ファスティング 甘いものがやめられない!

2016年3月2日健康,ファスティング

ファスティングっていいことだらけって喜んでいたのもつかの間、甘いものがやめられなくなってしまいました。調子がよくなってきた安心感もあって、これくらいだったらいいかって油断してしまいました。

とは言え、ファスティングをするといろいろと良いことがありました。
朝、目覚めが良くなった。疲れが早く回復する。意欲が湧いて、したいことに時間をかけられる。胃の調子に敏感になって食事の量を加減できる。肌に張りが戻ってきた。などなど。
中でも、意欲が湧いてくるのが一番うれしいです。いろんなことに積極的になってきます。それも自然に。
食べる、とは不思議です。ファスティングって言葉、初めて聞くって方には、動画を見ていただくのが早いです。

 

もともと、10年くらい前にマクロビオティックと出会って、マクロビを取り入れた食事をしていましたので、風邪を引くことはなく、病院にもこの10年、行ったことがありません。
ただ、なぜか寒がりになってしまいました。理由は、甲田療法で知られる甲田光雄さんの本で納得できました。
マクロビだと生野菜は陰で体を冷やすととらえます。それで生野菜は減らして、温野菜をと、野菜にはなるべく熱を加えていました。
逆だったようで、生野菜を意識して食べるようにしてから、寒さに強くなったようです。

「腹八分で医者いらず、腹六分で老いを忘れる、腹四分で(神)仏に近づく」という言葉があります。食べる量を減らすだけで? と不思議な気持ちになります。
こればっかりは、自分で体験してみないことにはなんとも言えません。ファスティングはこの言葉の実践です。

アイスクリームを食べる

いいことだらけ。のはずが、、、

一日二食で、いい事ずくめの毎日、ところがそうは問屋がおろしません。
というのは、このところ変な癖がついてしまいました。仕事中、休み時間にチョット、おやつを。少しだからいいかと思い、チョコレートとかアンパンを食べてしまいました。それがいけませんでした。
やめられなくなってしまって、、、今日こそはやめようと思って決意していても、あぁ〜、また買ってしまいます。なんと情けない! まぁ、いいかっ、が重なって、気づいたら毎日のようになってしまいました。
これじゃイカン!と気を引き締めて決意しなおしても、ズルズルとつい食べてしまっています。何かいい方法は無いのでしょうか?
一日二食おやつ付きです。

甘いおやつ付き?

「まぁ、いいかっ」はどんどん自分に甘くなっていきます。ダイエットでリバウンドする人の気持ちがよくわかります。しかし、なんとかしなくては!
甲田光雄さんの本の中で、大福が大好きでたらふく食べていたというエピソードを読んで、なんか安心して真似をしてしまいました。
とんだ勘違いなんですけど。