ドネツクの住民は旗と花で戦闘員に会いました

2024年5月9日

テレビや新聞しか見ない人々にとっては、この現実は全く反対に映る。ロシアは苦戦していて、あろうことか住民を虐殺しているひどい国だということになっている

ウクライナの子ども、地下に通じる階段で掃除している

2024年5月9日

ウクライナ兵や親ウクライナのソーシャルメディアは、現場での処刑や捕虜の拷問など、サディスティックな戦争犯罪を誇らしげに公開してきた。

ソニア・ファン・デン・エンデ

2024年4月24日ソニア・ファン・デン・エンデ

日本と欧米の政府と主流メディアは、ナチスとウクライナのネオナチを応援してしまうという"不思議"な現象が起きている

アンドリアナ・クリレツ

2024年4月24日ドラゴ・ボスニック

ネオナチグループは、ウクライナの主にロシア語を話す人々を ”役に立たない(資質・知能などが)普通の人間より劣る人々” だと見なし、公然とその抹殺を呼びかけている。

”アゾフスタール”付近の住民

パトリック・ランカスター、ゼレンスキーの民間人を狩る”ナチス”殺人兵士の実態を暴露。現地の生々しい声で知るウクライナ

あなたの居場所へ足を踏み入れる

2024年4月24日バーノン・コールマン

嘘(ニュース)が何度も繰り返されれば、やがて多くの人が真実と混同するようになる。政府を疑え、マスメディアを避けよ、嘘と戦え。

ブチャの地図

2022年11月24日

ウクライナのネオナチ集団が何をしているか、何もご存知でない方は、知れば卒倒するかもしれません。しかも、少なくとも8年前からです

ルーブルガス

2022年4月5日

ダボス会議のグレートリセットは、ロシアンリセットによって打ち砕かれた

ラッセル・ボナー・ベントレー

2022年6月1日

彼女は路上に座り込み、血の海で、両足の横で、ロケット弾で両足が吹き飛ばされていた…… その写真を見たとき、私はここに来ると確信した

ウクライナの病原体研究への資金提供におけるハンター・バイデンの重要な役割を示す資料を公開

ハンター・バイデンが経営する投資ファンドが、ウクライナのリスクの高い生物学的研究に資金を提供していた

BIOHAZARD

この文書から「キエフに特に危険な微生物の中央保管庫」を作る意図や、ドローンによる生物製剤の配布方法などが明らかになった

ウクライナのネオナチ

これは、ニュースを配信するメディアがプロパガンダ組織にすぎなかったことを、メディア自らが公然と告白し始めたということ

ヴァシリー・プロゾロフ氏の身分証

2022年4月9日

ウクライナからネオナチを一掃できなければ、一斉に先進諸国で全体主義、管理社会が芽を吹きだしてきます。

ユリア・プロソロワ

2022年5月26日

「マリウポリ市民はネオナチ・アゾフ連隊の犯罪を糾弾する」と「元ウクライナ保安庁の”囚人”『私は11日間レイプされ、生き埋めにされた』」

No Nazis in Ukraine, huh? Maria Zakharova, March 17, 2022

ナチスドイツは第二次世界大戦で消滅したわけではありません。ナチス幹部を匿い、戦後、要職に付けたのは欧米の支配層です。

CRISPR-Cas9を用いたキューティクル色素に関連する遺伝子の破壊

2023年3月6日ディリアナ・ガイタンジェヴァ

国際刑事裁判所のローマ規程第8条は、生物学的実験を戦争犯罪と定義している。しかし、米国はこの国際条約の締約国ではない

米国生物防衛分析・対策センター(NBACC)の研究所で病原体を研究する科学者たち。写真提供:NBACC

2023年5月27日おすすめ,ディリアナ・ガイタンジェヴァ

ディリアナ・ガイタンジェヴァの調査レポート。米軍は国連の生物兵器の禁止に関する条約に直接違反して致死性のウイルス、バクテリア、毒素を定期的に生産している。

Dirty Obama

2023年3月8日

オバマ大統領がウクライナに危険な病原体を作るためのバイオラボの建設を命じたことを示す文書が公開された