稲妻と衝撃波──衝撃的な真実(電気宇宙)

2021年10月19日電気的宇宙

電気と衝撃波が地球の地形を刻んだ

電気宇宙を簡潔に説明するとしたら、、、
この動画の最後にアンドリュー・ホール氏が語った言葉が印象的でした。
「まあ、電気宇宙ではそうやって物事が共鳴していくんですよね。
私たちは皆、同じエーテルなのです。
あるがままの姿です。
調和して共鳴することもあれば、破壊的な干渉を起こすこともある。
それが私たちの自由意志です」

アンドリュー・ホール氏は地球の地形を刻んだのは、長い年月をかけた地殻変動や造山運動、雨水による浸食といったものではなく、地震や天候なども含めて電気作用だと言います。動画の中でも出てきますが、のこぎりの歯のように楔の形に切り取られた地形などは、これまでの主流の学説では説明できません。説明できないから話題にあげられることもないのでしょうが。最近は大昔に宇宙人が来て金か何かを採掘しまくった跡だという説もあります。そういう説を拝見していると、ビルケランド電流が作る地形についての認識が欠けているように思います。ビルケランド電流については「『電気宇宙』第1章」を読んでくださると助かります。

また、気象兵器としてHAARPというものが以前から一部で騒がれていました。気象を操作したり地震も起こせるということが言われています。しかし、私たちの一般的な認識では気象は高気圧と低気圧があって、海水の温度や、気流によって気象というものが左右されるというのが浸透しています。だとすると、HAARPというものも電子レンジのように電磁波を当てて温度をコントロールしているという理解なのでしょうか? 
地震はプレートテクトニクスが認められた学説です。気象は主に温度、地震はプレートテクトニクス、それぞれが全く別の事象です。こうした様々な自然現象はどう結びつくのか、結びつける必要もないのか、知りませんけど、バラバラです。

電気宇宙はこれらを一本の筋の通った現象として説明できます。ある意味では彼ら支配層は一般人には隠して悪用しているのかもしれません。怖いことですが、コロナ詐欺を見ていると、ありそうな話です。
それはさておき、公認の科学、特に量子論の理解・・や、いわゆる”陰謀論(陰謀だとは思いませんが)”やスピ系の世界を見ていると、この世界の歴史も含め、現象を見る観点がそれぞれバラバラだということに気付きます。混乱にさらなる混乱の拍車がかかったような状態です。物理現象の理解も精神的な世界も混乱を極めているような気がします。どちらの世界も一見対立していて、満足に説明できるシンプルな基準がないのです。どちらも同じ宇宙の別の顔にすぎません。電気宇宙は、そうした疑問に唯一答えられるものだと思います。

要約
耳は鳴り、窓はガタガタ、犬はベッドの下に隠れる。それは放電のアークによる雷、あるいは超音速ジェット機の通過によるものです。カーペットの上で足をこすり、ドアノブに触れる。火花が散り、パチンと音がする。同じことが小さなスケールでも起こります。窓ガラスを揺らすほどのエネルギーを持って何マイルも移動するソニックブーム(航空機が超音速で飛行する時に発生させる衝撃波によって起こる大音響)の威力を考えてみてください。
アンディ・ホールは、”衝撃波”の原因と結果を分解し、それほど遠くない過去に、この地球上で稲妻が今日経験するものよりもはるかに強力だったことが明らかな理由を説明しています。

アンドリュー・ホール:稲妻と衝撃波
Andrew Hall : The Shocking Truth

耳が鳴り、窓が鳴り、犬がベッドの下に隠れる。皆さんも聞いたことがあるでしょう。放電アークによる雷、あるいは通過する超音速ジェット機による雷のような音。

超音速ジェット機 衝撃波

今でこそジェット機の音はあまり聞かれなくなりましたが、古き良き時代には砂漠の上でF-100のアフターバーナーに点火していた頃はよく聞いたものです。

F-100

20マイル(32km)離れたところから聞こえるとどろく音。カーペットに足をつけてドアノブを触ると、火花が散ってパチッと音がする。それと同じことが、小さなスケールで起きているのです。窓ガラスをガタガタ揺らすほどのエネルギーを持ったとどろきを、何マイルも移動させるために必要なパワーを考えてみてください。山の中の風の強い尾根など、実際に近くにいると、雷は恐ろしいものです。雷の衝撃波はダイナマイトのように木や岩を吹き飛ばします。

衝撃的なニュース:稲妻は山を形づくる!
衝撃的なニュース:稲妻は山を形づくる!
(※記事の最後に訳出しました)
稲妻

岩石の多い山頂、特に花崗岩の大きな石では、その傷跡を見つけることができます。

雷の傷跡
12フィート(3.6m)の高さの岩が雷によってきれいに4分の1になっている。右手の岩の白い筋がアークの軌跡を示す

探しているものがわかっていれば簡単に見つけることができますが、そうでない場合は、磁力計でそのサインを裏付けることができます。私が住んでいるところでは、ビルの大きさの岩がバラバラになり、家の大きさの塊が放り出されているのを見かけます。過去の雷が現在よりも強力だったことは明らかです。それは、アーク・ブラストという爆発的な爆風であり、音速で四方八方に重い空気の壁のように爆破する音波です。空気を動かすのではなく、海のうねりのように、空気を巻き込んでいきます。空気は圧縮されたり減圧されたりして、一瞬にして温度と圧力が上がり、次の瞬間には下がります。
また、衝撃波にはイオン化という作用があります。これは、温度や圧力が高くなれば必然的に起こる現象で、一般的な言葉で言えば、より多くの原子が衝突して電子を自由にするということです。

原子が衝突して電子を自由にする

しかし、実際にはそれだけではありません。

衝撃波は電流を発生させます。

衝撃波

雲の中の凝縮物は電気伝導体です。水の双極子の分子は電界に合わせます。双極子が集まり、水滴ができます。この時に電荷が動く、つまり電流です。雲の中の電流は”束縛電流 'bound’ current”と呼ばれます。 

雲の中の電流

私の言うことが信じられないのであれば、こう質問してみてください。なぜ政府は電気を使って天候を変えるのでしょうか?

そして、雲の中に電流を運ぶ何かがなければ、どうしてそんなことができるのでしょうか?

雲に電気を流して雨を降らせる科学者たち
「雲に電気を流して雨を降らせる科学者たち」
ドローンは雲に電気を流して雨を降らせようとする
(※記事の最後に訳出しました)

タンパベイのFox13の番組では、ドバイが電気を使って雨を降らせている様子が紹介されています。

言い換えれば、衝撃波はプラズマです。
戦闘機が水蒸気を凝縮して発する音波のような弱いプラズマの場合もあれば、水爆の衝撃波のように自ら稲妻を発する電流のシートの場合もあります。

衝撃波
水爆の衝撃波
水爆の衝撃波

ロケットの打ち上げや再突入を見る機会があれば、イオン化した衝撃波が大気圏上層部で光っているのを見ることができます。

大気圏上層部のイオン化した衝撃波

あらかじめ、衝撃波のバブル(泡)とともに移動する輝くイオンはないことを理解してください。

衝撃波の泡
何かが大気圏に突入したときの光り輝く衝撃波

バブルは空気中を移動し、イオン化して原子を励起し、衝撃波に電流を発生させています。

衝撃波に電流を発生させている

衝撃波は電気です

黒々とした宇宙空間に光る衝撃波の姿は、まさにシュール。古代人が空を見ていたことを思い起こさせてくれます。

宇宙空間に光る衝撃波

隕石も衝撃波を発生させます。

隕石も衝撃波を発生させる

チェリャビンスクでは衝撃波が発生し、多くの人が負傷しました。報道によると、ツングースカの爆発では、数キロ先の人をびっくり仰天させたと言われています。

ツングースカの爆発
ブラスト(爆風)ゾーンでのツングースカ衝撃波の影響

このように、超音速の風が吹き荒れる混沌とした世界を想像してみてください。そのようなことを想像するのに、ヴェリコフスキーに原因を求める必要はありません。というのも、現在主流となっている衝突や降着などの理論はすべて、混沌とした大気の年月を必要とするからです。超音速の風は、あなたがどのような科学に基づいた創造に帰しているかに関わらず、時には起こったでしょう。大きな隕石の衝突があれば、そうなるでしょう。

隕石の衝突

創造論者の7日間でさえ、多少の風を伴っていたはずです。何よりも、今現在、超音速の風が吹いている太陽系の惑星があります。木星はその一つです。
超音速の風と衝撃波が発生し、それが地球に痕跡を残したと仮定することは、どの宇宙論においても完全に健全な論理です。しかし、地質学者が衝撃波について言及することはあまりありません。

衝撃波

NASA Grant URC NCC NNX08BA44A 10/29/2009
 衝撃波
・斜め方向の衝撃     ・膨張波
・マッハ数の減少     ・マッハ数増加
・圧力、温度、密度の上昇 ・圧力・温度・密度の低下
(※このどこにも”電気”はありません)

彼らは理論を作り、地殻変動の力については、何が押しているのかを見つけられないまま手を振っています。しかし、音波の衝撃波についてはあまり語られません。

反射された衝撃は、膨張した蒸気をリヒトマイヤー・メシュコフ不安定性に押しやり、衝撃波の軌跡に垂直な地上の風を引き起こす中心的な上昇気流の柱を発生させる。
反射された衝撃は、膨張した蒸気をリヒトマイヤー・メシュコフ不安定性に押しやり、衝撃波の軌跡に垂直な地上の風を引き起こす中心的な上昇気流の柱を発生させる

音波をツールとして使い、石英のマイクロフラクチャーや隕石の衝突による岩石のショックコーンshock cone(衝撃波)を認識していますが、結果として起こる風や音波の影響についてはほとんど何も言っていません。

音波探査
結果として起こる風や音波の影響

これまでの記事では、超音速の風による衝撃波が、平らな三角面を持つ四面体の山を残したことを紹介してきました。

超音速の風による衝撃波が、平らな三角面を持つ四面体の山を残した
アリゾナ州カタリナ山脈のプシュ・リッジ、完全に近い正四面体の風下側
衝撃前線は成長し、山の側面にある尾根を形成する
衝撃前線は成長し、山の側面にある尾根を形成する

その証拠に、地球は時に風の大渦に巻き込まれ、実際に地球の表面を形成していました。山によく見られる三角形の主なメカニズムは、”分離バブル separation bubble”と呼ばれる衝撃波の領域にあります。

山によく見られる三角形の主なメカニズム

超音速の風が地表で切り裂かれて障害物にぶつかると、障害物の前に高圧帯ができるため、翼のように持ち上げられて障害物を乗り越えることができます。

ウェッジ(くさび)/ショック生成作用

この高圧帯は、超音速の流れを地上から切り離し、方向転換させることから分離バブル(気泡)と呼ばれています。

分離気泡

以下の図の風の流れは、特に示されていない限り、左から右に向かっています。 

分離気泡
衝撃波、反射衝撃波、および分離バブル

理想的な状態では、高圧・低速の空気が低圧・高速の空気に囲まれた実際の四面体状の泡を形成することから、バブルと呼ばれています。

四面体状の泡

気泡の壁または”膜”は、せん断波と反射衝撃波でできています。

せん断波と反射衝撃波

衝撃波は、超音速の風が表面を通過する際の抵抗によって生じる、予測可能で必然的、かつ測定可能な境界層効果です。このテーマに関する私の過去の記事を読まれた方は、私が分離気泡を低圧低速度域と呼んでいることに気づかれるでしょう。これは間違いでした。今回の記事は、記録を訂正し、より詳細に説明することを目的としています。なぜなら、これらはヴェリコフスキーの理論の現存する最も具体的で、アクセス可能で、再現可能で、説得力のある証拠だからです。軽い気持ちで言ったのではなく、本当のことです。

説得力のある証拠
分離バブルによって形成された山

衝撃波四面体 shock wave tetrahedrons は、プラズマ不安定性と比較できる岩絵 rock art よりも豊富です。ペトログリフをシミュレートされた不安定性と比較しても、どうせパレイドリアだと片付けられてしまいます。

※パレイドリア pareidolia:視覚刺激や聴覚刺激を受けとり、普段からよく知ったパターンを本来そこに存在しないにもかかわらず心に思い浮かべる現象を指す。一般的な例として、雲の形から動物、顔、何らかの物体を思い浮かべたり、月の模様から人や兎の姿が見えてきたり、録音した音楽を逆再生したり速く/遅く再生して隠されたメッセージが聞こえてきたり、というものがある。

ペトログリフ

また、何億マイルも離れたところからの小さな光の点を解釈したり、星や原子の中の核のプロセスを推測したりすることもありません。また、神話や方程式の再解釈や、誰かの物理学の妥当性にも依存しません。衝撃波は、古典物理学でも応用科学でもよく知られています。衝撃波の正四面体は私たちの地球を覆っています。

層状の堆積物、ユタ州
層状の堆積物、ユタ州
硬い表面が波を鋭く反射し、直線的なエッジを持つバットレス(切り立っている岩壁)を残す
硬い表面が波を鋭く反射し、
直線的なエッジを持つバットレス(切り立っている岩壁)を残す

実際、プラズマの不安定性や天文学的な”Z-pinch”星雲には、衝撃波が原因となっている部分があります。

”Z-pinch”星雲「赤の広場」

また、ペトログリフには大気中の衝撃波が描かれているものもあります。

ペトログリフ

音波衝撃は電気宇宙の必須科学であり、ハンス・アルヴェーンも同意してくれると確信しています。

流れ 膨張 衝撃

プラズマの中では、衝撃波と電流はコヒーレントです。

※コヒーレントcoherent:理路整然と[首尾一貫]していて分かりやすい[理解しやすい]、筋の通った、首尾一貫した、密着する、《物理》可干渉性の、《電気》位相のそろった ※可干渉性:物理学において、コヒーレンス(日本語: 干渉性・可干渉,英語: coherence )とは、波の持つ性質の一つで、位相の揃い具合、すなわち、干渉のしやすさ(干渉縞の鮮明さ)を表す

メキシコのクレーターの内壁。  衝撃波でしかできないこと
メキシコのクレーターの内壁。衝撃波でしかできない

過去の宇宙の大変動の際に地球上で発生した衝撃波は、触れた物質が何であれ、固体の地面と相互作用しました。それらは、固体表面やシアーゾーン shear zone(せん断帯:変形の局所化現象)から反響します。振動したり、ぐらついたり、地表を這ったりして、私たちが山と呼ぶ瓦礫の山を作りました。建設的な干渉と破壊的な干渉のパターンで相互に作用し、調和のとれた周波数で共鳴したのです。そして、そのパターンを山に残し、私たちに見せてくれました。

エキスパンション・ファン(拡張、膨張、扇状地)は、よくできたバットレス(切り立っている岩壁)とハーモニクス(高調波)を示す
エキスパンション・ファン(拡張、膨張した扇状地)は、よくできたバットレス(切り立っている岩壁)とハーモニクス(高調波)を示す

衝撃波は結局のところ、プラズマ音波 plasma sound waves です。具体的で、検証可能で、アクセス可能なものです。再現できます。

反射した衝撃波が超音速の風をノズルのように流し、丘の側面に三角形のバットレスを溶接している
反射した衝撃波が超音速の風をノズルのように流し、
丘の側面に三角形のバットレスを溶接している

私は、風洞で固体の四面体を作る方法を考えていました。

風洞

問題は固着させることです。乾いた粉や砂を使うと、くっつきません。湿ったものを使うとぐちゃぐちゃになってしまいます。自然はそんなことはお構いなしに、あちこちに飛び散ります。
しかし、風洞は高価な装置であり、超音速のサンドブラスト(砂の吹き付け、砂嵐)には耐えられません。正四面体を接着するのに、磁石の粉と磁石ではうまくいきません。粉が磁石の形になってしまうからです。イオン化された超音速の風力発電機を作るには、中国製の電気タービンが必要ですが、今のところ中国は私の電話に答えてくれません。NASAもそうだ。おかしいな、同じ電話番号なのに。

接着剤やエポキシの大粒を風洞の障害物として使うのは、粘着性がある状態で行えばいいと思います。飛び散ることなく、衝撃波の分離気泡に合わせて成形する必要があります。いずれにしても、簡単な問題ではありません。

しかし待てよ、自然が証明してくれる。風洞がなくても、大気そのものが実験室だ。鉄隕石は超音速で地球の大気に突入します。大気との摩擦で鉄は溶けて除去されます。アブレーションのパターンが衝撃波の四面体の証拠となります。

※アブレーション:固体の内部は変化を受けずに,表面から失われていくこと。地球に落ちてくるいん石が、大気圏で空気との摩擦によって表面が高温になり、表面から蒸発して失われるのもこの現象

図10をはじめとするいくつかの画像をご覧ください。分離気泡によるフローパターンの先端に、成形された鉄製の衝撃四面体が見えます。

鉄隕石のアブレーション面
図10:鉄隕石の融解した面

これは、理論に近い条件で作られた具体的な証拠です。このデータは、私たちが知っている科学がほとんど間違っていることを証明するきっかけになります。いや、そうではなく、大きく間違っているのです。大いに間違っています。

これらの隕石は電気地球説の推定的(一応の)証拠となるはずです。これは鉄の隕石で、大気中に超音速で突入したために表面が削られています。熱、圧力、そして超音速の衝撃波がこの表面を形成します。

鉄の隕石
分離気泡が形成された正四面体

隕石に正面から衝突した超音速の風は、泡のような圧力領域に分離します。風速の大きい低圧域では、スクープ(シャベル)やディボット(削られた地面のくぼみ)ができます。高圧ゾーンは、これらの気流を分離し、気流が隕石から分離したところに鋭い分割尾根と三角形の分離気泡を残します。滑らかな溝は気流の痕跡であり、三角形はその先端に現れています。気流が物体から離れて方向が変わることで、分離気泡が発生し、流動性のある鉄が成形されます。溶けた鉄は、プリンのようにディボットから押し出され、高圧の分離バブルに保持されて、バブルの形に成形されます。

風は、鋭い尾根によって分けられた流れに分離します。  それぞれの流れは、気流の出口で三角形の波形を持つディボット(くぼみ)を残します。  隕石上の超音速流パターン
風は、鋭い尾根によって分けられた流れに分離します。
それぞれの流れは、気流の出口で三角形の波形を持つ
ディボット(くぼみ)を残します。
[隕石、気泡の中の超音速流パターン]


よく見ると、先端が折れている箇所があります。

隕石上の超音速流パターン

ディボット全体が、実質的には分離バブルです。バブルの膜のように張力を保持した衝撃波による表皮効果で形成された文字通りの気泡です。衝撃波と気泡が交わる"トリプルポイント"を中心にY字型の構造を作り、"ラムダ構造"と呼ばれることもあります。

ラムダショックの構造(分岐した足)の模式図 予測 シャボン玉の三重点
(左)分離バブル、シャボン玉の三重点(右下)予測、
(右上)ラムダショックの構造(分岐した足)の模式[下図]
ラムダショックの構造(分岐した足)の模式図
ラムダショックの構造(分岐した足)の模式図

造山の場合、粉塵を含んだ風が泡の中を通り、熱せられ、圧縮され、衝撃波を通過する際に減速して止まります。地面は静電気を帯びていて、風で運ばれてきた埃や泥、砂、宇宙から降ってきたものなどが付着しています。そのため、粉塵は泡の形、つまり四面体の形に積もります。南米の熱風でできた正四面体が、隕石の縁に沿ってできた正四面体に似ていることを見てみましょう。

(左)南米の熱風でできた正四面体と(右)隕石の縁に沿ってできた正四面体
(左)南米の熱風でできた正四面体
(右)隕石の縁に沿ってできた正四面体

本当に、これ以上ないほどわかりやすい。回転していないダウンバースト(下降噴流)の風が、風が陸地に衝突したり偏向したりしてできた分離気泡による四面体の一貫したパターンで塵を重ねたことが視覚的に明らかになっています。

これは、地上に向けられたブロートーチ(ガスバーナー)によって作られたもので、木星サイズ(比率、バランス?)のプラズマストームの中で撹拌されたメソサイクロン(低気圧性の回転)の熱い排気です。

地上に向けられたブロートーチ(ガスバーナー)によって作られたもの
ダウンバースト風による正四面体の噴出

四面体の風を受ける側は、風が物体に対して垂直に当たっていれば、完全な二等辺三角形になります。

四面体の風を受ける側は、風が物体に対して垂直に当たっていれば、完全な二等辺三角形

風が斜めに当たったり、隣接する衝撃波に邪魔されたり、音速以下であったり、速度が過渡的であったり、堆積したダスト(粉塵)負荷が分離バブル全体を満たしていなかったりすると、四面体が変形してしまいます。

四面体が変形
中央の山にはほぼ完全な二等辺三角形があり、
その両側には音符のように不規則に束ねられた三角形のグループがある

あなたはパレイドリアに悩まされているわけではありません。三角形は三角形であり、あなたが見ているのはそれです。科学的に、これらが三角形であることを証明するために測定することもできますが、私たちは常識的に考えることができると思います。鉄隕石に形成された正四面体の例をもっと見てみましょう。

鉄隕石に形成された正四面体の例

分離気泡の大きさは隕石の大きさに依存します。なぜならば、隕石を通過する風の面積が決まるので、衝撃波の大きさも決まるからです。つまり、隕石が大きければ大きいほど、四面体の大きさも大きくなります。

隕石が大きければ大きいほど、四面体の大きさも大きくなる

また、岩石の構成要素は、表面の粗さにも影響します。よく言われるように、がっしりしているか、滑らかであるかです。様々な要因に関わらず、分離気泡の三角形の面ははっきりとしていて、風のパターンをたどると、まさにその場所に現れます。きっと無名の上シベリア空力研究所の口ひげのある博士がこのことをすべて知っているに違いない。私に電話してください。

山に落ちる雷

全く別の状況では、雷による衝撃波も正四面体を作ります。次の4つの図は、雷に打たれた鉄を含む岩石の写真で、一部が溶けてガラス化し、分離気泡によって流体金属が閉じ込められた三角形の層が盛り上がっています。

落雷に見舞われ、部分的に溶けてガラス化された鉄含有岩の写真
雷    超音速 "ショックダイヤモンド"
落雷に見舞われ、部分的に溶けてガラス化された鉄含有岩

雷は、岩石が溶けた靴の形をしたプールに表面伝導したところに、黄色く化学変化した痕跡を残しています。このアークは、岩の不連続性や亀裂にぶつかり、そこに潜り込んでホットスポットを作ったのでしょう。岩石の表皮の下を切断すると、アーク放電が発生し、溶融した岩石の三角形のシートが、爆発の中心から外側に向けて、分離気泡の中に閉じ込められました。

以下の画像をご覧ください。次の画像は、非常に小さな三角形の軌跡が溶けた金属のたまりから出てくる様子を示しています。三角形の振幅は、それを作った風の断面に関係しています。この小さな矢印の軌跡が意味するのは、非常に狭い超音速のジェット気流が稲妻から吹き出して岩にこの溝を作ったということであり、その経路を正確に見ることができます。

この進路を囲むように、他にも四面体があるでしょうか? それらは、細い進路とは垂直に向けられ、より大きな振幅を持っています。私は6つの良いサイズのものを数えましたが、小さなものもたくさんあります。

稲妻から吹き出して岩にこの溝を作った

この円弧は、狭い範囲に集中したジェットを流すと同時に、衝撃波が拡散波として外に吹き出し、より大きな振幅を生み出しているのです。また、右下から2本目のライトニングトラック(稲妻の軌跡)が見えます。

右下から2本目のライトニングトラック(稲妻の軌跡)

それぞれのライトニングトラックの爆風と相関する衝撃パターンがあります。地球規模の風の場合、分離気泡はかなり大きくなります。図17を見ると、そのスケール感がよくわかります。

衝撃波  造山運動
図17. 分離気泡と逆流渦の構造

山を形成する分離気泡は、単純な四面体よりもはるかに複雑な衝撃波構造のごく一部に過ぎません。分離気泡の中、周り、後ろには流路があり、そのすべてが地面に痕跡を残します。超音速の風が吹き続ければ、分離気泡で形成された四面体が空気を遮断して新たな風の障害となり、その前に新たな分離気泡が形成されて、風上面の三角形状に堆積する塵をさらに捕捉します。

このようにして、風の脈動のたびに、四面体の面が何層にもわたって堆積物で覆われていきます。風の脈動ごとに塵や電荷の成分が異なるため、堆積した層にはそれぞれ特徴的な化学反応が起こります。

堆積した層
分離気泡は、化学的性質の異なる堆積物を重ねる

これは、風が砂丘を作るのとまったく同じです。ただし、超音速の衝撃波はリジッドでまっすぐで、柔らかい曲線ではなく鋭い角度を描きます。

反射した衝撃波が超音速の風をノズルのように流し、丘の側面に三角形のバットレスを溶接している

砂丘は、起伏のある風の下にある高圧低速ゾーンで形成され、谷の部分は低圧高速ゾーンです。高速風が砂を低速域に運ぶため、波のように見えます。

砂丘

砂丘では、静電気が砂を持ち上げたり付着させたりしていますが、それは衝撃波でも同じです。各層の化学物質が隣の層と反応したのです。

各層の化学物質が隣の層と反応

敷き詰められた物質は、まだ自由に電荷を持って泳いでいます。マイグレーション(イオンの移動)と再結合は層の界面に集中しており、今でも衝撃波の反響でヒスノイズや振動が発生し、異種物質が反応して周囲からイオンを引き出しています。
電荷(帯電)は、キャパシタ(コンデンサ)が電界を作るように、この界面に電界を作ります。継ぎ目は硬くなったり、鉱物化したり、時には反応で発生したガスが排出されたりして、洞窟が拡大する際に水路ができます。石英脈の多くが岩石の継ぎ目を横切って成長するのは、継ぎ目と直交する電界のためです。

※石英脈:高温の熱水が岩石の割れ目を通過する際に様々な元素が沈殿してできた鉱脈のこと。主に石英が主体の場合は”石英脈”とも呼ばれる

石英脈

これは、衝撃波や電界が残した電気的表現です。加水分解されたシリカが熱水作用によって岩石層に移動したというコンセンサスな理論は、完全に間違っているわけではありませんが、電気の役割と、それがどのようにして結晶形成のペースを加速させるのかを見逃しています。また、導電性金属が石英脈に移動する際に電気が果たす役割や、その他多くのことを見逃しています。

石英脈

衝撃波は異なる極性を持っていた。
稲妻を発生させた。
地面と雲をプラズマ電流で繋いだ。
空気、水蒸気、塵をイオン化した。
金属を溶かした。
地面を振動させ、電気を流した。
空気中の物質を静電ろ過で分離した。
物質を幾何学的な形に圧縮し、電流を流して融合させた。
活性回路のプラズマネットワークを形成した。
白熱したダイヤモンド(ひし形?)で風のパターンを作り、その中で火花を散らした。
生物をゼリー状にした。

稲妻

衝撃波は、衝撃”膜”の壁を横切る放電の道であり、電流発生装置であり、キャパシタ(コンデンサ)でもあります。地球の大きな回路であり、自然の主要な作用です。

稲妻、衝撃波は、衝撃”膜”の壁を横切る放電の道

地球が電気体として形成され、現在も機能していることを示す、最も明白で、豊富な、簡単に定義できる証拠です。そして、最も美しいものの一つでもあります。何と言っても、これらの山々を生み出しているのですから。

分離バブルで形成された山
分離バブルで形成された山

フィンランドで岩の写真を撮ってくれたステファン・アマーラ Stefan Ahmala 氏に感謝します。

Stefan Ahmala
フィンランドで岩の写真を撮ってくれたStefan Ahmala

ステファンは最近サンダーボルトを知ったのですが、私たちの多くと同じように、他の世界(自分の仲間以外の人々全て)が狂っている(正気でない)ことを知ってここにたどり着きました。ステファンはとても情熱的で、すぐにこれらの岩が何であるかを認識し、私たちに連絡してきました。

彼の写真が届いたとき、私は正四面体の記事を書いていたことをご存知でしょうか?
まあ、電気宇宙ではそうやって物事が共鳴していくんですよね。
私たちは皆、同じエーテルなのです。
あるがままの姿です。
調和して共鳴することもあれば、破壊的な干渉を起こすこともある。
それが私たちの自由意志です。

──おわり 

サブタイトルの「衝撃的な真実」というのは少し大げさかもしれません。言葉をひっかけたのかもしれませんが。とはいえ、この動画のコメントの数の多さにはびっくりしました。そのなかから、いくつかご紹介します。

コメントから

・NASAの電話番号のジョークはとても面白かったです。
「調和して共鳴することもあれば、破壊的な干渉を起こすこともある」はとても良い言葉です。文明はそのコスモロジーによって定義されるかもしれない……

・私はこれに対して何の不満もありません。 実際、私はこのチャンネルとそこに貢献している人々に尊敬の念しかありません。実のところ、このチャンネルはこのプラットフォームの中で最高のチャンネルです。 感情的な荷物や未解決の問題に直面している私たちにとって、ここで紹介されている論理と理由はとてもありがたいものです。この欺瞞の時代にあなたの努力に感謝します。

・80年代後半、私はテキサス州ダラスのアパートに住んでいた。 外は雷を伴った雨で、窓を開けていました。 私は寝室で洗濯物を畳んでいたのですが、頭上に何かを感じました。 上を見上げると、バスケットボールほどの大きさの火花の球が、部屋の天井をゆっくりと横切っていきました。 それは廊下から寝室に入ってきて、壁と天井のつなぎ目をゆっくりと横切り、部屋にある唯一の窓に向かって進んでいきました。 窓の上の角にたどり着き、窓まで降りてきて、部屋から出ていった。 すると、すぐに建物全体を揺るがすような雷鳴が轟いた。 全部で5~7秒くらいだったと思います。 今でもはっきりと見えています。 あれはボール・ライトニングだったと言われています。 私の体験を伝えたいと思いました。

・今回も素晴らしいプレゼンテーションでした。EU(エレクトリック・ユニバース)は私に全く新しい世界観を与えてくれました。ちょうどその頃、教科書や科学番組に書かれているくだらないことを受け入れる能力よりも、”本流”の視点に忠実であるための必要な”信念”の量が大きくなっていました。今では、どこを見ても、より良い説明を目にし、それに関連付けています。頑張れ、アンディ!

・他のどんな説明よりも理にかなっていると思います。
「おかしなことに、同じ電話番号でした」 ハッ!?
フィンランドのステファン、いいね!
クドース! ハンガリーから。

・私は落雷から50フィート(15m)のところにいて、地面に6インチの穴が開いていました。一番おかしかったのは、雷が畑の真ん中の一番低い場所に落ちたことだ。それは信じられないほど大きな音で、聞こえなかったし、体全体がよろめき、息が切れた。本当にすごい力を見せつけられた。


衝撃的なニュース:稲妻は山を形づくる!

衝撃的なニュース:稲妻は山を形づくる!

「衝撃的なニュース:稲妻は山を形づくることができる !」(ナショナルジオグラフィック)と「雲に電気を流して雨を降らせる科学者たち」という記事から以下、引用します。

青天の霹靂へきれきには様々な力がある。しかし、これまで誰も、それが山の彫刻の主役だとは思っていなかった

ステファン・グラブは、アフリカ南部のドラケンスバーグ山脈を定期的に襲う稲妻の威力を長い間知っていた。19年前、地形学者のステファン・グラブは、猛烈な雷雨に見舞われ、二度と夏のキャンプはしないと誓った。しかし、当時の彼に「雷が山の形成に大きな役割を果たしている」と言われたら「冗談だろう、何を言っているんだ」と言っていただろう。

しかし、今は違う。グラブは、ヨハネスブルグにあるウィットウォーターズランド大学の同僚である地質学者ジャスパー・ナイトとともに、山を形成する力に関する従来の概念に衝撃を与えた。1月1日付の学術誌「地形学Geomorphology」に掲載された研究では、ドラケンスバーグ山頂の岩を砕く主な力は、氷や熱ではなく、雷であるという証拠を示している。

グラブとナイトは、レソトのドラケンスバーグ山頂の4分の1平方マイルを調査し、落雷によって玄武岩の岩肌が破壊され、最大で10トンの破片が10フィート(3m)以上の高さに散乱した場所を90箇所見つけた。落雷の後には、深さ3フィート(91㎝)の穴が開き、小型トラックほどの大きさの岩が移動することもあるという。

ドラケンスバーグは、他のほとんどの山脈と同様に、一般的には氷の風化作用によって削られたと考えられており、熱や自然に発生する化学物質による影響は少ないとされている。しかし、ナイトは「そうではない」と言う。

雷は、風化の原因としてよく知られている”霜の粉砕”とほぼ同じ方法で岩を割る。水が凍ると膨張するように、稲妻によって気化した水も膨張する。この膨張は、岩石の割れ目の中で起こり、岩石の塊を引き離す。しかし、霜の粉砕は一般的に何千年もかけて行われる。稲妻は、最高5万4,000°F(約3万°C)の温度で、数ミリ秒のうちに岩を破裂させる。「基本的には、岩の表面で爆弾を爆発させるようなものだ」とナイトは説明する。

稲妻の兆候
落雷が玄武岩を一瞬で部分的に溶かしてしまうことから、ナイトとグラブは、落雷のあった場所を他の岩石片と区別するための診断ツールキットを開発した。重要な証拠がある。それは、雷が発する膨大な量の電気が磁気を帯びているため、落雷地点の上を通るコンパスの針が大きく揺れることがあるからだ。また、他の岩石と比較して、落雷片は硬く、滑らかで、地衣類が付着していないものが多いのは、一瞬にして砕け散った新鮮な岩石だからだ。

また、強力な電流は、岩石の奥深くに小さな亀裂を広げる。これにより、水、植物、氷、熱などが岩石をさらに風化させる舞台となる。グラブは、稲妻は「より大きなジグソーパズルの一部」であり、何十年もの間、地球科学者が見過ごしてきたパズルのピースだと言う。雷の影響は近くで見るとよくわかるが、遠くから見ると、雷によって形成された山頂は、よりギザギザしているように見えるとナイトは言う。

2人の研究者は、今後さらに調査を進めれば、特にオーストラリア、アフリカ、アジアの温暖な地域で、氷河期にほとんど通過してしまったような、雷によって大部分が形作られた山脈の例が他にも見つかるだろうと考えている。ロッキー山脈やアパラチア山脈とは異なり、ドラケンスバーグ山脈は氷河によって大きく削られることはなかった。

北部の山脈が氷の川によって形成されたことに異論はない。しかし、ロッキー山脈南部のように、氷河が溶けて雷雨が多発している地域では、雷が山頂の風化現象に重要な役割を果たしている可能性がある。温暖化した世界では、その役割はますます大きくなるだろう。(引用終わり)


最後の「温暖化、、、」は余計ですが、、、

雲に電気を流して雨を降らせる科学者たち

雲に電気を流して雨を降らせる科学者たち

(CNN)過酷な砂漠気候で、年間の平均降水量がわずか4インチ(10cm)のアラブ首長国連邦(UAE)は、より多くの淡水を必要としている。その解決策として、UAEは世界中の科学プロジェクトに資金を提供し、雨を降らせようとしている。

その一つが、カタパルトを使って小型の無人飛行機を打ち上げ、雲に電気を流すというものだ。英国のレディング大学の科学者チームは、2017年にこのアイデアを最初に提案した。今回、カスタムメイドの無人機が、まもなくドバイ近郊でテストを開始する。雲の中の水滴を帯電させることで、雨として降りやすくなるという考えだ。

このプロジェクトの中心的な研究者の一人であるKeri Nicollは「充電が雲の液滴にどのような影響を与えるかについては、さまざまな憶測が飛び交っているが、実用的で詳細な調査はほとんど行われていない」と言う。このプロジェクトの目的は、この技術によって水不足の地域の降雨量を増やすことができるかどうかを調べることだ。ニコルのチームは、まず雲の挙動をモデル化した。その結果、雲の液滴がプラスまたはマイナスの電荷を帯びていると、小さな液滴が合体して大きな雨粒になりやすいことがわかった。

雨粒の大きさが重要なのは、アラブ首長国連邦のように雲が多く、気温が高い場所では、雨粒が落ちてくるときに蒸発してしまうことが多いからだとニコルは言う。
「私たちがやろうとしているのは、雲の中の雨滴を十分に大きくして、雲から落ちたときに地表まで生き残れるようにすることだ」とニコルは言う。この提案は、国立気象センターが運営する「UAE Research Program for Rain Enhancement Science(アラブ首長国連邦、降雨の強化科学研究プログラム)」から、3年間で150万ドルの助成を受けることになった。
(中略)
……2018年、アル・マズロイはCNNに対し、海水から塩分を除去する海水淡水化などの代替策よりも、雨の強化の方が費用対効果が高く、環境に優しい水の安全保障の解決策になると語った。UAEには世界最大級の海水淡水化事業があり、副産物として大量の塩水(かん水)が生産されている。しかし、かん水を海に流すと海洋生物に悪影響を及ぼす。
……人工雨という概念は何十年も前からあるが、その効果を示す研究はほとんどなかった。2020年初頭に米国国立科学財団から資金提供を受けたある研究では、ヨウ化銀を用いた人工雨によって降雪量が増加する可能性があることが判明した。
しかし、ある場所に雲を播くことで別の場所の雨を奪ってしまうのではないかという疑問や、ヨウ化銀の長期的な環境への影響などが指摘されている。また、このプロセスは非常に高価だ。(引用終わり)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。