恐れることはない... 我々は君たちの味方だ

この時代は、西側諸国による一連の戦略的失策とロシアによる見事な反撃によって特徴づけられ、一極支配の野心に支配された時代の黄昏を告げる

ダグラス・トトルの『詐欺、飢饉、ファシズム』

後に"ホロドモール"物語として結晶化するものの発端は、詐欺師によるでっちあげであり、ジェノサイドではなかった。