親ロシア派と親ワグナー派の対立はなかった

プリゴジンのクーデター?騒ぎ。様々な見方があります。日本のテレビ局や西側の希望的(実は絶望的)観測は論外として、これはいったい何だったのか?

これがもし、アメリカ国内や西側諸国で起こったとしたら、何が始まったか? 考えてみると興味深いかもしれません。それは騒乱でしょうか、内戦でしょうか? ロシア国内では結局、誰もお咎めを受けず、何も起きていなかったかのように平常に戻りました。プーチンの支持率は90%くらいに上がっています。ロシアを支持する勢力の中でも、プリゴジンがしたことは分裂を引き起こし、許せないことだ、これを不問に付したロシア政府もまた批判されるべきだという方々もいます。そういう見方もできます。

この事件は、誰がどのように事態を解釈しているのかの違いを浮き彫りにしたように思います。その意味では、各国の、メディアの、個々人の反応の違いがとても興味深かったのです。ウクライナを振り子の支点にした世界の動きと、世界はどこに向かっているのかという時代認識の違いを、今回のプリゴジン劇場があからさまに示したと言えるかもしれません。

記事の最後に、ペペ・エスコバルは書いています。
「しかし、誰もが常に心に留めておくべきことがある。彼が許せないのは裏切りである」
裏切り行為をしてきたのは誰ですか? これから、あぶりだされ、明らかにされてくることになります。マスキロフカ/策略・クーデター芝居の最中に進行したのはこれだと思います。

ロシアを去るワグナー “クーデター “と(独占プリゴジン) 特別レポート
ロシアの民間軍事会社ワグナーがロストフを去るとき、彼らはこのロシアの都市の一部を1日かけて制圧した。
ロストフを去るとき、誰がワグナーとともにいたのか? ロストフ市民も一緒だった。プリゴジン(ワグナーのリーダー)も彼らとともにいたし、私は西側の主要メディアが報じない現場の事実を世界に伝えるために彼らとともにいた。その日の出来事についてプリゴジンと話すこともできたし、独占コメントも得た。

この歓迎ぶり、熱狂。パトリック・ランカスター氏がクーデター?当日、ロストフの様子をレポートしてくれています。ランカスターが終わり間際に駆け付けたのはマヌケだと評価する記事もありました。日本のテレビなどに出てくる自称専門家同様、彼らには何が起きているのか分からないのです。

歴史の雷が落ちたら、ずばり要点を言う方がいい

When the lightning of History strikes, better cut to the chase in our first draft
Pepe Escobar, June 26, 2023
歴史の雷が落ちたら、ずばり要点を言う方がいい
ペペ・エスコバル 2023年6月26日

プーチン© Photo: Public domain

歴史の雷が落ちたら、初稿で本題に入る(遠回しな言い方をやめて、ずばり要点を言う)方がいい。

さあ、始めよう。

“一番長い日"の間にロシアで起きた異常な出来事の後、プーチン大統領はすべての点で勝利した。

他の偉業の中でも、彼は西側MSMの集団全体を疑問の余地なく銀河系を超えて愚弄した。── もう一度。

彼は特別軍事作戦(SMO)、つまり"ほとんど戦争"(一部の実業界によれば)を早く終わらせるために、事実上すべてのロシア人を結集させた。

彼とロシア連邦保安庁(FSB)は、裏切り者や第5列・第6列員(敵を支持する人)たちのものすごい大勢のリストを集めた。

そして彼は今、事実上の対テロ作戦(CTO)戒厳令の権限を展開する無制限の自由を享受している。

プーチンが2020年8月にルカシェンコを助け、ベラルーシの政権交代を阻止したのと同様に、好好爺のルカは2023年6月にロシアが内戦に陥るのを防いだ。

複雑で広範な対テロ作戦がモスクワとその周辺で展開され、西側諸国の動物学の下位分野の標本が唖然とし、呆然とし、混乱している。あれはプーチンがニコライ2世(最後のロシア皇帝)に会う瞬間ではなかったのか?

チェス盤を一目見ただけで、すべての駒が適切な場所に配置されているように見える。

プリゴジンはベラルーシで黄金のパラシュートを手に入れた。ショイグはクビになるかもしれないし、ゲラシモフもクビになるかもしれない(そう、国防省内部には深い機能不全の階層が存在する)。ワグネルミュージシャンたちは正規軍として編入されるだろう。彼らはアフリカでビジネスを続けるかもしれない。需要は大きい。

では、"いちばん長い日"の後、本当は何が起こったのだろうか?
多額のCIA資金が動いたかもしれない。しかし、結局のところ、"クーデター"は西側諸国に対するロシアによる史上最大の荒らし行為(挑発する目的で、さまざまなインターネット フォーラム上で、求められていないコメントや物議を醸すコメントをランダムに作成する意図的な行為)であったことが判明するかもしれない。

究極のマスキロフカ(軍事的欺瞞)

プーチンが紛れもないロシアの覇者であることを、またしても現場の事実が証明している。数時間、戦略的沈黙を守った後、彼の介入は民間人、FSB、チェチェン人、軍、共産主義者、すべての人々の全面的な支持を集めた。

トゥーラ州知事アレクセイ・デューミンの助けを借りたルカとプリゴジンの間の取引の正確な条件はまだ不明である。

プリゴジンはこの条件に満足していると述べた。ペスコフは、プリゴジンに対する刑事事件が取り下げられることを公式に確認した。プリゴジンの重要な要求は、ショイグ国防相とゲラシモフ参謀総長の辞任だった。それは近い将来実現するかもしれないし、しないかもしれない。

そして、これが究極の(とてつもない)マスキロフカであったという、まだ魅力的な可能性が出てきた。プリゴジンは、ショイグとゲラシモフとモスクワで会談するために、このようなサーカスを仕掛けたのだ。

デートに出かけるだけでも行き過ぎだという話だ。

究極のマスキロフカのシナリオもまた、5次元チェスにふさわしい一手を暗示している。

土曜日、ワグナーはモスクワから200キロ離れていた。

しかし日曜日、ワグナーはキエフから100キロ離れていた。

次のレベルの孫子の兵法か?

主權と裏切りの間

アレクサンダー・ドゥギンは、これがいかに主権の行使でもあったかを正しく指摘している:
「主権者であるルカシェンコだけが、主権者であるプーチン自身とともに(プリゴジンに)立ち向かった……。多くの人(プリゴジンとワグナー?)が大統領と国民を陥れ、影で行動し、一見大統領に代わっているように見えるが、危機的状況にある祖国を救うことは彼らの専門ではないことが判明した」

当然の結果として、ロシアには「主権を持つエリートが必要であり、そうでなければすべてが繰り返される」ということだ。

西側諸国、特にNATOとキエフの集団は、誰もがワグナーを"テロリスト"から"自由の戦士"に即座にブランド変更し、自分たちの沼地にはまり込むことを得意としている。

主流メディアは、よく知られている"西側当局者"が反乱によって “不意を突かれた"と喧伝した。それは、その準備の間に、どの方向に、どれだけの資金が動いたかによる。

SMO、現在はCTOは転がり続けている。ロシア軍は妨害されることなく戦い続けている。"反攻"は崖っぷちに立たされたままであり、暗黒の虚空にキスする準備を整えている。

プーチンがあらゆる面で勝利するということは、全市民が、そして軍が、プーチンとロシアの機構を維持し、完全なものにすることに従事することを意味する。これほどの市民的支持を得られる国家は、西側諸国のどこを探しても存在しない。

ロシアの政治は特別なタイプのものだ。最高レベルでも、草の根レベルでも機能する。── エリート層と民衆の間に深い憎しみが蔓延している欧米とは違って。

もちろん、"いちばん長い日"のようなことが起こるたびに逃げ出すのは、愛国心の薄いロシアのオリガルヒたちであることは常に強調しておかなければならない。

数時間の間、西側諸国はロシアの国土分割に大きく賭けていた。今は違う。そして近い将来でもない。

チーム・プーチンと選ばれた愛国的オリガルヒたちによって、後継者はすでに準備されている。候補者の中には、その名前が飛び出せば誰もが唖然とするような秘密の名前がある。彼は世論的にはまだ目立たず、影で活動している。彼の名前は当分の間、秘密にしておくべきだ。

現状で重要なのは、ロシア全体が"いちばん長い日"からさらに強くなったということだ。街頭の男女は、何が何でも祖国を守ろうとする真の愛国者であることを改めて示したのだ。

親ロシア派と親ワグナー派の対立はなかった。人々は実際に両方を支持している。人々はワグナーを、2014年にクリミアの平和的奪還に貢献した"礼儀正しいグリーン・メン(2014年のクリミア併合とさらなるロシア・ウクライナ戦争に参加した記章のないロシア軍部隊)“のように見なしていた。彼らを前にして、警察官や軍隊は一人もいなかった。

だからプーチンはかつてないほど強くなっている。
しかし、誰もが常に心に留めておくべきことがある。彼が許せないのは裏切りである。

──おわり

プーチン:私が許せないのは裏切りだ。

24日付のワシントン・ポスト紙

https://t.me/rocknrollgeopolitics/7469
ワグネル・グループのリーダー、エフゲニー・プリゴージンがロシア軍組織に対する反乱を計画していることを、アメリカの情報機関は6月中旬から知っていたと、24日付のワシントン・ポスト紙(https://www.washingtonpost.com/national-security/2023/06/24/us-intelligence-prigozhin-putin/)が報じた。ワシントン・ポスト紙の取材に応じた無名の当局者によれば、反乱がいつ起こるか正確には分からなかったが、過去2週間にわたり厳戒態勢を敷いていたという。同高官は、内紛によってロシアが不安定になる可能性があることが、米政府高官にとって最も懸念されることだと述べた。
🤔"無名の高官"は、いつも物事が起こった翌日に知っている。面白いだろ?

誰かがまた「誰もがワグナーズに背を向け、彼らを非難している」と言ったら、このビデオを見せればいい。

https://t.me/c/1872209771/1429
ロストフ・パパ 夏と"ミュージシャン"たち
誰かがまた「誰もがワグナーズに背を向け、彼らを非難している」と言ったら、このビデオを見せればいい。

ベラルーシでワグネルPMCの軍事キャンプが建設開始

https://t.me/c/1872209771/1431
ベラルーシでワグネルPMCの軍事キャンプが建設開始 – モギレフ州林業から引用したメディア報道
▪報道筋によると、キャンプは複数設けられる。
▪最初のキャンプはモギレフ州オシポヴィチ(ウクライナとの国境から200キロ)に計画されており、その面積は24,000平方メートル、8,000人収容とされている。
▪今日もすでに作業中です。明日の昼前が(建設)作業です」と、この対談者は『Wyrstka』誌に語った。

そして、はい、この国にはナチスは存在しません。彼らは皆愛国者です...

https://t.me/RtrDonetsk/18590
捕らえられたウクライナ兵。そして、はい、この国にはナチスは存在しません。彼らは皆愛国者です…@rtrdonetsk

ハーグの現在のストリートアート

https://t.me/OstashkoNews/80251
🇳🇱ハーグの現在のストリートアート
😄 バンカーへの下りが描かれているのか、それともバンカーからの登りが描かれているのか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
@kiyo18383090

Posted by kiyo.I