ウクライナ化するブラジル

2023年1月16日この世界

決して触れられないこと

ブラジルでなにが起きているのか? 
よく分かりません。
そうとも言っておれないので、3本、翻訳記事を紹介します。
最初に、あるアフロブラジル人のグイド・メロという方が書かれた記事「ブラジルの支配人たち」を紹介します。それがとても”味のある”文章で、ブラジルの現実の一面が見えてくるのではないかと思います。
彼は「ブラジルの奴隷制社会の人種的ルーツを理解せずして、どうしてここまで来てしまったのか、理解することは不可能だろう」と言います。

前回、ペペ・エスコバル氏の「CIAがブラジルで”マイダン蜂起(暴動)”を企てた理由」の翻訳記事に追加して、ブラジルのネオナチ化の動きを紹介しましたが、CIAと言えばナチスとの深い関係をイメージします。
2本目は、昨年の記事ですが「アゾフとブラジルの関係の背後にあるもの」(2022年3月15日)です。

それとは別に、ブラジルのネオナチ化を報道した短い記事を紹介します。(2020年04月28日)
※これボルソナロが大統領だった時の記事です。

ダニエル・シルヴェイラ

ボルソナリスト副代表、ブラジルのネオナチ・モデルを提案」(2020年04月28日

極右過激派サラ・ウィンターに続き、ダニエル・シルヴェイラ(社会自由党)も”ウクライナ化”を擁護:「そこで何が行われたかを知る者ならわかる」

ボルソナリストのダニエル・シルベイラ連邦副議長(社会自由党 PSL-RJ)は28日(火)「ブラジルをウクライナ化する時が来た」(原文のまま)と弁明した。この言及は、最近、大統領の他の支持者が採用したもので、現在ウクライナで拡大しているネオナチ運動を想起させるものだ。

2014年、ウクライナ政府に対するデモが起こり、選挙で選ばれた大統領ヴィクトル・ヤヌコヴィッチが倒れた。その行為にはナチズムを称揚する団体の存在も強く、民主的機関、労働組合、少数民族への攻撃も記録され、数百人の死者を出した。

「そこで何が行われたかを知っている人は理解するだろう」と、ハッシュタグEuApoioBolsonaroが続く彼のTwitterメッセージで、国会議員は付け加えた。

「ブラジルをウクライナ化しよう」というスローガンは、フォーラムのコラムニスト、クレベル・ロウレンソが指摘するように、元フェミニスト過激派のサラ・ウィンターが打ち出したようだ。大統領の支持者であり、ダマレス・アルベス大臣(女性・家族・人権)の部下でもあるウィンターは、すでにナチズムに関連する団体に共感していることを公然と示している。

ならわかる

※「元フェミニスト過激派のサラ・ウィンター」は2本目の記事で登場します。

今こそ、ブラジルをウクライナ化する時だ! そこで何が行われたかを知っている人ならわかるはずだ。


最後は「新資料が語るバルガス時代のブラジルのナチス党」です。
ブラジルでナチスがどのように組織されてきたのか?
「ブラジルにナチ党が存在し、1930年代から1940年代にかけて強い活動をしていた」証拠が「山のような資料や記録を6年がかりで掘り起こし」て分かってきたという報告です。

ウクライナでのロシアの特別軍事作戦の報道や「専門家」と言われる方々の主張を聞いても、ゼレンスキー政権はネオナチであるという一番肝心なことは、彼らの口からは聞くことはできません。つまり、一番隠しておきたいことなのです。ワクチンの副作用というか、薬害であるということも同様に彼らの口からは聞けません。隠していること、報道されないことの中に真実は隠されています。

ブラジルの支配人たち

The Managers of Brazil
Posted by INTERNATIONALIST 360° on JANUARY 10, 2023
Guido Melo
ブラジルの支配人たち
投稿者:INTERNATIONALIST 360° 投稿日:2023年01月10日
グイド・メロ

©Neil Moralee 2015

ブラジルでの暴動をきっかけに、あるアフロブラジル人が、この国における人種と階級のもつれについて、そしてそれを解くために何が必要かを個人的に考察している。

私が育ったリオデジャネイロの労働者階級が住むイリャ・ド・ガバナドールにあるブラジル銀行代理店に到着したときのことを覚えている。ブラジルでは、黒人の少年はみな子供ではなく、社会から見ればエメット・ティルになりうる年齢である。

Emmett Till:エメット・ルイ・ティル(1941年7月25日 – 1955年8月28日)は、14歳のアフリカ系アメリカ人の少年で、1955年にミシシッピ州で誘拐され、拷問され、リンチされた。ティル殺害の残忍さと、ティルを殺した犯人が無罪となったことは、米国におけるアフリカ系アメリカ人に対する暴力的迫害の長い歴史に注目を集めることとなった。ティルは死後、公民権運動の象徴となった。

父の大きな手を握りながら、私たちは銀行の警備員にドアを開けるのを止められた。
「ポケットの中のものをすべて出しなさい“Remove everything from your pockets, Sir,”」と、38口径のリボルバーを手にした褐色の肌の警備員が私たちに告げた。
この “Sir"は、敬語とは正反対の意味である。
黒人なら誰でも知っている、怒っているような、命令しているような、そんな響きだ。
父は私の手を離すと、繋ぎのジーンズのポケットに手を入れ、黒革の財布と金属のキーホルダー、そして3枚のコインを取り出した。近視の眼鏡もチェックイン台の上に置き、警備員の権威に挑戦するつもりはないことを示した。
そして私の番が来た。
「ポケットから全部出せ!」
私はまだ若かったので、サー・バッジをもらうことはできなかった。

私は、両手を広げ、手のひらを上に向けて「何もありません」と言った。

彼は、今度はもっと厳しく、顎をしゃくって言った。

「Tシャツを上げろ」

私はそれに従った。

私はすでに、こうした屈辱的な儀式や、それが私の黒人家族の生活の一部であることを知っていた。そして、そのような日常的なやりとりを乗り切るには、頭を下げて、受けた指示に迷うことなく従わなければならないことも知っていた。人生とはそういうものだ。
ブラジルでは人種差別があまりにも日常的で、私はそれが当然だと何年も信じていた。これが私の現実だった。私の世界観はすべて、そのプリズムから見ている。数年後、オーストラリアで、ある程度快適な生活を送っていても、私が人生の早い段階で吸収したことは変わらない。

しかし、その逆のことを学んでいる人がどう感じるかは、想像に難くない。彼らは、不自由なく暮らすのが当然だ、弁護士、会計士、俳優、その他何にでもなる運命にある、自分の外見がそうであるから、社会の一流人の一部になれる、自分は遺伝的にも道徳的にも優れていると信じる、最も重要なことは、”その他”(黒人、先住民、その他の非白人)は、(我々)は”怠惰”あるいは”愚か”であるから苦しみに値する、我々がこの状態に置いた、不平等などというのは作り話だと信じる、という教えを学ぶことだ。

植民地時代に、歴史的に最も多くの奴隷民族を誘拐し、強制的に売買していた国で。
1888年にアフリカの奴隷制を廃止した最後の国。23分に1人の割合で黒人が殺される国。
マキャベリ的な駆除と優生学の計画によって、ヨーロッパの人口を増やし、繁栄させた場所。
この国では、今日、黒人の人口がフェンスの片側に、白人の人口がもう片側にいることは驚くことではない。

そして、先日の国政選挙でも、人種によって票が割れた。黒人の多い都市ではルーラに投票し、90%という高い投票率を記録したところもあったが、白人の多い都市では7対1でボルソナーロに投票した。アフリカ系アメリカ人が専制政治に対する最後の砦となることが多い米国と同様、ブラジルでもアフロブラジリアンは民主主義の究極の擁護者だ。

もちろん、そんな単純な話ではない。何事もそうだ。人は選択するか、外的・状況的な力によって選択するように仕向けられる。
ボルソナロに投票したアフロブラジル人はたくさんいるし、ファシズムに対して私と肩を並べて戦っている白人もたくさんいる。しかし、ブラジルの奴隷制社会の人種的ルーツを理解せずして、どうしてここまで来てしまったのか、理解することは不可能だろう。

支配人

屈辱的な歓迎を受け、ブラジル銀行に入ってから、父と私は会計の順番を1時間待った。
彼女は典型的な連邦政府職員だった。──髪をお団子ヘアにして、爪を研いで、身だしなみを整えている。

父が提出した紙を一瞥すると、現金出納係はこう言った。

「この列ではありませんよ」

父は冷静になって、支店長を呼んでくださいと言った。銀行の方針として、客が呼べば応じなければならないことになっていた。しばらくして、支配人、中年の白人男性がやってきた。
父がブラジル空軍の隊員であることを知ると、信じられないほどの待遇で迎えてくれた。父にはコーヒー、タバコを吸えるように灰皿、そして私にはホットチョコレートまで。
私たちは必要なものを手に入れ、銀行を後にした。

このエピソードがあった頃、ブラジルでは長い軍事独裁政権を経て、徐々に完全な民主主義が戻りつつあった。空軍の一員であることは父を守ってくれたが、これは緊急時にしか使わない道具だった。
やはり、全面的に良い人、悪い人はいない。悪は状況に応じて変化するものであり、敵に見られる悪は自分の中にも潜んでいる。

後日、父から言われたことを今でも覚えている。
「息子よ、決して現金出納係と争うな! いつも支配人だ。支配人と戦え!」

これは、マルクス主義とウブントゥ(ズールー語で”他者への思いやり”や”皆があっての私”といった意味)の哲学を合わせたものだった。階級闘争と人種的抵抗の知恵がひとつになったものだ。
私は、何か重要なことを学んでいるのだと思った。10代前半の私にとって、それは啓蒙的なものだった。

この瞬間のブラジルの顔は、何十年も前にあの銀行で出会った人たちと似ている。

二人のアフロ・ブラジリアン男性(つまり、少年と男性)があの銀行に入ったとき、私たちは構造的な抑圧に直面していることを認識した。人種差別の歩兵には、さまざまな顔、 性別、社会階級がある。フレイレが主張するように、抑圧者のために仕事をすることを選んだ、 あるいは選ばれて、自ら抑圧者になる人々は、さまざまな人生を歩んでいる。

それでも、自分たちなりの悪事を働かなければならなくなるまで、その運命を受け入れた。そして、反撃を迫られた挙句、状況的に抑圧する側に回らざるを得なくなった。

ボルソナーロに投票したのは誰?

ブラジルの有権者の約半数(ほとんどが白人)は、人種、ジェンダー、そして何より階級を主な敵と見なす利己的な知的エリートが率いるボルソナロに投票した。
私は彼らと戦いたい誘惑に駆られる。まるで都市ゲリラのような戦に身を投じ、歩兵、迷える者、見当違いの者、そして混乱した者と戦いたいのだ。私は、ファシズムの出納係を攻撃したい誘惑に駆られる。

ボルソナロは支配人なのか?
そうだ。しかし、彼だけではないのだ。
ブラジルのオリガルヒは、パンタナールやアマゾンを破壊して、大豆や他の収益性の高い単収穫作物を栽培している──気候変動や動物相、植物相を何とも思っていない。
サンパウロ証券取引所の株式仲買人たちは、何千人もの人々が今夜食べるものがなくても、ドルのことだけを気にしている。
従業員に低賃金で酷使させる不謹慎な経営者たち、現代のメイドの奴隷化を恥ずかしげもなく永続させる金持ちの女たち。
その考えをごまかしと誤った二項対立で支える手助けをする学者たち。
そのすべてが支配人なのだ──そして、私の父が教えてくれたように、彼らこそ、私が目を光らせておかなければならない人たちなのだ。

支配人の部屋に行くには、悪を解き放たなければならないかもしれない。
そうでないことを祈る。

アゾフとブラジルの関係の背後にあるもの:ネオナチがブラジルの”ウクライナ化”を推し進める理由

BEHIND THE AZOV-BRAZIL CONNECTION: HOW NEO-NAZIS ARE PUSHING TO “UKRAINIZE” BRAZIL
MARCH 15TH, 2022
アゾフとブラジルの関係の背後にあるもの:ネオナチがブラジルの”ウクライナ化”を推し進める理由
2022年3月15日

アゾフとブラジルの関係の背後にあるもの

サンパウロ──この2週間、ブラジルのボルソナリスタの小集団は、ロシアと戦うために国境を越えてウクライナに入り、ソーシャルメディアの有名人になった。インスタグラムでアサルトライフルのポーズをとり、特殊部隊への祈りを唱え、ロシアの”共産主義者”を殺すためにウクライナの都市リヴィヴ近くの訓練基地に集まった世界中の人々の兄弟愛を賞賛する独白ビデオを共有した。このグループの経験不足は、ソーシャルメディアへの投稿のほとんどに地理的位置情報が含まれていたことで証明された。

しかし、3月13日にリヴィウ近郊の訓練基地がミサイル攻撃を受け、彼らのTwitterやInstagramに控えめな写真や動画が次々とアップされるようになると、事態は一変した。

ポーランド国境を越えたジェファーソン・クレイディアンは、負傷した小指を振り回しながら「あと1日、地球にいられることを神に感謝します」と自撮り写真を投稿している。

ジェファソン・クレイディアン

元戦闘員のジェファソン・クレイディアンは、ポーランドの安全な場所から、地球でもう1日過ごせることを神に感謝した。

アンドレ・ハックは、基地で友人を失ったと投稿した。28歳の射撃場指導員でボルソナロ狂のティアゴ・ロッシは、ミサイル攻撃の直前に基地から逃げ出したと動画をツイートした。
「我々の軍団はすべて破壊された。私が持っている情報は、全員が死んだということだ。戦闘機がミサイルを撃ってくるということがどういうことなのか、わかっていない。まさか本当の戦争だとは思わなかった」と語った。

「おまえたちは、ジェット機がミサイルを撃ってくるということがどんなことかわかっていない」
戦争は映画でもビデオゲームでもないんだ。
ブラジル人は、ロシア軍のミサイルが外人部隊の配備されている基地を襲ったときのことを述べている。
翻訳してくれた@BrianMteleSURに感謝する。
https://twitter.com/MapsUkraine/status/1503119018642882560

そもそも、このブラジル人たちはウクライナで何をしていたのだろうか?
その問いに答えるには、ブラジルにおけるナチス思想の復活と、2019年にジャイル・ボルソナロが就任して以来270%という驚異的な成長を遂げたブラジルのネオナチ集団と、アゾフなどのウクライナのネオナチ組織との関係の深化を振り返る必要がある。

1930年代、ブラジルにはヨーロッパ以外では最大のドイツ・ナチ党があり、インテグラルスタと呼ばれるもっと大きな土着ファシスト運動があり、1938年にクーデターを起こそうとした。クーデターは鎮圧されたが、アメリカ大陸で最後に奴隷制を撲滅した国として、すでに深刻な構造的人種差別に苦しんでいたこの国で、このイデオロギーは生き続けた。

ブラジルの現大統領、ジャイル・ボルソナロは、米国司法省とブラジル検察当局の合同作戦により、2018年の大統領候補の有力者を冤罪で投獄した後に政権を握ったが、労働組合指導者や知識人、共産主義者に対して死の部隊や拷問といったゲシュタポ戦術を用いたファシストに近い軍事独裁政権時代に陸軍大尉としてキャリアをスタートさせた。

2004年、下院議員だったボルソナロは、ネオナチのウェブサイトに一連の手紙を書き「君たちのおかげで私は政治をやっている」などと言った。反共ヘイトスピーチを基盤にした彼の大統領就任は、独裁政権末期から潜在していたファシズムへの国民の支持を一気に高めた。ブラジルの法律では、ナチス組織は違法だが、人類学教授でナチス研究家のアドリアナ・ディアス氏によると、現在ブラジルには530のネオナチ細胞が活動しているという。2012年以降、これらの組織はウクライナのナチス組織との交流を深め、ブラジルのナチスはドンバスでアゾフとの戦闘経験を積み、ボルソナロ支持者の右翼過激派が運営する”ウクライナ・ブラジル”キャンペーンを展開するようになった。

フェミナチ FEMENAZI の役割

サラ・フェルナンダ・ジロミニは、サンパウロでナチスのスキンヘッド・ギャングに関わっていた10代の頃、VKのアカウントを開設してロシアやウクライナのネオナチと友達になり、Facebookで読んでFEMENを知った。
VKは、ロシアが運営する人気のソーシャルメディアプラットフォームだ。

ジロミニは2011年に初めてウクライナを訪れ、FEMENのリーダーやウクライナの極右の当事者たちと出会い、訓練を受けた。2012年にブラジルに帰国した後、彼女は1920年代の英国のファシストへのオマージュとして、サラ・ウィンターと名乗り始めた。

※サラ・ウィンター(旧姓ドンビル・テイラー)は、英国のナチス支持者として知られ、英国ファシスト連合のメンバーであり、1920年代と1930年代を通じてソサエティの女性支配人として活躍した。

一連のトップレス抗議行動によってジロミニが有名人になった後、FEMENブラジルは1年足らずで崩壊した。組織のナンバー2だったブルーナ・テミスは辞職し、一連の内部告発のインタビューに答えて、ウクライナ人が彼らの性差別的な(女性蔑視の)容姿と体重の基準を満たさないブラジル人女性を追い出すよう要求したこと、グループの本当のリーダーはアンドレイ・クイアというマイナーな極右政治家で、頻繁にウクライナと行き来していること、クイアとジロミニが寄付者から金を巻き上げて自分のものにしていることを明らかにした。

FEMEN:ウクライナで始まった FEMEN 運動は、自らを「胸を張って世界の性的および社会的平等を擁護する、トップレスの女性活動家のスキャンダルで有名な組織」と表現している

最高裁判所長官に対して暴力を加えるぞと脅しながら銃を持ったポーズをとった後、ジロミニは自宅軟禁された

最高裁判所長官に対して暴力を加えるぞと脅しながら銃を持ったポーズをとった後、ジロミニは自宅軟禁された。

それから間もなく、2012年にキエフで行われたFEMENの抗議活動中にジロミニが逮捕されたにもかかわらず、FEMENブラジルは彼らとは何の関係もないと、FEMENウクライナは発表した。ジロミニは現在、FEMEN時代、彼らは抗議活動1回につき2000ドルを支払っていたと言っている。

ディアス教授によると、FEMENが解散した後、ジロミニは、今日まで彼女のVKアカウントでアゾフやフェニックス大隊の複数の指導者と友人であり続け、ウクライナのネオナチをブラジルに招待するようになったそうだ。

2016年、ドイツやイタリアの移民の波が何度も押し寄せ、独自の長いファシストの伝統がある南部リオグランデ・ド・スル州の文民警察は、アフロブラジル人、ユダヤ人、LGBT+に対する暴力攻撃を計画していたネオナチ集団に対する調査を実施し、ウクライナのネオナチ民兵組織ミサンスロピック ディビジョン(ウクライナを拠点とする国際的なネオナチグループ)がドンバス地方でアゾフと共にボランティア戦闘員として活躍すべく州内7都市でブラジル人ナチスを勧誘していたことが発覚した。”アゾフ作戦”と名付けられたこの調査は、当時、ブラジルイスラエルのマスコミで十分に報道された。

有力候補のルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルバが2018年の選挙戦中に独断的に投獄された後、ボルソナロはナチスの影響を受けた反共産主義のプロパガンダの波に乗って政権を獲得し、自分を批判する人物や組織には共産主義者というレッテルを貼るようになった。ある時は、世界で最も古い保守系雑誌「エコノミスト」を “共産主義者“と呼んだこともあった。

この頃、中絶反対運動を主張するメンバーだったジロミニは、ボルソナロのために激しい選挙運動を展開した。彼が2019年に就任した後、彼女は “ブラジルのウクライナ化"を公に呼びかけるようになった。公然とファシストを掲げるリオデジャネイロの議員ダニエル・シルベイラなど、ボルソナロに関連する最も反動的な公人の多くがこのキャンペーンに参加した。

※ボルソナリストのダニエル・シルベイラ連邦副議長(PSL-RJ)は28日(火)、「ブラジルをウクライナ化する時が来た」(sic)と主張した。この言及は、最近、大統領の他の支持者が採用したもので、現在ウクライナで拡大しているネオナチ運動を想起させるものだ。

ディアス教授は「アゾフの戦術は常に、ある都市に300人の集団を連れてきて、地元の人々とのトレーニング活動を通じて、右翼的な過激派運動を始めることだ」と言う。ジロミニはブラジリアに移住し、”300人のグループ”という組織を立ち上げ、ブラジルのウクライナ化のための支持を集めることに貢献した。

2020年、ブラジルの最高裁がボルソナロの憲法回避の試みのひとつを阻止した後、ジロミニのグループ300はナショナル・エスプラネード(遊歩道)に陣取り、裁判所の建物の前でティキトーチ(松明)を振り回す抗議活動を繰り返し、裁判所に向けて花火を打ち込んだ。銃を持って自撮りするポーズをとりながら、彼女は最高裁判所の大臣に対する暴力を引き合いに出した。2020年7月15日、最高裁判所は彼女の逮捕を命じた。刑務所で2週間後、彼女はアンクルモニター(仮釈放または自宅軟禁の条件として、足首モニターが着用者の位置を特定するために使用される)を与えられ、自宅謹慎に移され、ソーシャルメディアから離れるよう命じられた。それ以来、彼女はずっとそこにいる。

最高裁前で抗議活動を行うサラ・ジロミニ(別名ウィンター)

最高裁前で抗議活動を行うサラ・ジロミニ(別名ウィンター)

一方、ボルソナロ派の集会では、ウクライナの国旗やウクライナ極右のシンボルが人気を集めるようになった。
2020年、2014年からキエフに住み、同地の”補助ボランティア警察部隊”の一員だという元兵士でセキュリティ・コンサルタントのアレックス・シルヴァが、ボルソナロの集会で赤と黒の右派セクター(ウクライナの親モスクワ政府を転覆させたマイダン抗議の激しい街頭衝突から出現した、最も有名で物議を醸す武装グループ)の旗を宣伝カーに掲げ、それをマントのように着て群集の中を歩くところを撮られ、ウクライナ大使館から公式に免責を受けるほどのメディア論争を引き起こした。現在キエフに戻っているシルバは、ブラジルの極右勢力にとってもう一人のインターネット上の有名人となり、今週もキエフの武装した自主パトロールの動画を投稿している。

ブラジルのウクライナ化

レオネル・ラドデはポルト・アレグレ市議で、リオグランデ・ド・スル州のネオナチグループの調査に多くの時間を割いている。ブラジルとウクライナのネオナチ集団のつながりについて問われ、彼はこう答えた。

「この国のナチグループの大半が、ウクライナのデザイン要素を使用していることは明らかです。彼らは同じシンボル──主に黒い太陽──を使っており、彼らは皆、ブラジルをウクライナ化するという話法を使っています。彼らはまた、収容所の設置や広場の占拠など、ウクライナの戦術を適応させることを話し合っています。2014年にウクライナで起こったことを真似しようとしているのは間違いないでしょう。サラ・ウィンターはポルト・アレグレ近郊で組織活動をしていて、彼女がこの全体を始めたのですが、彼らがインターネットで見たものをどれだけコピーしているのか、それともウクライナから資金援助を受けているのかを解明しようとしているところです」

極右インフルエンサーのアレックス・シルヴァは、元兵士でキエフの”補助ボランティア警察官”だったが、サンパウロの2020年抗議デモで右派セクターの旗をまとっている。

極右インフルエンサーのアレックス・シルヴァは、元兵士でキエフの”補助ボランティア警察官”だったが、サンパウロの2020年抗議デモで右派セクターの旗をまとっている。

一方、アレックス・シルヴァのような極右のソーシャルメディア・インフルエンサー(大きな影響を与える人)は、今もウクライナからレポートを送っている。先週、ブラジリアのウクライナ大使館は、ブラジル人からウクライナ軍に志願したいという依頼を100件受けたと述べ、UOL(ウニヴェルソ・オンラインUniverso Online SA, UOL、ブラジルのインターネット会社)は、ボルソナリスタのソーシャルメディアグループを分析すると、他に500人が行く予定であることが分かったと報じている。

リヴィウ近郊でのミサイル攻撃や、ポーランドに逃れた怖そうな元ブラジル人戦闘員からの報告で、この状況が変わるかどうかはまだわからない。いずれにせよ、ウクライナのナチスからの政治的教化(洗脳)が、ブラジルで拡大する極右の間で定着し、今年の大統領選挙の季節の要因になることは明らかである。

Feature photo | MintPress News | Associated Press

ブライアン・ミエル(@BrianMteleSUR)は、テレスール英語TVニュース番組「From the South」のブラジル特派員、「Brasil Wire」の共同編集者、ポルトガル語WebTV番組「Globalistas on Brasil 247」の共同ホストを務めている。ブラジル在住歴は26年。

私たちの記事を再掲載してください
ミントプレスニュースは、クリエイティブ・コモンズ Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 International Licenseの下でライセンスされています。

ハイル、ヒトラー
新資料が語るバルガス時代のブラジルのナチス党

Heil, Hitler
Novos documentos contam a história do Partido Nazista no Brasil de Vargas

ハイル、ヒトラー
新資料が語るバルガス時代のブラジルのナチス党
マルセロ・カルネイロ
1726号 2001年11月14日

サンパウロ州アーカイブ

サンパウロ州アーカイブ:サンパウロでのナチスの敬礼:子供たちさえも逃れられなかった
サンパウロでのナチスの敬礼:子供たちさえも逃れられなかった

1942年8月、ブラジルが対ヒトラー戦争で連合国への支持を表明した直後、ドイツ人のオットー・ブラウンがサンパウロの政治・社会秩序専門局(Deops)の独房のひとつに連行されることになった。翌年2月まで、凶暴なバルガス独裁政権が課した体制で、”厳重な通信不能状態”のままであった。この間、ブラウンは家族や友人とも話せなかったが、彼がデオプス捜査官に語ったことは、戦後半世紀以上経った今、歴史に刻まれた。
彼は、ブラジルのナチス党員を、管理職も含めて、一人一人名指しで暴露した。会計係で党の全国指導部員だったオットー・ブラウンの発言は、今になって明らかになったものだ。
この文書は、サンパウロ大学(USP)の歴史学者アナ・マリア・ディートリッヒが、現在サンパウロ州立文書館が保管している、今はなきデオプスの文書の中から発見した珠玉のひとつである。山のような資料や記録を6年がかりで掘り起こし、300ページの修士論文に仕上げた努力の結晶である。ブラジルでナチスがどのように組織され、党組織まであったかを詳細に明らかにした最初の研究である。
この時代に関する最大の専門家の一人で、アナ・マリア・ディートリッヒの論文を監修したマリア・ルイザ・トゥッチ・カルネイロ教授は「このテーマに関する新しい情報だけでなく、明るみに出た資料のおかげで、前例のない作品となりました」と語る。

オットー・ブラウンのようなドイツ人が、ブラジルにおけるナチスのテーゼの普及に果たした役割は、歴史家の論文において重要な章である。1924年からブラジルに住んでいたオットー・ブラウンは、1942年と1944年の二回、デオプスに滞在していた。彼の発言は、この国の政党組織全体を解体するためだけにあるのではない。また、ブラジルから第三帝国の戦費を不正に送金する巧妙な作戦も発見された。
ドイツ・トランスアトランティック銀行ブラジル支店の従業員であったオットー・ブラウンが、一連の闇取引をコーディネートしたのだ。ブラジルに住むドイツ人のお金は、スイスの貸金庫に送られ、そこからドイツに渡った。また、この時期には、ドイツ人の帰国を奨励した。デオプスのファイルには、ナチスの会議でドイツ人がブラジルのことを”ガストランド(宿泊の地)”と呼んでいたことが警察官から報告されている。

「ドイツの夜明け」新聞
「ドイツの夜明け」

しかし、捜査官の報告書は圧倒的に重要な資料ではない。ドイツ人容疑者宅で押収された写真資料やナチスのプロパガンダは、遺物とも言える。ブラジルにおけるナチス党の存在感は、実質的にこれだけしか残っていない。正式には登録されていなかったが、国、州、市レベルの規約と理事会があるだけでなく、バルガス政府からも認められていた。1938年、大統領が外国人の政治参加を禁止すると、地下に潜るようになった。
ドイツは大使館を通じて、党の指導者たちに、ブラジルに関するヒトラーの計画を明らかにするようなあらゆる文書を国に送るよう義務づけた。ブラジルでナチスの資料を持って逮捕されたドイツ人は、自国の政府から何の支援も受けられないという明確な決意であった。この措置は、サンパウロの政治警察がヒトラーの若者向けの入門書から「ドイツの夜明け」(Deutscher Morgen)という新聞など、ブラジルにおけるナチ党の公式機関紙まで押収するのを妨げるものではなかった。(上図参照)
サンパウロの内陸にあるプレジデンテ・ベルナルデスでは、警察がドイツ人のフレデリク・ディアケンの写真を見つけ、その中で子どもたちがナチの敬礼を練習しているのを発見した。

今日まで、このテーマを研究してきた歴史家たちは、ブラジルにナチ党が存在し、1930年代から1940年代にかけて強い活動をしていたことは確かだと考えていた。しかし、そのリーダーについては何も知らない。1930年代には、ミナスジェライス州やリオグランデドスル州などブラジルの主要な州の一部と、当時の連邦首都であるリオデジャネイロで党が組織された。しかし、メンバーのほぼ30%がサンパウロに住んでいた。このことから、アナ・マリア・ディートリッヒの論文の主な情報源であるサンパウロの首都のデオプスの資料が、ブラジルにおけるナチス党の存在について最も完全であると推測することができる。これらの文書は、バルガス時代や1964年以降の軍事政権など、この国の歴史的瞬間に関する最も優れた研究資料のひとつである。歴史家の場合、ゲトーリオ・ヴァルガス政権がドイツとの関係で振り子政策をとっていた1937年から1945年までの期間を研究対象とすることが選択肢にあった。

サンパウロ州アーカイブ

サンパウロ州アーカイブ:サンパウロでのナチスの敬礼:子供たちさえも逃れられなかった
1940年代の同窓会:ブラジル国旗の隣にある鉤十字マーク

ヒトラーがブラジルの敵になったのは、1942年のことだ。全く逆だ。1938年、ブラジルの対外貿易に占めるドイツの割合は22%であった。この年、バルガスは、外国人の政治参加を制限する法令を次々と発布した。しかし、最初に逮捕されたのは、ブラジルがついにアメリカとの同盟を決めた1942年以降である。
デオプス文書には、政府の怪しげな立場がはっきりと表れている。
28歳のアナ・マリア・ディートリッヒにとって、バルガス時代の政治警察のアーカイブに潜ることは、いくつかの亡霊を追い払う機会でもあった。1920年代にブラジルに移住したドイツ人の祖父エーリッヒ・ディートリッヒは、1938年にドイツに帰国し、ヒトラー軍に召集された。アフリカ、イタリア、ロシアで戦い、ついに逮捕された。アナ・マリアは論文発表の文章で、3年前に亡くなった祖父とこのテーマについて話すことができなかったと告白している。「私は別の方法でこの物語を明らかにすることを望んだのです」と歴史家は言う。

──おわり

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
@kiyo18383090