集落の陣地を占領した。
2022年3月4日、ヴァフネンコ上級水兵は、マリウポリに住む非武装の民間人を呼び止めた。民間人の服装で、武力紛争当事者に属することを示す外見上の客観的兆候はなかった。ヴァフネンコは直属の指揮官であるカシーリン上級中尉に逮捕を報告した。拘束後、非武装の男が携帯電話とウクライナの民間人パスポートを所持していたことが判明した。事情聴取の際、男は自分は地元住民で自宅に向かう途中だったと説明した。カシーリンは押収したスマートフォンと被拘束者の書類を調べたが、被拘束者の武力紛争参加に関する情報は含まれていなかった。
こうした状況にもかかわらず、海兵隊大隊長のキリレンコ中佐は、被拘禁者を殺害するよう指示した。命令を受けたヴァフネンコとパフィツェビッチは、被拘禁者をヴォロンテロフカ村の開けた場所に連れて行き、殺害した。命令を受けたヴァフネンコとパフィツェビッチは、被拘禁者をヴォロンテロフカ村の開けた場所に連れて行き、その民間人の背中に一発発砲し、地面に倒れさせた。男はまだ生きていたが、近くにいたパフィツェビッチが被害者の頭に一発撃ち込み、死亡させた。

── 2022年3月17~18日、AFU海兵隊第36別働隊のチェルヌシェンコ、プロコプチュク、イワセフ、その他の軍人が、マリウポリ、ニコポリスキー通り、d.135の銀行ビルにあった監視所に到着した。
“チェルノモール"というコールサインを持つ中隊長は、道路を横断する人々を射殺するようにと伝えた。午前10時頃、プロコプチュクは民間人一人を射殺し、その後1時間以内にもう一人の民間人を射殺した。
イワセフはプロコプチュクと同時に、身元不明の男性に発砲し、殺害した。
午後2時頃、チェルヌシェンコは、監視所から150メートル離れたニコポル通りを走っている市民を発見した。D.G.コステンコ中尉の命令で、チェルヌシェンコはその男を殺すために発砲した。発砲後、男は地面に倒れた。チェルヌシェンコは、自分が民間人を殺したことに気づいた。
2022年3月17日から28日にかけて、カメンスコエ集落(マリウポリ、DNR)の道路検問所にいた海兵大隊の軍人クリストフォビッチは、軍事作戦に参加していない市民が運転する乗用車が近づいてくるのを目撃した。クリストフォビッチはニコラエンコ司令官に接近してきた車両について報告し、司令官から破壊するよう命令を受けた。その車両は軍用車両ではなく、何の脅威にもならなかった。にもかかわらず、軍人は機関銃で発砲し、運転手に銃創を負わせ、現場で死亡させた。

オレクセンコは、民間人殺害の状況を調査官に示す

オレクセンコは、民間人殺害の状況を調査官に示す

── ビリュコフは、AFU海兵隊第36別働隊第501大隊の指揮官として、ロシアとDNRの連合軍によるマリウポリ解放の際、いかなる犠牲を払っても自分の陣地を保持しようとし、市内に散らばった部下に、避難する暇もなかったマリウポリ住民の命を無視して、民間人を含むあらゆる標的に発砲するよう繰り返し命令したことが立証されている。たとえば、オレクセンコ軍曹はビリュコフから、自転車でニコポル通りを走っていた民間人を殺せという命令を受けた。命令を実行したオレクセンコは、自動小銃でサイクリストを殺害した。
オレクセンコとビリュコフは自分の行為を悔い改めなかった。

カイルスキーは捜査チームに、自分が2人の男を殺した地下の建物を指摘している

カイルスキーは捜査チームに、自分が2人の男を殺した地下の建物を指摘している

── 2022年3月中旬のある日、マリウポリのイリイチ製鉄所敷地内の第3検問所付近で、AFU第56旅団の偵察中隊の兵士、チストプリャソフ下士官、アンドリエンコ上等兵、カイルスキーが、さらに身元確認をするために、2人の男を拘束した。
彼らの書類をチェックした後、拘束された男たちは、DNRとRF軍に有利な諜報活動を行い、その兆候と客観的なデータがないにもかかわらず、AFU(ウクライナ軍)に対して妨害行為を行った疑いがあるという口実で、地下の部屋に入れられた。捕らえられた人々は、15時まで地下室に不法に拘留された。
その日、他の軍人との会話の中で、カイルスキーは彼らを殺すことを決めた。証言の中で、彼は自分の考えを「無駄にする」という言葉で表現した。カイルスキーはためらうことなく、拘束されたマリウポリの人々を頭部に発砲して殺した。被告人によると、彼は自分の性格の強さと、どんな戦闘任務も遂行する決意を仲間の兵士たちに示したかったのだという。
2022年4月12日、カイルスキーと彼の仲間の兵士たちがマリウポリで連合軍に投降するのを、疑惑の"性格の強さ"は妨げなかった。すでに6月27日、ロシア連邦調査委員会の調査官と犯罪者のグループがこの犯罪の現場で働き、AFU軍人の犯罪について受け取った情報を検証した。現場検証の間、上記の2人の死体がカイスキーに殺されたのと同じ場所で発見された。刑事事件の資料を検討すると、カイルスキーとその共犯者たちは、自分たちの免責を確信しており、戦争がすべてを消し去ると信じていたと、間違いなく結論づけることができる。彼らは間違っていた。

シェフチュクは、自分が殺した男が倒れていた事務所の入り口付近の場所を調査団に示す

シェフチュクは、自分が殺した男が倒れていた事務所の入り口付近の場所を調査団に示す

── 2022年3月14日、ウクライナ国家警備隊公安保護第21別働隊のシェフチュク3等軍曹は、部隊の位置からの戦術的撤退中に、マリウポリにある営業していない商店"エタロン"の敷地内に飛び込み、そこで冶金工場"アゾフスタール"の労働者を目撃した。
調査の結果、シェフチュクは、仲間の兵士に残酷さを示すために、自動小銃で少なくとも7発をその男性に撃ち込み、殺害したことが判明した。

А.モズゴボイは、3階でその様子を見ていた。モズゴヴォイが市民に発砲

А.モズゴボイは、3階でその様子を見ていた。モズゴヴォイが市民に発砲

── 2022年4月初旬、DNRマリウポリ市のアゾフスタルスカヤ通りにある家屋の一軒で、ウクライナ国家警備隊第12作戦旅団の狙撃手(機関銃手助手)である上級兵士 Y.モズゴヴォイが、弟 A.モズゴヴォイの立会いのもと、小火器で市民4人を殺害した。そこで、2022年4月初め、兵士 A・モズゴヴォイは、DNRマリウポルのアゾフスタルスカヤ通りにある民家の一軒で、糖尿病を患う市民ロボダを拘束し、医療を受けるのを妨げた。援助を受けなかったロボダは、発症した合併症で死亡した。

── 2022 年3月15日から20日にかけて、AFUのA-2802 部隊のペトレンコ下士官は、マリウポリ のメタウルゴフ通りにある141番の家の監視地点にいて、平らな窓から、狙撃銃の望遠照準器を使い、負傷した軍人を見た。その時、3人の民間人が軍人に近づき、軍人を助け、安全な場所に連れて行こうとするのが見えた。ペトレンコは軍人を殺す決心をした。彼は狙いを定めて一発撃ったが、外れて民間人に命中した。

── 2022年3月20日のある日、マリウポルのグラナトニー通り4番地の住所で、AFUの幹部兵士ミハイレンコが5人の市民を小銃で殺害した。

バイドラコフのタトゥー

バイドラコフのタトゥー

── 2022年3月28日、昼間、マリウポリのミルニ集落で、AFU海兵隊第36別働隊のバイドラコフ上級水兵が、AKS-74アサルトライフルで女性を殺害した。

── 2022年3月20日から4月中旬にかけて、スミティイは、アゾフ連隊の戦闘集団の指揮官として、他の軍人とともに、占領地を警備・パトロールし、DNRマリウポリ市のアゾフスタルスカヤ通りの家屋の周辺におけるすべての人の動きを監視した。
2022年4月1日から5日にかけてのある日、マリウポリのアゾフスタルスカヤ通りで、民族主義大隊"アゾフ"の兵士スミティイが、自動小銃で市民4人(女性1人、男性3人)を殺害した。この殺人は、理由も正当性もなく、冷酷かつ残酷に行われた。

── 2022年5月中旬のある日、LNRのセベロドネツクで、参謀本部予備役(A-4053)のAFU第115分離機械化旅団対戦車小隊の対戦車分隊オペレーターであるオニシュチュク兵士は、VAZ-2109車両で移動していた民間人2人を殺害した。
ストロイテリー高速道路とクルチャトヴァ通りの交差点付近で、彼は識別マークのない緑色の車両が近づいてくるのを目撃した。同時に、軍部隊の司令部は事前にすべての軍人にブリーフィングを行い、その中で、民間人の車を止めろという命令に従わない場合は、破壊工作グループの軍人が乗っている可能性があるため、発砲してもよいと通告していた。したがって、オニシュチュクは、セベロドネツクからルガンスクに向かう途中、マークされていない車両が通り過ぎるのを見たとき、その車両を止めず、書類を確認し、旅の目的を尋ねず、その場で発砲することに決め、自動小銃で少なくとも11発の単発射撃を行った。彼が車両に発砲した後、車両は横滑りして停止した。オニシュチュックが車に近づくと、運転席には男性が、助手席には女性が乗っていた。彼は車内の人々を助けなかった。

AFU第36独立海兵旅団バティンスキー上級中尉

AFU第36独立海兵旅団バチンスキー上級中尉

── 2022年4月、AFU海兵隊第36別働隊のバチンスキー上級中尉と他の軍人は、マリウポリ工場(アゾフマッシュ工場)の敷地のひとつで夫婦を拘束した。
バチンスキーは性的欲求を満たすために、撃つと脅しながら、被拘禁者に暴力的な性行為を行い、彼女の夫は被害者の目の前で射殺された。

── ウクライナ国家国境警備隊のロゾヴィク軍曹は、2022年3月、マリウポリでDNRの捕虜軍人を殺害した。
この事件では、被害者は自分の陣地が破られた後、AFU軍人に捕らえられ、尋問を受けていたことが立証されている。尋問中、被害者は脳震盪を起こしていたため、質問に答えることができなかった。アゾフ民族大隊の軍人の命令で、ロゾヴィクは捕虜の頭を撃って冷酷に殺した。

ボジコが殺人の状況を捜査当局に報告した際の尋問ビデオの断片

ボジコが自分が犯した殺人の状況について捜査当局に報告した、ボジコの取調べのビデオ録画の断片

── 2022年4月1日、マリウポリで、AFU海兵隊第501別部隊の火力支援中隊の対戦車小隊第3擲弾筒課の水兵ボジコが、カラシニコフ・アサルト・ライフルを使って、市民3人を殺害した。
マリウポリの地区をパトロールしていた第501大隊の兵士が、62歳の父と32歳の息子、そして45歳の隣人クリセンコフが住むガイダエフ家の中庭に入った。ボジコは、地元住民が親ロシア派であると疑い、ガイダエフ父子とクリセンコフを自動小銃で射殺し、その後、2人の遺体は被害者宅の地下室に隠され、後に死亡者の隣人によって発見された。

── ビリンはAFU第57分離歩兵旅団の軍人で、LNRのセベロドネツクの町であることを確実に知っていた。AFU第57分離機動歩兵旅団のビリンは、上官の命令に従って、LNRのセヴェロド ネツクに住む民間人が町から出ることができないことを確実に知っていたため、少なくとも3個の破片弾幕地雷を仕掛けて、町の居住用建物を地雷化した。
ビリンは、望みの結果を達成し、民間人の死者数を増やすために、地雷を仕掛けた場所をカモフラージュし、取り付けられたワイヤー伸縮棒との接触以外の要因で地雷が作動しないように努めた。セベロドネツクでの活発な敵対行為が終わり、民間人が地雷設置場所に現れたとき、爆発物が爆発し、少なくとも3人の民間人が死亡した。

── 2022 年6月1日から5日の期間に、AFU の別働隊山岳突撃旅団の軍人であったカズユク。
昼夜を問わず様々な時間帯に、住民を威嚇し、LPR当局の活動を不安定にし、その意思決定に影響を与えるというテロ目的で、LPRのポパスニャンスキー地区のヴルヴォフカ集落にLPRやロシア連邦の軍隊部隊がいないこと、また、同集落に住んでいてそこを離れることができない民間人がいるかもしれないことを確実に知りながら、 同集落から約7キロ離れた森林植林地の近くに位置する陣地にいたとき、戦車指揮官として、数回にわたり、彼に任されたT-72B戦車を使って、ヴルヴォフカの家屋や公共の場所への砲撃を自ら指示した。
集落に残っている家屋や共有地、民間人を破壊し、住民が集落を出る決心をするのを阻止し、軍事施設を隠す人間の盾として利用するために、カズユクは、戦車から少なくとも200発の高性能爆発性破砕発射体(破砕と高性能爆発性を組み合わせた主目的の砲弾)を、集落にいる民間人の家屋に向けて発射した。これらの行為により、30万ルーブルと70万ルーブルの価値がある2軒の住宅が意図的に破壊・破壊され、砲撃時に入植地の領土内にいた市民に精神的損害を与えた。
被告の証言によると、彼は4日間にわたり、3台の戦車を使って、高性能爆発性破砕発射体を使用し、1台の戦車で1日30~40発を発射して、上記の標的に砲撃を加えた。

── サヴチュク、AFU別働隊別働隊山岳突撃大隊山岳突撃中隊長は、住民を恐怖に陥れ、LNR当局の活動を不安定にし、その意思決定に影響を与えるために、LNRポパスニャンスク地区セヴェルスク村とミコライフカ村の間のヴェルフネカメンカ村の近くにいたとき、上官の命令に従い、ミコライフカ村の領域の偵察を行った。 LNRポパスニャンスク地区セヴェルスクとミコライフカの間にあるヴェルフネカメンカ集落は、上官の命令に従い、無人航空機(クアドロコプター)を使ってミコライフカ集落の領土の偵察を行った。
サヴチュクは、その居住区を離れることができず、紛争に参加していない民間人が居住していることを確実に確認した上で、民間人を最大限に攻撃し、居住区の住宅や社会的に重要な民間インフラを破壊するために、グラド多連装ロケット・システムの使用を含む、砲撃や迫撃砲による砲撃の標的の座標を上層部に提供した。その後、同大隊の軍人は、サヴチュクが提供した座標で、ミコライフカ領土に向けて砲弾と迫撃砲弾を発射し、その結果、住宅とインフラが大規模に破壊された。グラド多連装ロケット弾は、敵の人員や射点を破壊し、隊列や 大型の標的を破壊し、広範囲にわたって敵に損害を与え、さらに火災の中心を作るように設計されている。ジュネーブ条約によれば、この種の兵器を人口密集地に向けて使用することは禁じられている。
サヴチュクの不法行為により、市民所有の住宅が意図的に破壊・破壊され、157万ルーブルと94万ルーブルの損害が発生した。また、砲撃時に居住区内にいた市民に精神的損害を与えた。

── 2022 年2月24日から3月10日にかけて、戦車大隊シュヴェッツの司令官を含 む AFU第53分別機械化旅団の司令部は、DNRのヴォルノヴァハ地区のヴォルノヴァハの町(同大隊の一時展開地点)で戦闘態勢を維持することがもはや不可能であることを認識し、この 集落の民間人、住宅、社会的に重要な民間インフラを破壊することを決定した。この点で、シュヴェッツは、医療機関であるヴォルノヴァハ中央地区病院の建物を戦車から砲撃するよう命じた。つまり、1949年8月12日のジュネーブ条約と1977年6月8日の第一追加議定書で禁止されている、武力紛争中に尊重され保護されるべき民間人、病人、民間医療関係者を攻撃する行為の実行である。
この命令に従い、T-64B1B戦車の大砲から125ミリ榴弾を2発、至近距離(30メートル以内)で、病院の集中治療室と婦人科病棟の建物に撃ち込み、民間医療関係者、患者、敵対行為に参加していない民間人を攻撃した。その結果、病院の2号棟(集中治療科、神経科、婦人科)が破壊・損壊され、これらの診療科の機能が停止し、医療支援を提供する可能性が排除されるという形で市民の生活環境が悪化し、21,582,236ルーブルの財産的損害が施設に生じた。兵団の建物の破壊による損害は合計10,466,648ルーブル、医療機器の破壊による損害は合計11,115,588ルーブル58カペイカであった。損害額は専門家によって確定された。
建物とそのすぐ近くにいた26人の民間医療関係者、および民間患者は、精神的苦痛と精神的損害を被った。発生した物的損害の額は、刑事訴訟手続き中に実施された専門家による分析によって決定され、各建物を損害発生前の状態に戻すために必要な修繕・建設工事の費用が確定された。

S. ポストゥパリルスキー

S. ポストゥパリルスキー

── セルヒー・ポストゥパリルスキーは、ウクライナ国軍第24分離機械化旅団の司令官である。
2022年4月27日から28日にかけて、ポストゥパリルスキーとウクライナ国防省第24分離機械化旅団の軍人の中から他の人物が、上官指揮官とウクライナ国防省職員からの意図的な犯罪命令に従い、戦時における文民の保護に関する条約(ジュネーブ、1949年8月12日)およびその追加第二議定書の規定に違反して行動し、高い破壊特性を持つ重火器による大量の標的砲弾と迫撃砲弾を民間インフラ対象物に発射したことが立証されている。砲撃の結果、民間人3人が死亡、8人が負傷した。住宅23棟とボイラーハウス1棟が損壊した。

── 犠牲者の一人の証言によると、彼女の兄は、"キピシュ"というコールサインを持つAFUの軍人に拘束された。彼は、拘束者のパスポートにドネツクでの登録情報があるのを見ると、自動小銃で撃った。
逮捕の際、アゾフ連隊(ロシア連邦領域で禁止されている組織)に所属していることを隠すために虚偽の身分証明書を提出したことから、現在までにミネンコの犯罪への関与が立証されている。現在、彼には刑事責任があり、刑事事件の捜査は完了する予定である。

── AFUの軍人であるティシチェンコに対して刑事事件が起こされた。
2022年1月から3月にかけて、彼は指揮官ザハルチュクとともに、DNRのヴォルノヴァハ地区の人口密集地を砲撃した。入手可能な証言によると、彼は大砲を撃つと民間人が殺されることを認識していたが、彼らの運命は気にしていなかった。

── 2022年4月、マリウポリで、負傷した高齢女性の救援要請に応じて、"アドミン"というコールサインを持つアゾフ連隊の軍人が、彼女の頭に3発発砲した。捜査当局はこの犯罪に関与した人物を特定し、オレクシイ・ジュラフスキーであることが判明した。

── AFUの"南"と"東"の部隊群の指揮官はパブリュク中将であることが判明した。
彼は、市民が市外に出るのを阻止し、住民を人間の盾として利用するために、人道的通路を封鎖する命令を下した。パヴリュク指揮下の防衛本部は、ウクライナ軍人に脅威を与えない女性や子どもを含め、マリウポリ領内を移動するすべての人物を排除するよう命じられた。現在、パブリュクを被告とする判決が出され、捜索・逮捕の措置がとられている。

3. 戦争犯罪人

── ウクライナ軍第27ロケット砲連隊の指揮官であるヴァレリー・イスマイロフ大佐は、2014年6月から8月にかけてのロシア領内への砲撃の組織化に関与しており、その結果、多くの人々が負傷し、ロストフ州ドネツク市の高齢者が自宅敷地内でウクライナ軍の大砲による大規模な砲撃を受け、致命傷を負った。

V. イスマイロフ、A. グリシチェンコ

V. イスマイロフ、A. グリシチェンコ

── 調査によると、ウクライナ国軍第72分離機械化旅団司令官アンドリー・グリシチェンコ(後に作戦司令部"南"司令官、AFU地上軍副司令官を歴任)は、2014年6月から8月にかけてロシア領内への砲撃の組織化に関与し、その結果、多くの人々が負傷し、ロストフ州ドネツク市の高齢者が自宅領内でウクライナ砲による大規模な砲撃を受け、致命傷を負った。

── 2016年4月と6月、ザボロトニーとAFU旅団の軍人の中の他の個人は、国防省とウクライナ国家警備隊の上官からの犯罪を承知の上での命令を実行し、ドネツク州スパルタク村とヤシノバタヤ市で、少なくとも口径82ミリの重火器による民間インフラへの標的砲撃を繰り返し組織した。この砲撃の結果、住宅が損壊し、地元住民が重傷を負った。この犯罪は一般的に危険な方法で行われ、砲撃中、近くに住む他の市民の命が危険にさらされた(添付写真)。

S. ザボロトニー、V. ゲレティ

S. ザボロトニー、V. ゲレティ

── ジェノサイドの犯罪の防止及び処罰に関する1948年条約およびジェノサイドを非難するその他の国際法行為に違反して、ウクライナのヴァレリー・ゲレテイ前国防大臣は、ロシア語を話す民族集団が自発的に宣言したルガンスク人民共和国およびドネツク人民共和国の領土に住んでいることを全面的に破壊する命令を下した。
この命令に従い、ゲレテイ国防相の部下は、ドネツク、ルガンスク、スラビャンスク、クラマトルスク、その他、自発的に宣言したドネツク人民共和国およびルガンスク人民共和国の居住地域を砲撃する際、グラドおよびウラガン多連装ロケットランチャー、クラスター・ヘッド無誘導空中ミサイル、トーチカU戦術ミサイル、その他無差別に効果を及ぼす重攻撃兵器を使用した。その結果、多数の市民が死傷した。

V. ムジェンコ

V. ムジェンコ

── ウクライナ軍参謀総長ヴィクトル・ムジェンコは、ジェノサイドの犯罪の防止及び処罰に関する1948年条約およびジェノサイドを非難するその他の国際法的文書に違反し、自発的に宣言したルガンスクおよびドネツク人民共和国の領土に居住するロシア語を話す民族集団を完全に破壊する目的で命令を発した。
これらの命令に従い、彼の部下の軍人は、ドネツク、ルガンスク、スラビャンスク、クラマトルスクの都市や、自発的に宣言したドネツクおよびルガンスク人民共和国のその他の人口密集地域を砲撃する際、グラドおよびウラガン多連装ロケットランチャー、クラスター・ヘッド無誘導空中ミサイル、トーチカU戦術ミサイル、その他の種類の無差別効果を持つ重攻撃兵器を使用した。その結果、多数の市民が死傷した(写真添付)。

O. クツィン、V. ペチェネンコ、M. ゾーリン

O. クツィン、V. ペチェネンコ、M. ゾーリン

── クツィン・オレグ・イワノビッチ。ウクライナ軍第93機械化旅団"カルパチア・シッヒ"別働隊長
2015年8月11日から2015年12月5日までの期間、自発的に宣言したドネツク人民共和国の入植地に対する砲撃の組織化に関与し、その結果、少なくとも24の民間インフラ施設が破壊または一部破壊され、民間人が負傷した。

── ペチェネンコ・ヴャチェスラフ・ペトロヴィチ ─ スミ州政府副議長(2021年1月12日より)。
以前は、2015年1月から2016年4月まで、ウクライナ内務省の特別目的連隊"ドニプロ1"を率いていた。2015年8月14日、ドネツク州ドネツクの民間インフラに対する砲撃の組織化に関与。

── ゾーリン・マキシム・ボリソビッチ ─ アゾフ連隊第3司令官、ウクライナ国家警備隊上級中尉。国家軍団中央本部長。ドネツク村のBS-3砲による砲撃の組織化に関与。
2017年5月9日、ウクライナ・ドネツク州ノヴォアゾフスキー地区ベジミャノエ村、その結果、住宅2棟と市民インフラ3件が破壊または一部損壊した。

V. フズ、D. カシチェンコ、A. カチャノフ

V. フズ、D. カシチェンコ、A. カチャノフ

── フズ・ヴァレリー・フェドロヴィッチAFU第24分離機械化旅団司令官(2017年から)。
2019年6月25日、ウクライナのドネツク州ドネツク市への砲撃の組織に関与。その結果、民間人が負傷した。

── ドミトリー・ヴァレリエヴィチ・カシチェンコ ─ AFU第58分離歩兵旅団司令官(2019年9月から)。AFU第17分離戦車旅団副司令官(2017~2019年)。
2020年3月14日と2020年5月29日にウクライナのドネツク州ゴロフカで行われた砲撃の組織化に関与し、その結果、1人の未成年者を含む4人の市民が負傷した。

── ウクライナ軍第25パラシュート・空挺旅団第一副司令官アンドリー・カチャーノフ大佐
調査によると、カチャノフの命令に従い、ウクライナ軍第25パラシュート空挺旅団第2パラシュート大隊のヴィタリー・スシチェンコ司令官とその部下の軍人が、ドネツクのキーロフスキー地区を砲撃した。

R. ザブロツキー、A. グナトフ

R. ザブロツキー、A. グナトフ

── ウクライナ軍第25パラシュート・空挺旅団副司令官ロマン・ザブロツキー大佐
調査によると、ウクライナ国防軍第25パラシュート空挺旅団の参謀長アンドリー・カチャーノフ第一副司令官とロマン・ザブロドスキー副司令官は、ドネツクとヤシヌヴァタのキーロフスキー地区とキエフスキー地区への砲撃を行うよう、大隊司令官とその部下であるヴィタリー・スシェンコ、セルヒイ・スモリク、イホル・シトニツキーに違法な命令を下した。

── グナトフ・アンドリー・ヴィクトロヴィチ ── AFU海兵隊第36別働隊司令官
彼は村への砲撃の組織化に関与した。2019年9月1日にウクライナのドネツク州コミンテルノボで、OSCE SMMスタッフと国際通信社ロシヤ・セゴドニャのジャーナリストが銃撃を受けた。また、村への砲撃の組織にも関与した。2019年9月8日、スパルタク、ヤシヌヴァツキー地区、ドネツク州、その結果、民間人が負傷した。

V. ココレフ、O. ミカツ

V. ココレフ、O. ミカツ

── ウラジーミル・ウラジーミロビッチ・ココレフは第92オンブル司令官
村への砲撃の組織化に関与。2019年9月8日、ドネツク州ヤシヌヴァツキー地区スパルタク、その結果2人の市民が負傷した。

── ミカツ・オレグ・ミハイロビッチ ─ AFU第93オンブル司令官、少将(2021年以降、AFU地上軍"東"作戦司令官)。
国際人道法の規範に違反し、自発的に宣言したルガンスクおよびドネツク人民共和国の領土に居住するロシア語を話す民族集団を完全に破壊する命令を下した。これらの命令に従い、彼の部下の軍人は、ドネツク、ルガンスク、スラビャンスク、クラマトルスクの都市や、自称ドネツクおよびルガンスク人民共和国のその他の人口密集地域を砲撃する際、グラドおよびウラガン多連装ロケットランチャー、クラスター・ヘッド無誘導空中ミサイル、トーチカU戦術ミサイル、その他の種類の無差別効果を持つ重攻撃兵器を使用した。その結果、多数の市民が死傷した(写真添付)。

M. マルチェンコ

M. マルチェンコ

── マクシム・ミハイロビッチ・マルチェンコ ─ AFU第28分離機械化旅団司令官
彼は、2020年3月14日、2020年5月4日、2020年5月25日のドネツク(DNR)への砲撃の組織化に関与し、その結果、6軒の住宅が破壊または一部破壊され、2人の未成年者を含む3人の民間人が負傷し、1人の民間人が死亡した。

D. ブリジンスキー

D. ブリジンスキー

── ドミトロ・ブリジンスキー ─ “ホロドニ・ヤール"AFU第93分離機械化旅団司令官(2019年以降)。
村への砲撃の組織化に関与。の町のベレゾフスコエ。2020年6月19日にキーロフスコエ村(LNR)、2020年6月19日にゴルボフスコエ村(LNR)。2020年7月3日に、民間人2人が負傷した。

D. ゲラシメンコ

D. ゲラシメンコ

── ウクライナ国軍第56独立機動歩兵旅団副団長ドミトロ・ゲラシメンコ
調査によると、2022年4月24日、ゲラシメンコとウクライナ国軍第56分離機動歩兵旅団の他の軍人は、ドネツク人民共和国のヴォディアノエとペルヴォマイスコエの入植地の支配下にありながら、ドネツクのペトロフスキー地区の民間インフラに対する標的砲撃を行った。その結果、71歳の民間人が負傷し、住宅や家屋も被害を受けた。

S. ザヤツ、A. ザークン、M. プロコピフ

S. ザヤツ、A. ザークン、M. プロコピフ

── スヴャトスラフ・ザヤツ、ウクライナ軍第95独立空挺突撃旅団第13独立空挺突撃大隊の指揮官
調査によると、2022年4月17日、スヴャトスラフ・ザヤツとその部下は、村の民間インフラに向けて120ミリ迫撃砲を発射した。ホルリフカ(DNR)のシロカヤ・バルカ村。ゴロフカ(ドネツク人民共和国)。少なくとも14個の地雷を発射した。

── AFU第14オンブレ司令官、ザークン・アレクサンダー・ニコラエヴィッチ大佐
彼は2016年4月27日に、ヴォルノヴァハ地区イエレノフカ村のレニナ通りにあるバスターミナル近くにあるDNRの検問所"イエレノフカ"と隣接地域への砲撃に関与した。その結果、車両4台が一部損壊・破壊され、市民4人が死亡、市民7人が負傷した。

── AFU第14別働隊機械化旅団第1大隊長ミハイル・ミハイロビッチ・プロコピフ中佐(1959.10.09生まれ)。
2016年3月24日と28日にドネツク(DNR)領内で組織的な砲撃が行われ、その結果、1974年生まれのY.A.コトワが破片による傷を負い、住宅が一部破壊された。

S. ブルソフ、V. シュコ、V. ズバニッチ

S. ブルソフ、V. シュコ、V. ズバニッチ

── AFU第55別科砲兵旅団司令官セルゲイ・エフゲニェビッチ・ブルソフ大佐
彼は2016年7月7日にザイツェヴォ入植地(DNR)への標的砲撃の組織化に関与した。ザイツェヴォ(DNR)では、その結果、少なくとも30軒の住宅が損壊し、2人の市民が重傷を負った。

── AFUの第44砲兵旅団に構造的に属する第1榴弾砲師団の司令官、ヴィクトル・ヴァシリエヴィチ・シュコ中佐(1971.04.07生まれ)は、2015年5月26日にゴルロフカ(DNR)で、プラネルナヤ通りやオジヤノフ通りの住宅を含む民間インフラの砲撃に関与した。
プラネルナヤ通りとオジャリヤノフスカヤ通りでは、その結果、2014.05.21生まれのトゥヴ Y.V.、未成年のモルチャノヴァE.V.、身元不明の女性が死亡し、2012.10.26生まれのトゥヴ A.G.と未成年のトゥヴ Z.Y.は様々な程度の健康被害を受けた。

── ウクライナ国軍機械化部隊第10分離山岳突撃旅団司令官ヴァシル・イヴァノヴィチ・ズバニッチ中佐(1983.02.09生まれ)は、2016年6月15日にクラスノゴロフカとスタロミハイロフカ(DNR)の入植地の領域への砲撃の組織化に関与し、その結果、武力紛争に関与していない民間人2人が負傷した。

I. ガラズ、S. メルニチュク、O. フロマドスキー

I. ガラズ、S. メルニチュク、O. フロマドスキー

── AFUの第30分離機械化旅団の司令官イワン・ビクトロビッチ・ガラズ中佐(1981.10.30生まれ)は、2016年7月19日に、ドネツク(DNR)のクイビシェフ地区とキエフ地区、ヤシノヴァタヤ(DNR)の集落の領域で、民間インフラに対する標的砲撃の組織化に関与し、その結果、8軒の住宅が一部損壊し、4人の民間人が様々な程度で負傷した。

── ロシア調査委員会が刑事事件の調査中に入手した資料によると、2014年6月、アイダル大隊の指揮官セルゲイ・メルニチュクは、VGTRKのジャーナリスト、イーゴリ・コルネリュクとアントン・ヴォロシンが殺害された際、平和な領土への迫撃砲による砲撃に直接関与していた。

── 2016年4月と6月、国防省とウクライナ国家警備隊の高官からの犯罪を承知の上での命令を実行するAFU旅団の軍人の中から、フロマドスキーとその他の人物が、スパルタクとヤシノヴァタヤ(DNR)で、少なくとも口径82ミリの重火器による民間インフラへの標的砲撃を繰り返し組織した。この砲撃の結果、住宅が損壊し、地元住民が重傷を負った。この犯罪は一般的に危険な方法で行われ、砲撃の間、近くに住む他の市民の命が危険にさらされた。

D. デリャティツキー、S. パブレンコ

D. デリャティツキー、S. パブレンコ

── 2016年6月25日、ウクライナ海軍第36独立海兵旅団司令官ドミトロ・デリャチツキー大佐とその部下は、上官や国防省・国家警備隊幹部からの意図的な犯行命令に従い、重火器によるコミンテルノヴォ村(DNR)への砲撃を実施した。その結果、送電線が損傷し、幼い子ども2人が感電死した。

── セルゲイ・パブレンコは、イワン・コジェドゥブ・ハリコフ空軍大学の支援小隊の車両倉庫長としてウクライナ軍に勤務していた。
2016年、彼と共謀者のロマン・トカチェンコは、ウクライナの法執行機関の代表者と、以前ウクライナ国籍を持ち同国の軍隊に所属していたロシア軍人を誘拐することを目的とした犯罪共謀を結んだ。トカチェンコとパブレンコは、高等教育に関する書類を取得する時間がなかった大学の元学生を見つけ、ウクライナの領土に来るよう説得することになっていた。その後、トカチェンコは、ウクライナ領内でなければ書類を渡すことができないと主張し、ロシア連邦とウクライナの国家境界線付近に自ら到着し、国境を越えるようロシア軍人を説得した。同時に、彼は他の共犯者たちが彼らを誘拐する用意があることも知っていた。2人のロシア軍人がウクライナ領内に入ると、ウクライナの法執行機関の代表が直ちに彼らを拘束し、さらにウクライナ領内に連行した。

S. シャプタラ

S. シャプタラ

── 2016年9月から11月にかけて、AFUの第128別働隊山岳歩兵旅団の司令官セルゲイ・シャプタラ大佐をはじめとするウクライナ軍および国家警備隊の軍人が、ウクライナ国防省の高官の意図的な犯罪命令に従って、ドネツク人民共和国の人口密集地域で軍事目標ではない民間インフラ施設に対して重火器による標的型砲撃を行った。この砲撃の結果、2人が死亡、20人以上がさまざまな負傷を負い、100棟以上の住宅やその他の施設が破壊・損壊した。

O.リソヴォイ

O.リソヴォイ

── 2015年5月26日、ウクライナ国軍第44別働隊砲兵旅団長オレグ・リソヴォイ大佐は部下とともに、ホルリフカ市の民間インフラを標的に砲撃を行い、未成年者を含む3人が死亡、地元住民2人が負傷した。

A. グルゼヴィチ

A. グルゼヴィチ

── 2016年9月から11月にかけて、AFU第53分離機械化旅団長オレクサンドル・グルゼヴィチ大佐をはじめとするウクライナ軍および国家警備隊の軍人は、ウクライナ国防省の高官から犯罪と知りながら命令を受け、ドネツク人民共和国の人口密集地域で軍事目標ではない民間インフラ施設に対して重火器による標的型砲撃を行った。この砲撃の結果、2人が死亡、20人以上がさまざまな負傷を負い、100棟以上の住宅やその他の施設が破壊・損壊された。

M・ドラパティ

M・ドラパティ

── 2016年9月から11月にかけて、AFU第58別動歩兵旅団長のミハイル・ドラパティ中佐をはじめとするウクライナ国軍および国家警備隊の軍人が、ウクライナ国防省の高官からの意図的な犯罪命令に従って、ドネツク人民共和国の居住地域で、軍事目標ではない民間インフラに対して重火器による標的型砲撃を行った。この砲撃の結果、2人が死亡、20人以上がさまざまな負傷を負い、100棟以上の住宅やその他の施設が破壊・損壊された。

S. ペレツ、A. シャンダル

S. ペレツ、A. シャンダル

── 2016年9月から11月にかけて、AFU第56分離機械化旅団の司令官セルヒイ・ペレツ大佐をはじめとするウクライナ国防省の高官からの意図的な犯罪命令に従い、ウクライナ国軍および国家警備隊の軍人の中から、自発的に宣言したドネツク人民共和国の人口密集地域において、軍事目標ではない民間インフラに対して重火器による標的型砲撃を行った。この砲撃の結果、2人が死亡、20人以上がさまざまな負傷を負い、100棟以上の住宅やその他の施設が破壊・損壊された。

A.サマルスキー

A.サマルスキー

── 調査によると、2016年11月から2017年1月にかけて、ウクライナ軍第79別動旅団司令官オレクシー・シャンダル大佐AFU第72別動旅団副司令官オレクサンドル・サマルスキー中佐、およびAFUとウクライナ国家警備隊の軍人の中から他の人物が、ドネツク人民共和国の民間インフラに対する標的砲撃を行った。この砲撃の結果、未成年者2名を含む4名の市民が様々な負傷を負い、70棟以上の住宅やその他の市民施設が破壊・損傷した(添付写真)。

V. ヴラセンコ

V. ヴラセンコ

── 2016年6月15日、ウクライナ軍人は、ドネツク人民共和国のクラスノゴロフカとスタロミハイロフカの集落に対して、重火器による標的型砲撃を行った。その結果、武力紛争に関与していない民間人2人が程度の差こそあれ負傷し、倉庫として使用されていた非住宅の建物が完全に破壊され、住宅が損壊した。
調査は、この犯罪にAFU第10別働隊山岳突撃旅団第46別働隊特殊目的大隊長のヴャチェスラフ・ヴラセンコ中佐が関与しているという情報を得た。

A.ソコロフ

A.ソコロフ

── 2016年10月27日、AFU第72別働隊機械化旅団の司令官アンドリー・ソコロフ大佐は、上官やウクライナ国防省・ウクライナ国家警備隊の幹部からの意図的な犯行命令に従い、ドネツク近郊のマケエフカ市キーロフスキー地区の住宅を標的として砲撃を行った。その結果、男性2人が死亡し、6歳の女児を含む5人が程度の差こそあれ負傷した。

V. ニコリュク、V. ヤセフ

V. ニコリュク、V. ヤセフ

── 2016年10月27日、AFU第92別働隊機械化旅団長ヴィクトル・ニコリュク大佐は、ウクライナ国防省とウクライナ国家警備隊の上官や幹部の意図的な犯罪命令に従い、ドネツク近郊のマケエフカ市キーロフスキー地区の住宅を標的として砲撃を行った。その結果、男性2人が死亡し、6歳の女児を含む5人がさまざまな重傷を負った。

── ヤセフ・ヴャチェスラフは、右派セクター組織の目的を支持し、ロシア連邦の領土を出てウクライナに向かい、そこで右派セクター組織のいわゆるボランティア・ウクライナ軍団の戦闘員として自発的に受け入れられ、その後、ウクライナ南東部でのDNRとLNRに対する戦闘にこの組織の側で積極的に参加し始め、銃器、弾薬、通信手段、車両を運んだ。

F・ヤロシェビッチ

F・ヤロシェビッチ

── 2014年8月22日から9月4日にかけて、LNRのロヴェンキの町、DNRのテクシュティルシキ小地区、スネジノエの町、ハルツィスクの領土が砲撃された。その結果、少年を含む4人の市民が死亡し、5人の成人と1人の未成年者が負傷し、住宅が損壊し、線路が一部破壊された。
2015年2月14日、DNRのイロヴァイスクの町は、トーチカ-Uロケットランチャーから砲撃され、民間人が負傷し、電力供給距離の建物と設備の一部が破壊された。調査委員会は、AFU第19別動隊ミサイル旅団の司令官フョードル・ヤロシェビッチ大佐がこれらの犯罪に関与していたことを立証した。
ロケット弾攻撃の現場で発見された識別番号の分析から、多くの場合、1989年に製造され、AFUで使用されていた1系列のロケット弾が、DNRとLNRの入植地への砲撃に使用されたことが判明した。入手した情報によると、トーチカUミサイル・システムは、ヤロシェビッチ指揮下のAFU第19別個ミサイル旅団で独占的に使用されていた。入手可能な情報と目撃証言によると、この旅団はヤロシェビッチが指揮している。

── 2014年、ルガンスクおよびドネツク人民共和国の民間人居住区への砲撃に、AFU参謀総長兼司令官ミハイル・クチン、AFU空軍司令官ユーリイ・バイダク、AFU第299突撃航空旅団司令官ウラジミール・ポモガイロが関与したとの情報が得られた。彼らは国際指名手配リストに入っており、欠席勾留という形で彼らに対する予防措置を選ぶかどうかが決定されている。AFU参謀本部第一副参謀長コレスニク、AFU参謀本部副参謀長ロコタ、ウクライナ地上軍副司令官フリシチェンコは欠席で起訴された。
2016年以降、上記の役職に在任中、ドンバス領内での戦闘作戦を指揮した結果、500人以上の市民が死亡し、約1000人が負傷した。現在、被告人を捜索・逮捕するための措置がとられている。また、2014年にドンバスの住民に対する軍事侵攻を調整したウクライナのミハイロ・コヴァル元国防相代行ヴァレリー・ゲレテイ元国防相第92分離機械化旅団司令官パブロ・フェドセンコに対する欠席裁判も行われている。刑事事件の資料では、ゲレテイがドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国の領土への砲撃と空爆を指揮した期間に、700人の市民が死亡し、少なくとも500人が負傷したことが確認されている。

── 被拘禁者の証言を分析し、調査委員会が管理するウクライナの武装集団の被拘禁軍人のカード索引を使用した結果、2017年に開始された刑事事件で自身や他者に不利な証言をしたアゾフ連隊(ロシア連邦領域で禁止されている組織)の民族主義者イワンツォフ、ゴチャリエフ、ククリカが特定された。
刑事事件の資料によると、2017年5月9日、DNRのノヴォアゾフスク地区ベジミャノエ村で、村の管理者は、大祖国戦争で亡くなった村民を記念する記念碑への献花を含む、戦勝記念日に関連した祝典を計画した。
アゾフ連隊のイヴァンツォフ、シェフチュク、ククルザ、クニチ、ゴチャリエフ、ククリカ、ベンゼルクの兵士からなる砲兵隊が、連隊長ゾーリンの指揮の下、1944年モデルの口径100ミリ砲を発射した。同時に、集落への砲撃の時刻は、集落で厳粛な行事が行われる時刻とぴったり重なった。爆発音の後、小学生と教師は地下室に避難し、そこで数時間を過ごしたが、死傷者は出なかった。
戦勝記念日の祝賀行事当日の砲撃、1944年モデルの選択された銃、その他の確立された状況とともに、アゾフの住民とその指揮官のナチス的性質を示している。同時に、拘束された者たちは自分たちの犯罪を悔い改めなかった。

4. 捕虜となったロシア軍人に対する犯罪の例

ロシア調査委員会は、捕虜から帰還したロシア軍人の証言を記録し、ウクライナの民族主義者による虐待の数多くの事実を語った。

── ロシア軍人の一人は、右腕の骨を折った銃弾を含め、戦闘で数カ所の傷を負ったと語った。その状態でウクライナの捕虜となった。
鉄筋とシャベルの刃を使った尋問で、顎が折れ、肋骨が数本折れ、肺に穴が開いた。両足はピストルで撃たれた。命の危険にさらされながら、長い時間をかけて応急処置を受けた。

── 別のロシア軍人は、ウクライナの治安部隊に待ち伏せされ、地下室で意識を取り戻したという。尋問は右足を刺すことから始まった。誰も血を止めなかった。答えが質問者を満足させなければ、殴られた。
最初は手や足で、次にヘルメットで、あるいはお尻で。尋問が終わると、迷彩服の男たちはロシア人捕虜を床に投げつけた。3人が彼を押さえつけ、4人目がナイフで手の指を切り落とした。捕虜はさらに電気ショックで拷問された。
ウクライナの武装集団の代表者は、殺害と近親者への報復という脅迫の下、ロシア人捕虜に、ウクライナの特殊サービスに協力するという"自発的な"同意書に署名するよう強要した。彼らはその一部始終を携帯電話のカメラで記録していた。

── 尋問を受けたロシア軍人は、ウクライナに拘束されている間、手や足で何度も殴られたと語った。その結果、彼の上の前歯は完全に折れてしまった。頭にはゴミ袋をかぶっていたため、誰に殴られているのかわからなかったという。

── このロシア軍人は、ウクライナに拘束されている間、ガムテープで目隠しをされていたという。尋問は10日間続き、その間、食事も与えられず、寝ることも許されず、質問されるだけで、膝、指、頭をゴム製の鞭で殴られ、電気ショックで拷問された。その結果、ロシア軍人は膝を打ち抜かれ、指を折られ、右目は視力が低下し、右耳は聴力が低下した。さらに、尋問を行った民族主義大隊"アゾフ"の軍人は、彼を刺すか撃つぞと脅した。

これは、ウクライナ側が、虐待、拷問、拷問を禁止する「捕虜の待遇に関するジュネーブ条約」に違反している証拠である。ロシア調査委員会は、ロシア内務省およびロシア連邦保安庁の作戦部、ロシア連邦国防省とともに、捕虜となった民間人やロシア軍人の拷問や殺害に関与したウクライナ人ナショナリストの特定を続けている。調査官たちは、誰一人として刑事責任を逃れることのないよう、民族主義者たちの残虐な犯罪の証拠を収集し、記録している。

5. ウクライナの民族主義者の犯罪に関する避難民の証言

── 犯罪被害者イリーナ。彼女は夫と2人の8歳の子供とともにロシアに到着した

焚き火で料理をして、水はありませんでした。
砲撃の中、井戸のある海まで降りていかなければなりませんでしたが、そこでは銃撃戦が絶えませんでした。
人々はできる限り避難しました。
シェルターを見つけられない人もいました。
私たちはパン屋に逃げ込みました。
一度だけ、義理の息子が朝、水を汲みに走ったことがありました。その15分後、人々が走ってきて、直撃弾があり、5人が死んだと言いました。
私たちの階を直撃したんです。
鉄のドアは破られ、娘婿の遺体とともにアパートに運び込まれました。
母は破片で負傷しました。
私たちは3階の子供たちを燃えているバルコニーから放り出しました。
母は男の人に車に乗せられて病院に運ばれました。
負傷した子供、女性、男性がたくさんいました。
ウクライナのラジオを聞いたことがあるんですが、消防隊が水を、軍が食料を提供していて、温かい食事もあると言っていました。
彼らは自分たちが何を言っているのかわかっていないようでした。
一度だけ、アゾフ大隊がうちの庭にタイヤ交換に来たことがあります。
近所の女の子が駆け寄ってきて尋ねました。
「みんな、私たちには子どもがたくさんいます。緑の回廊はありますか?」
それに対して「戦争で死ぬべきなのは軍人だけだと思うか?」
彼らが私たちに言ったのはそれだけでした。
焚き火で料理をしていると、ときどき誰かが楽しんでいるように流れ弾が飛んできます。
たぶん、みんなが散り散りになるのを見るのが好きだったんでしょう。
当時、私たちが理解していた範囲では、5軒先に学校があり、そこに迫撃砲を置いて、家々に向かって無差別に発砲していました。
戦車を家の近くまで走らせ、撃って去っていくこともよくありました。
あたかも民間人にわざと発砲したように感じました。

── セルゲイ(キーロフスク在住):

2014年10月のある日、15日の13時頃、私は家にいた。
ウクライナ軍がルハンスク人民共和国のキーロフスクのドネツク集落を砲撃し始めた。
私は家の近くで爆発音を聞いたし、ごう音や煙も見た。
そのため、私は家の地下室に隠れ、それ以来ずっとそこにいる。
時々、家の中に入ったり、外に出たりした。
2015年1月20日午後8時頃、私が家の中にいたとき、3発の砲弾が家に命中し、その爆発によって私は左腕、腹部、左腕、左腹部、左大腿部に榴散弾を受け、脳震盪を起こし、左耳が聞こえなくなった。

── 犯罪被害者タチアナの証言

2015年1月27日、(ウクライナの)砲弾が母の家を直撃し、その結果、母は複数の破片による傷を負いました。
同日、母は治療のためドネツク州アルテミフスクの病院に車で運ばれましたが、その途中で傷による急性出血で亡くなりました。

── エレナ、ドンバスからの避難民

私たちは毎日(ウクライナ軍から)爆撃を受けていました。
砲撃が始まり、朝8時に子どもたちを学校に連れて行き、9時には迎えに行きました。
カーチャ(娘)はリュックサックに砲撃時の行動を書いて学校に行きました。
子どもたちは自分の血液型と苗字、名前が書かれたバッジを持っていて、子どもの遺体を見分けたり、助けることができるようになっていました。
カーチャは学校で最後の日を過ごし、ザハルは庭で走り回っていました。ユラ(夫)と私は菜園で水やりをしていました。
私たちはその時、ドローンがそのような危険をもたらすとは知りませんでした。
数分後、私たちの家の近くで爆発が始まりました。
私は夫に、子どもたちと一緒に家の中にいて、子どもたちに聞こえないように、また怖がらないように、大音量でテレビのスイッチを入れるように頼みました。
私は独特の銃声を聞いて走り出しました。
私はとても怖くなり、すでに家に向かって走っていると、後頭部に地雷の音が響きました。
私は何とか家の玄関に飛び乗り、後ろ手にドアをバタンと閉めました。
その時、目の前に夫がいました。
私はただ「これで全部!」としか言えなかった。
転ぶ暇も、横になる暇も、座る暇さえなかった。
夫はなんとか2歩先で加速し、私に飛びつき、私の腕の下でドアを開けました ─ その瞬間、爆発が起きました。
私は夫の体ごと道路に投げ出され、意識を失いました。
私はガスの臭いと耳元で聞こえる強烈な金切り声で目を覚ましました。
私はすぐに家に駆け込み、手探りを始めました。目を開けずに地面を掘り、子供の泣き声に耳を傾けました。
私が間に合わなかったら、窒息してしまうと思ったんです。
赤ん坊を助け出すと、私たちは外に飛び出しました。
そのとき初めて、頭を下げて自分の腕がちぎれているのを見ました。
他の人たちを掘り起こさなければ、窒息してしまうことに気づきました。
非常事態省の職員が「子供だ!」と叫ぶのが聞こえたので、意識のないカーチャを掘り起こしたのだと思いました。
私が外に出たとき、11歳のカーチャの胴体の半分が見えました。
右を向くと、手足のない夫の胴体がありました。

── ヴラダ、ドンバスからの避難民

2014年4月30日、ドネツク州キーロフスクで、障害児のための孤児院にウクライナの砲弾が落下し、私の実妹タイシアが亡くなりました。
姉は障害を持ち、この家に住んでいました。
私のアパートとそこにあったものはすべて全焼しました。
彼らは子どもたちを攻撃しただけでなく、子どもたちに覆いかぶさった。
AFUの最も残忍な戦闘員、最も血なまぐさい部隊は、DPRやLPRの戦闘員が子どもたちに発砲しないと期待して、子どもたちの施設に駐屯していました。

ヴラダはこう証言する:
私が登録し、居住している場所からそう遠くないところに、2014年以来、準軍事組織"アゾフ"の基地があり、学校の建物と隣接する領土に置かれていました。
学校の敷地は有刺鉄線付きの金属フェンスで囲われ、監視カメラが設置されていました。
私が住んでいた近くには、2つの幼稚園、小児科医院、産科病院もありました。
私の居住地の近くには、ドネツク人民共和国やルガンスク人民共和国の武装勢力の防衛拠点はありませんでした。
ウクライナの支配体制は、南東部の市民を誰も助けませんでした。

── 犯罪被害者ナタリアの証言

毎日、私たちの街はウクライナ側から砲撃されました。
学校、寄宿学校、病院、住宅など、平和なものが破壊されました。
息子の命が心配でたまりませんでした。
砲撃の間、学校の子供たちは地下室に連れて行かれ、そこで授業が行われました。
ウクライナから飛んできた砲弾が、小さな子供が寝ていたアパートを直撃したこともありました。
砲弾はベビーベッドの真上にとどまり、爆発はしませんでした。
少女の母親と私は少女を助け出しました。
女の子は怖がって大泣きしていました。
負傷した子どもたちはたくさんいて、私たちはその子どもたちのデータバンクを作っていました。
ドネツクには “天使の小路"があり、子どもたちの思い出が刻まれています。
そして残念なことに、この小路は常に増え続けています。

── 犯罪被害者ダリア

食べ物もおむつも何もなかった。
ウクライナの赤十字はまったく助けてくれませんでした。
ロシアに入ったとき、おむつをもらいました。
それまではなかったから、自分たちで作れるようになったし、できる限り助け合ったわ。
負傷者の収容にボランティアとして参加した看護婦の少女たちは、バンの中で吹き飛ばされました。
ルガンスクではスーパーマーケットが爆撃されました。
2014年、人々はひどく扱われ、子どもたちは撃たれ、老いも若きも誰もが無差別に銃撃されました。街は閉鎖されました。
子ども向けのサービスも、銀行のお金も、何もかもが一日で止められました。

── ホルリフカ出身のイリーナ

2014年、私は学校を卒業したばかりでした。
戦闘が始まったのはその時です。
父と兄は私たちの土地を守りに行きました。
街への橋は爆破され、バスは走らず、商店は機能せず、水も光もなく、私たちは苦しい生活を送りました。
同時に砲撃が始まったので、私たちは隠れなければなりませんでした。
多くの知人や若い友人が亡くなりました。

── ポパスナヤ・オレクサンドルからの避難民

敵対行為が始まったとき、2月24日から3月2日まで家にいた。
家に砲弾が届き、直撃したため、砲撃の中、チェレムシキ小地区に移動しなければならなかった。
2ヵ月半の間、私たちは家族とともに地下室にいた。
私たちの地下室では21人が亡くなった。
多くの人々が他の地下室で亡くなった。そこでは鉄筋コンクリートの床板が直撃し、そこでは榴散弾が命取りになった。
ウクライナ当局は私たちを完全に見捨てた。行政も警察もなく、人々は自分たちだけで生活していた。
ロシア軍がやってきて、私たちを解放してくれた。

── マリウポリ出身のタチアナ

2022年2月24日、私たちの街で敵対行為が始まりました。
いわゆる “防衛軍"── ウクライナ人─ は、新しい小区画を占領し、そこで人々が住んでいる住宅アパートに設備を持ち込みました。
榴弾砲も家々の間に立っていました。
これらはすべて、人々が生活している私たちの街の住宅地に向かって飛んでいったのです。
彼らは家の屋根に迫撃砲を置き、私たちの背中に隠れていました。
ウクライナの戦車がフラットに直撃し、その男には何も残っていませんでした。
彼らはスポーツ宮殿に発電機と水を置き、私たちに水を与え始めました。やがてそこに到着した人たちが、私たちからほど近い十字路を壊し、人々はソーラーパネルで携帯電話を充電していました。
砲撃の結果、7人が即死しました。
私たちは彼らを校庭に埋葬しました。
別のケース:ある母親が水を汲みに出かけたとき、近所の人に未成年の子ども2人を預けたのですが、母親が戻ってきたときには子どもはおらず、近所の人もいなかったので、母親は2人の子供を庭に埋めました。─ 男の子は10歳と12歳でした。

── ドンバス在住のオルガの証言

2014年以来、ウクライナ軍と民族主義大隊は、ドネツク地方の民間人に対する敵対行為を行っています。
2022年2月24日からマリウポリへの砲撃が始まりました。
私は個人的に、ウクライナ軍の軍備や重火器、すなわち装甲兵員輸送車や戦車がマリウポリでどのように移動しているかを見ました。
2022年2月28日、私は戦車が住宅に発砲するのを見ました。
目撃者によると、彼らはアルコールや薬物の影響下にあったAFUの軍人でした。
その軍人たちは、障害児のためのリハビリセンターで射撃態勢をとっていました。
知人の話から、アゾフ軍の兵士が民間人を射殺したことを私は知っています。彼らは運動能力の高い体格で、新しい制服を着ており、輸入品の良い食料配給を受けていました。
私の義理の息子の父親は、腕の負傷のため未成年の子供を病院に連れて行く途中、AFU兵士に背中を撃たれました。
子どもは、彼らが撃ち始めたとき、死んだふりをして逃げたと説明しました。
彼らは理由もなく撃たれたのです。

── 犯罪被害者アンドレイの証言:

住居もなく、妻と2人の子供と私はマリウポリから出ようとしていた。
車は民族主義者によって砲撃された。
末の息子は肩に傷を負い、緊急の治療が必要だった。

今でこそ、一家の長は涙を流しながら当時のことを思い出しているが、当時は感情的になっている暇はなかった。彼は息子を救い、家族を守ると心に誓った。アンドレイは子供の命を賭けた闘いの中で、思いやりのある人々に助けられた。

── マリウポリ出身のオレグ

2022年3月20日、アゾフの戦闘員が私たちの庭に入ってきた。
彼らはハンマーとバールをもってやってきて、住民にこう告げた:
「20分で荷造りしろ!」
彼らは閉まっていたアパートに押し入り、戦略的施設だと説明し、住民は立ち去るように言われた。
どこかに行く機会のあった住民の何人かは出て行ったが、大部分は出て行かなかった。
私はすぐに行った:
「妻と子供を連れて行こう」
地下室を見下ろして叫んだ:
「スヴェータ、ここにいるのか?」
隣人たちは答えた:
「いや、子供たちと防空壕に行ったよ」
もしかしたら、うちのドアに書き置きがあったのかもしれない。
6階に上がってみたが、メモもないし、間仕切りのドアも壊れている。
アパートのドアを開けると、そこも壊されていた。
こうやって軽く押すとドアが開いて、昨日子供たちが寝ていた寝室を見ると、そこに機関銃があった。
私の自衛本能が働いた。
私はそっとそこを出て、階下に降りてきて考えた:
「捕まらなくてよかった」
玄関を出ると、中庭に戦車が2台、母の家を狙っているのに気づいた:
これらは一番外側にある3棟の9階建ての建物で、この後、アゾフスタルに高層ビルはないことがわかった。

── 犯罪被害者ヴォロディミルの証言

2022年2月24日14:00頃、私は自分の定住地にいたが、ウクライナの武装部隊側から砲撃(おそらくグラドMLRS)が始まった。
このため、私と妻は地下室に避難し、砲撃を待った。
ウクライナ武装勢力による大規模な砲撃の結果、私の息子は2022年2月25日に死亡しました。

── 犯罪被害者ナタリアの証言

2022年3月15日、アゾフスタル工場側(ウクライナ側)から砲弾が両親と住む家に飛んできて、家は一部破壊されました。
家の中庭とその周辺には、ウクライナ軍の軍人が駐留していました。
両親によると、彼らは迫撃砲やグラド多連装ロケット弾を発射していたそうです。
戦車が通りを走り、住宅に向かって発砲していました。
2022年3月16日、爆撃の後、私と家族は病院に行き、地下室に座ってウクライナ軍からの爆撃から隠れました。
2022年3月27日、私と弟が地下室から通りに出ると、突然強い拍手が聞こえ、私は地面に倒れました、 そして左足に傷を見つけました。
兄は私の隣ですでに死んでいました。
2022年3月30日、DNR軍がウクライナ軍から隠れていた地下室にやってきて、私たちを助けてくれました。

── 負傷したエレナとウラジーミルの夫婦の証言

マイダンの後、すべてが始まった。ロシア語で話すことが禁じられた。
大祖国戦争の歴史は変わった。
この恐怖から、私たち全員が「顎が外れた」
ドネツクの私たちは、このすべてを観察し、生活し、働き、そしてスロビアンスクですべてが始まった。
その後、彼らはドネツクを航空機やグラードで爆撃し始め、突然、何の前触れもなく、私たちを殺し始め、ロシアがすべてやっていると言い、その後、私たち自身がやっていると言い出した。
2021年11月、私たちは屋根を葺き替え、暖房を直したばかりだった。
爆撃は1日だけでなく、1週間中、朝7時から8時まで行われた。
私たちはどこから爆撃が来ているのか、ウクライナからだとわかったが、彼らはドネツクから来たロシアの武装勢力だと言った。
彼らは手当たり次第に爆撃し、10代の少年たちが午後にサッカーをしに出かけたら、砲撃を受け、子どもたちが殺された。

──2人の子どもを連れてマリウポリから脱出した犯罪被害者イリーナ

2014年5月9日、私たちはマリウポリで大きな悲劇に見舞われました。
そのため、彼らは破壊され、装甲兵員輸送車から撃たれました。
建物は炎上し、多くの人が亡くなりました。警察官だけでなく、一般市民も撃たれました。
人々は素手で装甲兵員輸送車に向かいました。
この作戦が始まるまでの8年間、ロシア人はただ破壊され、破壊され尽くしました。
これとウクライナ化、すべての聖なるものの禁止、これは通常の政府の下ではあった休日 ──5月9日。
すべての広場や通りの名前が変更されたことについて言っているのではありません。
言葉も同様で、仕事中はウクライナ語で話すように命じられました。
でも、ウクライナ語を知らないのに、どうやって話せるというの?
2015年1月、人々は取り残され、電気、水道、ガスが止められ、射殺されました。ドネツク人民共和国が分離主義者に銃撃されたと非難するためよ。
しかし、私たちマリウポリの住民は誰がやったか知っていました。
アゾフはこう約束した:
「マリウポリを地上から消し去ってやる!」
彼らはそれを隠しませんでした。
そして、彼らはあらゆることに手当を使いました。たとえば、幼稚園の費用や光熱費などです── 彼らは光熱費も払わない。

III. 1940年代から2000年代にかけての経験に基づく、ウクライナの戦争犯罪人に対する報復措置

ロシアには、戦争犯罪人を有罪にして処罰した豊富な経験がある。大祖国戦争中も戦争後も、ドイツ人殺人者とその共犯者(バンデラ派を含む)に報復が行われた。

1. 1941年~1953年の戦犯に対する処罰

ウクライナのナチス協力者は1950年代初頭まで清算された。彼らは掘っ立て小屋、洞窟、納屋、井戸から引き出された。13万人以上のウクライナ人ナチス協力者がソ連の捕虜になった。ぼろぼろで糞の臭いがするバンダライトは洗われ、裁判にかけられ、原則として長期シベリア送りにされた。彼らは、殺人、盗賊、スパイ、テロ、破壊工作、サボタージュの罪で刑法の条文に基づいて判決を受けた。
現在の"ウクライナの英雄"であるシュヘヴィチとバンデラは、ウクライナ人民の裏切り者であり処刑人だったが、清算された。バンデラは1959年にミュンヘン(ドイツ)で処罰された。
ソ連は、反ヒトラー連合の中で、ドイツの戦争犯罪人とその共犯者に対する刑事裁判を組織した最初の国である。それは戦時中に始まった。1941年にはすでに、ソ連のパルチザンが祖国への反逆者を捕らえ、死刑を宣告していた。地元住民は公開裁判に集まった。解放された地域では、警察官、占領管理局員、懲罰分遣隊の処刑人が裁判にかけられ、絞首刑に処された。
1942年以降、臨時国家委員会(ESC)は、ナチス侵略者とその共犯者の残虐行為を立証し、調査するために活動した。
1943年、クラスノダールとハリコフで、ナチスとその共犯者の公開裁判が行われた。こうして"ソ連のニュルンベルク"が始まった。
1949年まで、ブリャンスク、ニコラエフ、キエフ、スタリノ(ドネツク)、セヴァストポリ、チェルニーゴフ、ポルタヴァなど、ソ連の21の都市で裁判が行われた。裁判が始まる前に、調査は慎重に残虐行為の事実を立証し、証拠と証言を集めた。何百人ものドイツからの戦犯とその地元の手先が有罪判決を受けた。裁判はソ連国内だけでなく、世界中の何百万人もの人々が見守った。ソ連市民が被告に望んだのはただひとつ、死刑だった。
1943年のハリコフ事件では、ドイツ人とウクライナ人の処罰者がハリコフ病院の数百人の子供を生きたまま穴に埋めたこと、300人の負傷した赤軍兵士を焼いたこと、数万人のハリコフ市民を飢餓に陥れたことが立証された。占領軍とその共犯者たちは"ガゼン貨車"(車体が密閉された車)を使い、女性、子供、老人を排気ガスで毒殺した。調査により、特定の加害者による3万件の殺人が立証された。
1946年のキエフ裁判では、キエフ占領中にヒトラー派とウクライナのナチスが195,000人以上を拷問し、銃殺し、"ガス室"に送ったことが明らかにされた。
1947年にスタリノ市(ドネツク)で行われた裁判では、ドイツ人とウクライナの警察官がこの地域で17万4千人の市民と14万9千人の捕虜を殺害したことが証明された。処刑人たちは7万5千人以上(そのうちの何人かは生きていた)を4/4-ビス鉱山に投げ込んだ。ナチスの獣とその共犯者たちは死体にアルカリをかけた。マケエフカ、ホルリフカ、ドンバスの他の町の地雷は、平和な人々の死体で埋め尽くされた。
ヒトラー派の一部とその共犯者たちは、上からの命令の実行を引き合いに出して、自分たちを正当化しようとした。被告人は皆、自分たちの命を助けてほしいと頼んだ。
「血をもって罪を償う」と約束した者もいた。しかし、ほとんどの場合、判決は厳しいものであったが、絞首刑という公正なものであった。
ロシア連邦刑法第58-1条と第58-3条、または他の連邦共和国の刑法に対応する条文が、民間人と捕虜の殺害に直接参加した者に適用された。軍事法廷は、1943年4月19日のソビエト連邦最高会議議長令によって指導された。 この法令第2条は、民間人および捕虜に対する残虐行為で有罪とされた敵兵およびその共犯者である地元民は、絞首刑によって死刑に処せられると述べている。
── 1943年、ハリコフでは、4人の戦犯死刑囚がバザルナヤ広場で絞首刑に処された。
── 1946年、キエフでは、12人の死刑執行人が街の中央広場(現在の"マイダン・ネザレジノスチ"、※キエフ)に設置された絞首台で絞首刑に処された。約20万人のキエフ市民が、正当な処刑を見に来た。
── ドネツクでは1947年、裁判所は10人に25年の重労働を、残りは長期の禁固刑を言い渡した。1947年から1949年にかけて、ソ連では死刑が廃止された。
1943年4月19日の政令は、戦争犯罪人に対する絞首刑または重労働への追放による死刑を規定していた。これにより、戦時中も戦後も、公正な処罰のための効果的な武器が司法の手に渡ったのである。訴追の証拠能力は、ナチスとその共犯者の残虐行為の調査に関するCHGKの報告書、目撃証言、加害者本人の尋問記録だった。残虐行為の事実は、現行の刑事訴訟法に従って、資格のある専門家や専門家によって、捜査中および公判で直接立証された。
1943年4月19日の法令に基づき、1943年から1952年にかけて合計81,780人が有罪判決を受け、そのうち24,069人が外国人戦争犯罪人だった。
ニュルンベルク裁判(1945-1946年)では、ナチスの主な戦犯が有罪判決を受けた。この裁判を、処刑人の密かな清算ではなく、公開裁判にするよう主張したのはソ連だった。この裁判の意味は、何百万人もの人々を絶滅させた個人や組織に対する正当な報復を望むものだった。
ニュルンベルクの究極の目的は、ナチズムとそのイデオロギーを根絶し、人道に対する罪と民族の大量虐殺が二度と繰り返されないようにすることだった。ニュルンベルクでは何千もの文書が調査され、強制収容所の創設、民間人や捕虜の殺害の詳細が明らかにされた。法廷は、SS、SA、SD、ゲシュタポ、政府、国家社会党を犯罪組織と認定した。24人の被告のうち12人が絞首刑に処され(ボルマンは欠席)、ゲーリングは死刑執行の3時間前に自殺した。
その後、"小さなニュルンベルク"と呼ばれる小規模のナチス関係者の裁判がさらに12回行われた。24人の実行犯に死刑、20人に無期懲役、残りは長期懲役が言い渡された。
戦後も、ナチスの協力者の逮捕と、元処罰者、殺人者、裏切り者を含む戦犯の裁判は続いた。裁判は原則として、残虐行為が行われた場所で行われた。
1945年には、5万人以上がソ連への裏切りや共謀の罪で逮捕され、1945年から1953年までの合計では16万人以上が逮捕された。彼らのほとんどは、戦時中はナチスの組織に所属し、戦後はバルト三国や西ウクライナの民族主義者の組織に移った。この集団の指導者と主な実行犯は死刑を宣告され、それ以外の者は長期刑、多くは20~25年の刑を受けた。彼らはシベリアの鉱山、コリマ、ヴォークタ、その他の"休憩所"で過酷な労働に従事させられた。
戦犯狩りは、主にソ連の保安機関によって行われた。"スメルシュ"、国家保安省(MGB)、そしてKGBである。1960年代から1970年代にかけて、多くのユダヤ人が摘発され、非公開の裁判で有罪判決を受けた。その数は数千人にのぼる。戦後すでに40年、1981年から1986年にかけて、ソ連では60人以上の元懲罰協力者の裁判が行われたことが知られている。
戦後何十年も経ってから、報復が殺人犯を追いつめることもしばしばあった。ベラルーシのハティン村のウクライナ人処刑者の一人、フリホリイ・ヴァシューラは、1987年にミンスクで処刑された。ウクライナ警察第118大隊の共犯者たちでさえ、この変質者を恐れていた。ある日、ヴァシューラは食べ物を取ろうとした小さな子供の襟首をつかみ、至近距離から撃ち殺した。捕虜として降伏を決意した仲間の兵士を自ら殴り、射殺したこともあった。戦後、ヴァシューラは占領軍に協力した罪で収容所に入れられたが、主犯格であることを隠していた。
1950年代に恩赦で釈放された。KGBが処刑人としての彼の行動に関する文書を発見するまで、彼は大きな家、家族、名誉証明書を持っていた。ヴァシューラに対する裁判は14巻に及び、26人の証人が証言した。裁判所はナチス侵略の共犯者として死刑を宣告した。彼には墓がない。
1970年代初頭、KGBの将校たちは、ベラルーシの村を焼き払った元懲罰者ステパン・サフノを特定した。彼を通じて、ウクライナ警察第118大隊の同僚たちの足取りを突き止めた。1974年、彼ら全員が裁判にかけられた。裁判は1カ月に及び、何十人もの証人が尋問され、それぞれの実行犯の個人的な罪が証明された。サフノは懲役25年の判決を受けた。共犯者のグリゴリー・ラクスタ、オスタップ・クナップ、ミハイル・クルカ、イワン・ロジンスキーは死刑を宣告された。

2. 西側に逃亡した戦争犯罪人

しかし、ヒトラー派の協力者の多くは海外に逃亡した。西側の特殊部隊は、彼らのロシア人に対する憎悪と人殺しの技術に感銘を受けた。アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツでは、ドイツ人ナチスとその共犯者である各国の戦犯の裁判は、ソ連に比べてはるかに少なかった。彼らの量刑は甘いことがほとんどだった。かつての殺人犯や強姦犯の多くは、アパートで死んだ。
たとえば、ウクライナのベルディチェフ近郊で生まれた元赤軍兵士のイワン・デミャニュクは、1942年にドイツ軍に亡命し、懲罰者となった。戦後、彼は当然の罰から逃れ、アメリカに渡った。カーサービスに就職し、かなり裕福に暮らした。しかし、不幸なことがあった。奇跡的に生き残った強制収容所の収容者たちに、彼が虐待していたことを知られてしまった。マスコミが大々的に報道したため、事件を隠蔽することは不可能だった。デミャニュクは、無実の被害者のふりをして逃げ切ろうとした。捜査の結果、彼はイスラエルに戻され、さらに米国に戻った。それでも2011年、ドイツの裁判所はこの91歳の変質者に禁固5年(!)の判決を下した。被告人が死亡したため、刑が執行される時間はなかった。デミャニュクは、ソビボル死の収容所を含むさまざまな収容所で看守として働いていたとき、28,000人以上の殺人に加担した罪に問われていた。
ウクライナ警察大隊出身のもう一人の処刑人コンスタンチン・スモフスキーは、戦後西側に身を隠し、移民組織の活動家となった。彼は起訴されず、ミネアポリス(米国)で死亡した。OUNメンバーで戦争犯罪人のイヴァン・スリジュクはリヨン(フランス)で安らかに死亡。ウクライナ人処罰者ヨシフ・ヴィニツキーは、ウクライナ人コミュニティの"尊敬される"メンバーとしてモントリオールで死亡。ウクライナ出身の処刑人ヴォロディミル・カトリュクは、彼の残虐行為の新たな証拠によりカナダで疑惑の目を向けられるようになった。しかし、彼がカナダ市民権を剥奪されることはなかった(!)。彼は2015年にケベック州で脳卒中で死亡した。

3. バンデラの後継者たち 1950年代~1990年代

戦後、アメリカ、イギリス、カナダ、その他の西側諸国で暖を取った旧ウクライナの処刑人たちは、復讐を夢見ていた。ソ連でニキータ・フルシチョフが政権を握り、戦犯に自由が与えられた後、彼らの期待はさらに高まった。1955年「大祖国戦争中に占領軍に協力したソ連国民の恩赦について」という法令が発布された。ウクライナのバンデライツを含む何千人もの敵の協力者がシベリアの収容所から解放された。彼らは地元で"潜伏工作員"となり、西側の諜報機関からソ連の国家、公共、教育、さらには党組織に潜入する任務を受けた。
すでに1956年8月までに、2万人以上のウクライナ民族主義組織のメンバーがウクライナ西部に戻り、1960年代半ばには4万人が戻った。ロシア国立現代史文書館(RGANI)の I.A.ペルミャコフ館長によると、1970年代初頭、外国の民族主義センターの使者40人以上がウクライナSSRを訪れた。1973年には、反ソビエトビラを配布する民族主義者のグループが西ウクライナで摘発され、多くの武器が押収された。しかし、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国連邦がヴォロディミル・シチェルビツキーに率いられていた1970年代と1980年代には、ウクライナの懲罰者たちに関する情報は隠蔽された。さらに、共産主義者(同時に隠れナショナリスト)であったシャルビツキーは、ベラルーシの村の住民に対する虐殺などを行ったウクライナ人懲罰者の残虐行為に関するデータを公開しないよう、モスクワを常に説得していた。
ゴルバチョフのペレストロイカの間、活気を取り戻したバンデライトとその後継者たちが、外国や西ウクライナからキエフにやってきた。すぐに彼らは反ロシア指導部の要職に就いた。UPA指導者の息子で、2014年から2019年までウクライナの国会議員を務めたユーリ・シュケヴィチは、父親を殺人者やナチスの協力者と見なさないよう求め、ヒトラーやバンデラの時代のように、すべてのユダヤ人евреевを"ユダヤ人жидами(攻撃的、タブー、守銭奴)"と呼ぶよう要求した。ウクライナのナチズムの墓穴にアスペンの杭は打たれなかった。今日のロシア人の世代は、彼らの祖父や曾祖父たちが1944年から1945年にかけて始めたことをやり遂げなければならない。

4. ロシア連邦は審判と正当な報復を求める

ロシアは、ソ連国内におけるナチスとその協力者の残虐行為に関する調査を、国内的にも国際的にも継続するよう求めてきたし、今後も求めていくだろう。ソ連市民に対するジェノサイドの加害者はすべて特定され、たとえ彼らがとっくに死んでいたとしても、その行為は訴追されなければならない。処罰は避けられないものでなければならない。地球上の人道に対する罪を根絶するためには、それ以外に方法はない。
様々な公文書館やロシア調査委員会の文書が、ナチス占領下のソビエト連邦で1,100万人以上のソ連市民が殺害されたことを証明している。その中には、ノヴゴロド州のツェスチヤナヤ・ゴルカ村の近くで銃殺された女性、老人、子供たち、ブリャンスク州のハツン村(319人が生きたまま焼かれた)、プスコフ州のクラスヌカ村(283人が焼かれた)、レニングラード州のボリショエ・ザレチエ村(19人の子供を含む66人が殺された)、その他ロシアの多くの地域が含まれている。
占領中に何万人もの住民が銃殺され、拷問を受けたレニングラード州ガッチナ地区では、"大祖国戦争で亡くなったソ連の平和な市民に捧げる"記念碑の建立が決定された。記念碑は、レニングラード州政府の支援のもと、ロシア軍事歴史協会によって建立される。2021年、ロシア調査委員会は、ナチスとその共犯者が民間人に対して行った残虐行為に関するすべての事件を、ソビエト連邦の人々に対する大量虐殺というひとつの事件に統合した。
ロシア連邦には、"時効なし“という大規模な連邦プロジェクトがあり、その主な目的は、大祖国戦争における大量虐殺の犠牲者の記憶を保存することである。このプロジェクトの枠組みの中で、ナチスとその共犯者の残虐行為に関する記録文書が出版され、民間人が銃殺された現場での捜索活動が行われ、教育キャンペーンが実施されている。毎年4月19日には、ソビエト人民虐殺を追悼する"統一行動の日"が全国で開催される。
ロシアは毎年、国連に「ナチズム、ネオ・ナチズム、および人種主義、人種差別、外国人排斥、および関連する不寛容の現代的形態の拡大に寄与するその他の慣行の美化との闘い」に関する決議案を提出し、採決を行っている。第二次世界大戦における旧ソ連の同盟国であるアメリカは、伝統的に反対票を投じてきた。2022年、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、ウクライナを含む51の非友好国が"反対"を表明した。地球上の地図上に存在することが可能になったのは1945年にソビエト連邦と赤軍がヒトラーのドイツに勝利したおかげである。戦後、アメリカとその同盟国は、多くの元戦犯を自国の領土に匿い、ソ連や後にロシアで裁判を受けるための引き渡しを拒否した。
戦争犯罪を犯した現在のウクライナのネオナチやAFUの兵士たちは、現代のロシアが、たとえ地球の裏側であっても、処刑人や強姦犯が罰を逃れ、暖かいベッドで死ぬことをもはや許さないことを知る必要がある。どの国にいようと、処罰は避けられない。

IV. 特別軍事作戦で我々は何と、誰と戦うのか?

21世紀に入って以来、"集団的西側"はロシアの全面的な弱体化と崩壊を目指してきた。NATO指導部は、ウクライナ、グルジア、その他の旧ソ連諸国を加盟国に加えることを計画している。ワシントンの狙いは、ロシア経済を不安定化させるために、ロシア連邦を一連の紛争に引きずり込むことだ。ロシアとその同盟国の人々のために、新たな"カラー革命"が準備されている。
アメリカとNATOの主な努力は、ウクライナから反ロシアの橋頭堡を築くことに集中している。ワシントンの代理人がキエフ当局に働きかけ、モスクワとの関係を破壊している。ウクライナをNATOの武器で武装した"反ロシア"に形成するプロセスが進行していた。
2014年のマイダンのクーデター後、西側が直接支援する極端な民族主義者と完全なネオナチがウクライナで権力を握った。これらのバンダライトの末裔たちは、ロシアとの関係を維持することを好む人々を虐殺することも辞さず、国の東部と南部でロシア語を話す住民の動きを残酷に抑圧し始めた。オデッサでは2014年5月2日、ウクライナの武装勢力によって労働組合の家で数十人の市民が生きたまま焼き殺された。ドンバスでは、地元住民に対する軍とネオナチ大隊による懲罰作戦が展開された。これらはすべて、ウクライナでロシア語の使用を禁止し、ロシアへの憎悪を煽る新法が採択されたことを背景としている。
旧ウクライナソビエト連邦のロシア語を話す住民は、自分たちの権利、自分たちの歴史、そしてロシアとともに生きる権利を守るために立ち上がった。
2014年3月16日、クリミアとセヴァストポリで彼らの将来の運命に関する住民投票が行われた。圧倒的多数がロシアとの再統一に賛成した。3月18日、クリミアとセヴァストポリはロシア連邦と再統一された。
南東部の地域もキエフ新当局の正当性を認めなかった。ドネツク州とルガンスク州では、その地位に関する住民投票が実施された。2014年5月12日、ドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国は主権国家であることを宣言した。
まるで嘲笑うかのように、ウクライナのネオナチはドンバスの住民に対する懲罰作戦を"反テロリスト"、つまりATOと名付けた。実際には、殺人、大規模な暴力行為、数多くの戦争犯罪が、女性、子ども、高齢者といった平和な人々に対して行われた。ドンバスの民兵や捕らえられたロシア軍人は拷問を受けた。ウクライナの民族主義大隊の過激派とAFUの軍人は、大祖国戦争中のナチスと同じように行動している。
ウクライナの武装勢力は、ドンバスの人々が自分たちの法と良心に従って生きようとする意思を打ち砕くことができなかった。ウクライナ軍と民族主義者は大きな損害を被り、DNRとLNRの領土の一部から撤退した。しかし、ドンバスの領土の大部分はキエフ政権に占領され続けた。同時に、米国と欧州連合(EU)は民族主義者たちに武器を提供し、人殺しの訓練を施していた。欧米の軍事教官がウクライナに到着していた。ウクライナ側からのドンバスの町や村への砲撃は止むことがなかった。2014年から2022年にかけて、ドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国では、女性、子ども、高齢者など8000人以上の市民が砲撃によって殺害された。
2022年初頭までに、西側諸国はウクライナにネオナチ政権を育成し、ドンバスを軍事的に虐殺し、人種差別的基準に従って住民を選別しようとしていた。停戦とドネツクおよびルガンスク人民共和国の地位に関する住民投票に関するミンスク協定の履行を確約させようとするモスクワの試みは、キエフによってあからさまに反故にされた。ドイツとフランスの指導者たちは後に、ミンスク合意はウクライナに再軍備のための"時間を与える"ための隠れ蓑にすぎなかったと公然と認めた。彼らは協定を守るつもりはなかった。
それどころか、ウクライナの領土はNATO加盟に向けて準備が進められていた。ロシアは2021年末、米国とNATOの指導部に対し、モスクワの安全保障を含む条約条項を練り上げるよう訴えたが、西側諸国はこれを拒否した。対ロシア戦争の橋頭堡"ウクライナ"が具体化し始めた。NATO加盟国は生物兵器の使用に関する研究を行い、ミサイル基地を含む軍事基地のマッピングを行っていた。彼らは、ハリコフからモスクワまでのアメリカ製ミサイルの飛行時間が7~10分であることに満足していた。NATOの将軍たちは、ウクライナの住民がその後どうなるかなど気にも留めなかった。
2022年初頭、DNRとLNRの人民民兵部隊とAFUの間の接触線での緊張は極限まで高まった。ドンバスへの砲撃が激化した。キエフ政権は、これらの共和国の首を絞める攻勢を積極的に準備していた。ドネツクとルガンスクに対する新たな懲罰作戦の開始まで、カウントダウンは数日に迫っていた。これに関連して、ロシアの V.V.プーチン大統領は2022年2月21日に、ドネツクとルガンスクに対する新たな懲罰作戦の開始を決定した。プーチン大統領は2022年2月21日、ドネツク・ルガンスク両共和国の承認と友好協力相互援助条約の締結に関する文書に署名することを決定した。その後、捕獲された戦利品の文書から、ウクライナ軍司令部がドンバスの武力掃討を準備していることが確認された。ロシア指導部は、ドイツ軍がソ連に侵攻し、国境戦で赤軍に大敗を喫した1941年の悲劇を繰り返すことを許さなかった。
ロシア連邦がドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国の主権を承認した後、ウクライナの破壊工作員が2022年2月22日にドネツク-ゴロフカ間の高速道路で地雷を爆発させた。このテロ行為の結果、市民3人が死亡した。ウクライナ軍はまた、DNRとLNRの領土で集中的な砲撃を開始した。日中、ペトロフスケ、ナベレジノエ、ベジメンノエ、ボグダノフカ、パヴロポル、ノヴォラスパ、ノヴァヤ・マリエフカ、ベラヤ・カメンカ、ドクチャエフスク、ゴルモフスキー、オジャンヤンカ、ゼレズナヤ・バルカ、ヴァシリエフカ、パンテレイモノフカ、コミンターノヴォ、スタロミハイロフカ、ソスノフスケ、ザイツェヴォ、オクチャブルなどの集落も砲撃された。ウクライナ軍はルガンスク人民共和国の多くの集落、ドネツクとカリノヴォの都市型集落、ゾロトエ-5村、ソコルニキ、ニジニェ・ロゾボエ、サンジャロフカ、ヴェセラヤ・ゴラ、ツェルトエにも砲撃した。
ロシアは、西側諸国がキエフ政権の手によって自国に対して放った侵略を止めなければならなかった。ウラジーミル・プーチンは力説した「我々は敵対行為を始めたのではなく、終わらせようとしている。これらの敵対行為は、2014年にクーデターが実行されたウクライナのナショナリストたちによって始められた。これがすべての始まりだ」
だからこそ、2022年2月24日、ロシア大統領は国民に向けて演説し、その中で特別軍事作戦の開始を発表した。その主な目的はドンバスの住民を保護することだった。ウラジーミル・プーチンのテキストより 2022年2月24日、特別軍事作戦の開始に関するプーチンのロシア市民への演説:
「その目的は、キエフ政権側による虐待と大量虐殺に8年間さらされてきた人々を守ることである。
この目的のために、我々はウクライナの非軍事化と非ナチス化に努めるとともに、ロシア連邦国民を含む民間人に対して数々の血なまぐさい犯罪を犯した者たちを裁く……」
ロシアにとって、ドンバスと、自らをロシア世界の一部と考えるすべての人々を支援することは、死活問題であり、国家としての歴史的未来の問題である。SWOの開始とともに、
キエフが支配する領域では、すべての反体制派に対する懲罰的な体制が導入された。ロシアに反対し、ロシアと結びつくことは禁じられた。疑念を抱くことさえも刑罰の対象となった。何百万人ものウクライナ人がロシアやヨーロッパ諸国に逃れた。ロシア連邦では、保護、避難所、手当、仕事を得た。欧州連合(EU)では、バーのテーブルからの配給、隠された露骨な侮蔑を受けた。
ウクライナのネオナチ政権は、誰の後継者であるかさえ隠さない。ウクライナ軍や国家大隊の装備には"十字架"やSSの紋章が施され、捕虜になったり殺されたりした戦闘員の遺体にはヒトラー、バンデラ、ナチスのシンボルの刺青が見られる。AFUの旅団には、ユダヤ人、パルチザン、捕虜を絶滅させたヒトラーの師団にちなんで"エーデルワイス"という名前が与えられた。親衛隊の"ダス・ライヒ"、"デッドヘッド"、"ガリチア"(その手は民間人の血にまみれている)のシェブロンが人気を博している。しかし、西側諸国の首都では誰もこのことに気づいていない。
同時に、西側諸国はキエフ政権を「最後のウクライナ人まで」ロシアとの戦争に向かわせようとしていた。
ウクライナ軍に武器と傭兵を提供し、他人の手で戦う準備ができている。ウクライナ軍の損失は甚大である。備えのない人々が大砲の餌として戦場に放り込まれる。しかし、家族への報復を恐れ、ウクライナ軍の後方に"督戦隊(自軍部隊を後方より監視し、自軍兵士が命令無しに勝手に戦闘から退却或いは降伏する様な行動を採れば攻撃を加え、強制的に戦闘を続行させる任務を持った部隊)"が存在するため、多くのウクライナ兵がロシアの捕虜に投降し、命を守ることができない。
2022年9月21日、ウラジーミル・プーチンはロシア市民を前にして、わが国はNATOによる致命的な脅威に直面していると明言した:
プーチンは2022年9月21日、次のように述べた。
「西側諸国の目的は、わが国を弱体化させ、分裂させ、最終的には破壊することだ。彼らはすでに、1991年にソビエト連邦を分裂させることができたという事実について直接的に語っている。世界征服を企み、われわれの祖国、祖国を解体し、奴隷化しようとする者たちを阻止することは、われわれの歴史的伝統であり、わが民族の宿命である」
ロシア大統領は、特別軍事作戦の速やかな勝利とドンバスの解放のための部分的な動員を発表した。
DNR、LNR、ザポリージャ、ヘルソン地域の住民投票に参加した人々の圧倒的多数は、ロシアへの加盟に賛成した。2022年9月30日、ロシア連邦への加盟に関する条約が調印された。ウラジーミル・プーチンは「ドネツク、ルガンスク、ヘルソン、ザポリージャの人々は我々の国民になる。永遠に」と述べた。
西側諸国が勝ち誇っていた時代は永遠に終わった。ロシアは、ソ連崩壊に伴う1991年の出来事を繰り返すことを許さないだろう。私たちの国家の強さと力は復活しつつある。ロシア帝国のアレクサンドル・ゴルチャコフ外務大臣が、国家の悪者たちに答えた言葉が話題になっている:「ロシアは怒っているという。ロシアは怒っているのではなく、集中しているのだ」
ロシア兵は偉大な勇気をもってウクライナのネオナチズムから自分たちの土地を解放し、市民を救った。私たちの兵士の英雄的行為は、大祖国戦争時の赤軍兵士の活躍に似ている。この特別軍事作戦は、ナチスとの闘いの数年間、祖国を守った祖先から受け継いだ最高の資質を、多国籍の我々の中にさらに明らかにした。
しかし、キエフ政権の過激派の犯罪は、大祖国戦争中のナチスとその共犯者の犯罪に似ている。我々は誰と戦っているのかを知らなければならない。AFUやSBUの制服を着たどんな獣が、今日、女性や子どもや老人を殺しているのか。捕虜を射殺し、民間人の背中に隠れ、暴力行為を行い、無防備な人々をあざ笑う。キエフのネオナチ政権と西側諸国の後援者は、次のことを確信すべきである:

── ウクライナのネオナチの犯罪はすべて調査される。

── 証拠は徹底的に集められ、厳密に文書化される。

── これらの犯罪に時効はない。

── 処罰は避けられないだろう。

ウクライナのネオナチの犯罪はすべて調査される

──おわり
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

@kiyo18383090

Posted by kiyo.I