地球上の実験室で太陽を再現する②

2022年6月23日電気的宇宙

SAFIREプロジェクトを支える電気理論のパイオニアとチーム

私たちが教えられてきた標準太陽理論では「太陽は主に水素とヘリウムから成る気体です。気体が自らの重力によって集まり、球形をなしています」「太陽は気体の塊です。宇宙空間に1030kgもの大量の物質が存在していると、重力によって互いに引き合い、一点を中心として集まってきます。集まった気体は重力と圧力がつり合うことで、一定の形を保ちます。そのときに取るいちばん単純な形は、角のない球形です。太陽表面は綺麗な球形をしています」と説明されています。

しかし、水素とヘリウムといった気体はどこから来たのでしょうか? さらに、どうやって最初に「気体が自らの重力によって集まり、球形をなして」くるのでしょうか? ほぼ真空中の宇宙空間では反対に拡散しないのでしょうか?
「自らの重力によって集まり」という現象は降着理論と呼ばれ「降着とは、衝突して体に付着する気体と小さな固体の両方の形をした物質の蓄積によって、物体の質量が増加するプロセスです。言い換えれば、惑星は、岩石体に付着していたガス雲の粒子と惑星状星雲からの塵の結果としてゆっくりと数百万年にわたって形成されました」と説明されます。

このガスや塵はもとから存在していたというのが大前提で組み立てられた理論です。ですから、このガスや塵がどうやって生まれたのかまでは説明されていません。分からないのです。で、この降着理論という理屈によって降着円盤というものがつくられたことになっています。思うにこれは物理現象が作っているのではなく理屈が作っているようなものではありませんか?

余談ですが、大前提そのものが怪しいということは、いくつもあります。二酸化炭素温暖化説、コロナウイルス、パンデミック、食糧危機、ロシア悪者説、、、いずれも、そういう現象が ”ある”、”そうに違いない”、ということにされてメディアが煽り、始まった事象です。

一方、エレクトリック・ユニバース=電気宇宙論ではガスや塵といった物質=元素がどのように出来るのかを説明できます。銀河は電気で動く現象であり、宇宙の99.9%を占めるプラズマの中を流れるバークランド電流とそのピンチ現象によって、中心部に重い元素ができ、外縁部に軽い元素ができます。それらを実験で確かめているのがSAFIREプロジェクトです。

ソーンヒル氏のプレゼンテーションの後半に入る前に、SAFIREプロジェクトを支えている電気理論のパイオニア達を簡単に振り返り、SAFIREプロジェクト・チームのメンバー紹介をします。

電気太陽のパイオニア

ベンジャミン・フランクリン
1705 – 1790
1752年、ベンジャミン・フランクリンは、絹の凧糸に鉄の鍵を結びつけ、雷が電気的なものであることを証明した。フランクリンは、空は電気で満たされていると考えていた。

マイケル・ファラデー
1791 – 1867
マイケル・ファラデーは、24歳のときに”放射物質 Radiant Matter”という言葉を生み出し、物質の第四の状態であると考えた。

ジェームズ・クラーク・マクスウェル
1831 – 1879
1800年代半ば、マクスウェルは、これらの研究者の研究を体系化した20の方程式を発表した。マクスウェルの方程式は、後に空間における電気的事象を理解するための基礎となった。

ウィリアム・クルックス
1832 – 1919
ウィリアム・クルックス卿は、この第四の物質状態の実験を最初に行った人物の一人である。彼は、希ガスを満たした真空管にルビーを入れた。一方は陽極、もう一方は陰極である。そして、”放射物質”を発火させるに十分な電圧をかけた。ルビーが赤く輝き始めた。クルックスは、放射物質と燐光について語った。この放射物質は、現在ではプラズマと呼ばれている。

クリスティアン・バークランド(ビルケランド)
1867 – 1917
バークランドは、空間は空ではなく、荷電粒子の海であると提唱した。彼の実験は、太陽活動、地球や木星、土星のオーロラなど、太陽系における電気的な活動の説明への道を開いた。

ニコラ・テスラ
1856 – 1943
ニコラ・テスラは、数百万ボルトの放電を伴う人工雷を作り出した。彼の実験により、宇宙での放電現象がより深く理解されるようになった。

アーヴィン・ラングミュア
1881 – 1957
ラングミュアは、電離した気体を表す言葉として”プラズマ”という言葉を作った。荷電粒子の生命体のような振る舞いは、彼に血漿の性質を思い起こさせた。

ハンス・アルヴェーン
1908 – 1995
アルヴェーンは宇宙におけるプラズマと電気の役割について、画期的なモデルを確立した。宇宙には磁場が存在し、その磁場は電流なしには存在し得ないことを示したのはアルヴェーンである。人工衛星や宇宙望遠鏡の観測によると、可視宇宙の99.9%はプラズマでできているようだ。

ウォル・ソーンヒル
ウォル・ソーンヒルは現在、電気的太陽モデルの主要な提唱者の一人である。科学史上最も輝かしい探検家たちのアイデアと仕事を基礎に、ソーンヒルは電気宇宙と呼ばれる仮説のための宇宙論──電気太陽モデルはその一部である──の開発と改良に生涯を捧げてきた。

ドン・スコット博士
ドン・スコット博士は、現場での実証的な電気理論とプラズマ電気力学の観点から、”電気太陽モデル”をさらに洗練させた長い歴史を持っている。(詳細は後日……)

[宇宙における電気]

電気が宇宙で重要な役割を果たすという考えには、多くの有名で尊敬される科学者が貢献してきた。これらは、非常に長いリストの中から数人の名前を挙げたに過ぎない。

Benjamin Franklin (1705-1790)
Charles-Augustin Coulomb (1736-1806)
Luigi Galvani (1737-1798)
Alessandro Giuseppe Antonio Volta (1745-1827)
André-Marie Ampère (1775-1836)
Hans Christian Oersted (1777-1851)
Carl Friedrich Gauss (1777-1855)
Alexander von Humboldt (1769-1859)
Georg Simon Ohm (1789-1854)
Jean Baptist Biot (1774-1862)
Félix Savart (1791-1841)
Michael Faraday (1791-1867)
Wilhelm Eduard Weber (1804-1891)
Gustav Robert Kirchhoff (1824-1887)
Joseph Henry (1797-1878)
James Watt (1736-1819)
James Prescott Joule (1818-1889)
James Clerk Maxwell (1831-1879)
Sir William Crookes (1832-1919)
Oliver Heaviside (1850-1925)
Hendrik Lorentz (1853-1928)
Kristian Birkeland (1867-1917)
Nikola Tesla (1856-1943)
Irving Langmuir (1881-1957)
Hannes Alfvén (1908-1995)
Wal Thornhill
Dr. Don Scott

チーム

SAFIREは、コアチームとコンサルティングチームの両方で構成されている。

コアチームはエンジニアと科学者で構成されており、エンジニアは複雑な実験装置の設計と構築を行い、科学者は実験の計画、製作、分析を行う。当初から、この2つの分野の間には密接な協力関係があった。

コンサルティングチームは、天文学、プラズマ物理学、電気工学など、さまざまな分野の専門家からなる科学界の代表者たちだ。

注:国際科学財団から”電気太陽モデル”の検証を命じられた当時のチームである。SAFIRE が AUREON ENERGY, Ltd.の支援のもと商業的な事業となったため、チームは拡大しつつある。

[コアチーム]

モンゴメリー・チャイルズは、オーリオン・エナジー社の創設者であり、SAFIREプロジェクトの主任科学者・主任技術者。SAFIREを最初に提案したのはチャイルズであり、その可能性を認めて支援したのはスコットとブルース・メインウォリング。

マイケル・クラレージ博士は、実験で得られたデータを、NASA、太陽・太陽圏観測所、太陽力学観測所、ボイジャー探査機、ロゼッタセンサーなどの公式データから得られた最新データと照合、分析、比較する。

ポール・アンダーソン博士は、高エネルギー反応を扱う化学者であり、実験計画法、化学研究、統計分析およびモデリングを管理・監督している。

ローウェル・モーガンは、プラズマ物理学の理論と応用の両分野で長年の経験を持ち、この分野で査読付き論文を書くことにも非常に長けている。

ジェイソン・リックバーは、エンジニア、チャイルズの設計図の解析とトラブルシューティングを担当し、SAFIREの装置本体の製作にも協力している。

レイトン・マクミランは、配管工、水車[風車]大工、機械工、エンジニア、電気工事士、電子制御、機械組立、文書作成、”常識破り”な科学プロジェクトのさまざまな種類のタスクを平均して実行できる人物。

ヤーノ・オンダーコはチャイルズのラボでの右腕として、機器の継続的な使用やコンピューターとの接続をサポートし、すべてのデータ取得を担当している。

[コンサルティングチーム]

デヴィッド・タルボットは、モンゴメリー・チャイルズのSAFIREコンセプトに、電気太陽モデルを検証するための現実的かつ経験的な方法を見出し、2012年のエレクトリック・ユニバース会議でチャイルズを招き、彼のアイデアをエレクトリック・ユニバース・グループに提案するよう依頼した。タルボットは、エレクトリック・ユニバース・モデルの重要な推進者の一人であり、現在世界中でストリーム配信されている年次会議の発起人であり、共同プロデューサーでもある。

ウォル・ソーンヒルは電気太陽モデルの世界的な第一人者。新しいモデルを定義する重要な要因を提示し、そのモデルを肯定または反駁するためにSAFIREが実施する可能性のある実験を提案し、明らかにすることを支援する。

ドナルド・スコットは、EUグループの中心人物であり、伝統的な電気技術と現在の最先端の電気技術の両方において、生涯を通じての経験を提供する。

ジム・ライダーは、航空宇宙産業での豊富な経験を持ち、予想もしなかった宇宙での最新の発見を指摘し、それはSAFIREが正しい道を進んでいることを示唆しているかもしれない。また、現在の太陽の熱核モデルに挑戦する証拠を提示する上で、SAFIREが直面する困難についても概説している。

スコット・メインウォリングは、2012年のEU会議で、モンティ・チャイルズがどこから来たのかを正確に理解していた数少ない一人。デビッド・タルボットと同様に、彼も”電気宇宙”仮説を検証するための妥当な方法を即座に見出した。スコットは、メインウォリング・アーカイヴ財団を通じて研究に資金を提供し、チャイルズと定期的に相談し、さらに第2段階の主要装置の製作をボランティアで手伝うなど、現在進行中のプロセスで重要な役割を果たしている。

ブルース・メインウォリングは、電気宇宙論がその名を知られるようになる何年も前から、半世紀以上にわたって電気宇宙論の熱烈なファンであった。応用電気科学分野での生涯の仕事を通じて、電気的太陽モデルの実用的な性質について深い洞察を得ている。

[サイエンスレビューチーム](以下省略)

ウォル・ソーンヒル氏によるSAFIREプロジェクトのプレゼンテーションの後編です。
要約
このプレゼンテーションのパート1では、物理学者ウォル・ソーンヒルが、画期的な科学実験であるSAFIREプロジェクトのチームが最近行った注目すべき最新情報について分析を始めた。1970年代にエンジニアのラルフ・ジョーガンズ(ユルゲンス)が最初に提案した”電気太陽 Electric Sun モデル”を検証するための独立した実験が初めて行われた。

SAFIREの主任研究員でチーフエンジニアのモンゴメリー・チャイルズは、最近 SAFIREの結果について次のように語っている。
「私たちのすべての実験と発見において、電気太陽モデルとの矛盾は見つからなかった。私たちは SAFIREの実験が電気太陽モデルを実証し、裏付けていると信じている」

チャイルズは、国際科学財団から電気太陽モデルの実験的検証を依頼されたエンジニアリング会社、オータス・インターナショナル・インクの社長兼創設者である。先に述べたように、オータス・インターナショナル社は独立した組織であり、”エレクトリック・ユニバース” や ”サンダーボルト・プロジェクト”とは何の関係もない。

今回のエピソードでは、ソーンヒルが、これまでのSAFIREの最も驚くべき結果についての考察を続けている。

ウォル・ソーンヒル:SAFIREと科学の未来、パート2
Wal Thornhill: SAFIRE and the Future of Science, Part Two

このプレゼンテーションのパート1では、物理学者ウォル・ソーンヒルが、画期的な科学実験であるSAFIREプロジェクトのチームによる最近の驚くべき最新情報の分析を開始しました。1970年代にエンジニアのラルフ・ジョーガンズによって最初に提案された電気太陽モデルを監査するために初めて独立した実験が行われました。

モンゴメリー・チャイルズ
モンゴメリー・チャイルズ

SAFIREの主任研究員でチーフエンジニアのモンゴメリー・チャイルズは、最近英国で開催されたバース大学エレクトリックユニバース会議で、SAFIREの結果について次のように述べました。
「私たちのすべての実験と発見において、電気太陽モデルとの矛盾は見つからなかった。私たちは SAFIREの実験が電気太陽モデルを実証し、裏付けていると信じている」

チャイルズは、エンジニアリング会社「オータス・インターナショナル・インコーポレイテッド Aurtas International Incorporated」の社長兼創設者で、国際科学財団から電気太陽の実験的検証の依頼を受けました。先に述べたように、オータス・インターナショナルは独立した組織であり、電気宇宙やサンダーボルト・プロジェクトとは何の関係もありません。
このエピソードでは、ソーンヒルが、これまでのSAFIREの最も驚くべき結果についての考察を続けています。

第5回ソルベー国際会議(中央にアインシュタイン)
第5回ソルベー国際会議(中央にアインシュタイン)

ソーンヒル氏のプレゼンテーション
この有名な定住した(解決した)科学 settled science の写真は、私たちが20世紀に物理学をやめた瞬間として将来認識されるでしょう。量子論は、原因の後に結果が続くという物理学の原則を捨てました。

私たちの世界を形作る素晴らしい作品です。 量子論
私たちの世界を形作る素晴らしい作品です。
『量子論』

アインシュタインはそれを好みませんでしたが、彼はすでに致命的なダメージを与えていました。

神はサイコロを振らない
神はサイコロを振らない

彼は慣性系観測者を宇宙の他の部分から隔離し、長さと時間の絶対的基準を捨て、存在しない架空の固有時計を発明し、エーテルを取り除き、重力の効果は幻想となりました。過去の偉大な物理学者にとっては、すべて許しがたいナンセンスなことでした。

アインシュタインの二番目の基本仮定
アインシュタインの二番目の基本仮定

私たちは、幾何学的な対称性と数学的な美しさから、外見を一致させるために、完全な円形の惑星軌道に延々とその場しのぎの周転円を加えることが求められた約2000年前のギリシャのプトレマイオスの(天動説の)時代に引き戻されたのです。このドグマは1500年以上続きました。

天動説

天動説
・惑星は時折、逆行するように見える。
・プトレマイオスは、より大きな軌道(従円)に乗せた軌道(周転円)で運動を説明した。
※左側の青い線の小円(epicycles=周転円) 左側の赤い線の大円(deferent=従円)

プトレマイオス(天動説)

相対性理論のドグマとそのタブーはいつまで続くのでしょうか?

あの会議以来、最も優れた実験物理学者であったウェーバー、アンペール、ガウス、ファラデーといった優れた実験物理学者たちが電気と磁気の秘密を発見していた19世紀のような、根本的なブレークスルーを科学が生み出せなかったのは不思議なことではありません。

ウェーバー、アンペール、ガウス、ファラデー
アンペール、ガウス、ファラデー、マクスウェル

例えば、ヴィルヘルム・ウェーバーは、アーネスト・ラザフォードが実験的に発見する40年も前の1870年代に、原子の電気力学的軌道模型を発表しています。

ウェーバーの電気力学法則は、未来の物理学の基礎を形成するものです。エレクトリック・ユニバースは、そうした実験的な電気工学のパイオニアたちを踏襲しています。

SAFIREプロジェクトは、恒星、ひいては宇宙に関する100年来の理解が根本的に間違っていることを示しています。

SAFIREプロジェクト
SAFIREプロジェクト

天文学や宇宙論の教科書には、宇宙における電気についての記述はありません。電気的太陽モデルは、今日、実験的に検証され、予測可能な唯一の宇宙論である電気的プラズマ宇宙論を受け入れ、拡張するものです。

ノーベル賞を受賞したプラズマ物理学者ハンス・アルヴェーンは、銀河の回転を駆動するバークランド電流フィラメントの普遍的なネットワークに基づいてこのモデルを開発し、現代の観測と一致させました。

50年前、理論家が彼のプラズマ物理学の先駆的な研究を誤解したために、彼は宇宙物理学の危機を予言しました。SAFIREプロジェクトは、彼が正しかったことを証明しています。

SAFIREプロジェクト
SAFIREプロジェクト

銀河は電気で動く現象であり、電気の星 electric stars がその渦巻き状の回路を照らしているのです。星は天空の孤立した熱核発電のキャンプファイヤーであるという揺るぎない信念に基づいて、私たちは60年以上も”太陽のような”エネルギーを作り出そうとして無駄にしてきたことがわかります。

SAFIREプロジェクトは、熱核反応の恒星の複雑で検証不可能なきわめて重大な物語が虚構であることを暴きました。プラズマ宇宙論は、米国電気電子学会(IEEE)の核・プラズマ科学研究会で査読された長い歴史を持っています。

プラズマ科学
プラズマ科学国際会議
プラズマ科学国際会議

現代の制度化された科学の機能不全は、IEEEの会議に天文学者が参加しないことに象徴されています。私の経験では、一人だけ例外がありました。電波天文学者のジェリット・L・ヴェルシュール Gerrit Verschuur は、その専門知識を生かして星間バークランド電流を局所的にマッピングしていました。

ジェリット・L・ヴェルシュール
ジェリット・ヴェルシュール

彼は「星間構造を定義する上で、大規模電流の役割は、天文学界で一般に認識されているよりもはるかに重要かもしれない」と書いています。

プラズマ宇宙論は、もう一つの重要な側面で電気太陽モデルを支持しています。

電気太陽モデル
電気太陽モデル

それは、恒星が分子雲中のバークランド電流フィラメントに沿った強力な電磁ピンチによって形成されることを見事に予言したのです。

星が分子雲中のバークランド電流フィラメントに沿った強力な電磁ピンチによって形成される
電磁ピンチ

この電気化成 electrical formation は、SAFIREで観測された生まれたての星の明滅を容易に説明することができます。この電磁波による降着現象はマークランド対流と呼ばれ、星の中心部には重元素が、最外層大気には水素やヘリウムが降着します。

マークランド対流
マークランド対流
マークランド対流

星には熱核反応の核は存在しません。もちろん、黒点は周囲の明るい光球に比べて暗くて冷たいという事実は、常に明白な証拠でした。

太陽の黒点
太陽の黒点

宇宙物理学と素粒子物理学は、宇宙論の2本柱です。SAFIREプロジェクトは、その2本の柱を取り壊します。この2つの分野は何十年もの間、互いに誤った情報を提供し合い、無益で莫大な費用のかかるプロジェクトを生み出してきました。太陽とは異なる核融合発電、質量を示す物質とは無関係に質量を説明しようとする無駄な大型ハドロン衝突型加速器、架空の暗黒物質や暗黒エネルギーに対する根拠のない探求などがそれです。

SAFIREプロジェクト
SAFIREプロジェクト

ある理論物理学者が認めているように、私たちは自分たちのばかげた考えで、根拠もなく世間に吹聴するのです。ビッグバンについては、明らかに非科学的です。物質がどのように構成されているのか、ましてや創造されているのか見当もつきません。それは物理学の原則に反しています。また、アインシュタインのおかげで、質量とエネルギーは物理的に定義できず、重力の働きも物理的にわかりません。

アインシュタインの普遍的な光速の限界は、電気力と重力に逆二乗則が適用されるにもかかわらず、どちらも時間とは無関係であるとしています。光速の遅れを導入すると、原子や太陽系のような軌道系は支離滅裂になり、不安定になります。また、重力波検出器は、重力が光速で作用することを前提に検出されているため、重力信号を検出できていないことが明らかになりました。

重力波検出器、グラフ

ブラックホールや中性子星などの超重量崩壊天体については、プラズマ宇宙論が理論と実験の両面から、それに伴う現象を詳細に説明します。それらを必要としません。

『プラズマ宇宙の物理』
『プラズマ宇宙の物理』
アンソニー・ペラット

SAFIREプロジェクトは、低エネルギー変換とエネルギー生成に対する核融合研究者による誤ったタブーを暴露します。それが60年以上にわたって原子力の進歩を妨げてきました。

SAFIREプロジェクト
SAFIREプロジェクト

1979年、ジョーガンズは問いかけました。
「熱核エネルギーの探索は、成功の見込みのないまま、これまでずっと続いてきた偽りの道なのではないだろうか? もし、太陽や星が本当に軽い元素を融合して重い元素を作ることに成功したら、その関連する活動は、多かれ少なかれ、その大気圏の中でありふれたように行われているのではないだろうか?」
その後、光球効果である黒点数と太陽からのニュートリノ数の間に反相関があることを裏付ける証拠が発見されました。

ほぼ同じ年、1979年に、私は著名なフランスの科学者、C. ルイ・ケルブラン教授の研究を読みました。彼は1960年代に、化学元素の低エネルギー生体変換を実証する重要な研究を発表しましたが、驚くべきことに、Wikipediaによると「……主流の物理学から外れており、科学的言説の一部でもない……」そうです。

C. ルイ・ケルブラン教授
ルイ・ケルブラン教授
『生体による元素転換』
『生体による元素転換』

しかし、SAFIREプロジェクトでは、現在、低エネルギー核変換の検証を進めています。

低エネルギー核変換の検証

1981年、私はニューヨークの独立した研究者ラルフ・サンスベリーの「電子の構造」という小さなパンフレットを読みました。

ラルフ・サンスベリー、ウォル・ソーンヒル
ラルフ・サンスベリー(左)、ウォル・ソーンヒル(右)

彼は、電子の軌道モデルを核子に適用し、低エネルギーでの共鳴触媒核化学を含む核反応の簡単な代替モデルを提供する電子の軌道モデルを提案しました。これは、量子力学を理解するための真の物理的基礎を提供するものでした。

『光より速く』  相対性理論と量子力学を再考する
『光より速く』
相対性理論と量子力学を再考する

核融合には高い核のクーロン障壁を乗り越えるために高エネルギーの粒子衝突が必要であるという図式は、あまりにも限定的であることを示したのです。ウェーバーの電気力学では、2つの原子核のような同じ電荷を持つ粒子同士の間に短距離の共鳴引力が働くことが分かっています。このことを念頭に置いて、私は設計段階からモンティ(チャイルズ)と定期的に実験星 experimental star の条件や元素変換の検出について話をしていました。

私の友人でサンダーボルトの同僚であるドナルド・スコット教授も、ジョーガンズの電気太陽モデルを拡張し、アノードタフトまたは光球の粒状斑 granulation のPNPトランジスタ作用を認識し、SAFIREの概念実証のフェーズ1でその生成に成功しました。

ジョーガンズの電気太陽モデル
ジョーガンズの電気太陽モデル
光球のタフトの電気的性質に基づくものです。

このメカニズムは、X線では太陽が変光星であるのに対して、太陽の放射出力を安定させるためにモデル上、重要なものでした。

研究室でのアノードタフト
研究室でのアノードタフト

何十億もの星からの星の光の安定性は、標準的な熱核モデルの欠点のひとつです。また、ドン(スコット教授)はこの施設の建造段階において、電気工学的なアドバイスも行っています。

ドンは最近、バークランド電流フィラメントの電磁気的構造の理解に貢献しました。それは電気星と星間回路の関係や、深宇宙や太陽系で起こる多くの不思議な現象の解明を約束するものです。

バークランド電流の「モデル」を構成する数式を導き出した私の論文
バークランド電流の”モデル”を構成する数式を導き出した私の論文

サンダーボルトチームは、モンティと歴史的な実験の設計と構築に成功し、さらにまた、最新の実験計画法を使ってSAFIRE実験を考案・実施し、電気的太陽モデルを独自に検証してくれた素晴らしい専門チームに感謝します。

実験計画法:効率のよい実験方法を設計(デザイン)し、結果を適切に解析することを目的とする統計学の応用分野

SAFIREプロジェクト
SAFIREプロジェクト

彼らの専門的な調査と結果は、宇宙における私たちの居場所について知っているはずのことをすべて変えてしまいました。このことは、私たち全員に有益な効果をもたらすと私は期待しています。それは、これまでよりもはるかに包括的で、首尾一貫した、希望に満ちた全体像です。そして何より、反響があり、人々にインスピレーションを与え、理にかなっています。

──おわり
  
最後までお読みいただき、ありがとうございました。