MIRロゴ(シンボル)

2023年6月12日ペペ・エスコバル

ロシア・バッシングの反動:国際的なロシア愛(愛好家)運動(MIR)の誕生。ペペ・エスコバルによる前書き

エフゲニー・プリゴジン

アレックス,デボラ・L・アームストロング

NATO/ウクライナは、このニンジンを追いかけているロバだ。

プリゴジン

デボラ・L・アームストロング

プリゴジンの発言はリトマス試験紙かもしれない。誰がどういう反応を示し、どういう判断を下すのか?

フォン・デア・ライエン、ゼレンスキーと会談

2023年6月2日エヴァン・ライフ(リーフ)

政治経験がほとんどないにもかかわらず、とんとん拍子で上り詰めた人。しかし、ナチスの血統は知られたくないと思っている

Eugenics

危ないものとして非難してきたファシズムとコミュニズム、同じ手法を使って庶民を管理支配しようとしている

三途の川でウクライナの反攻

ウクライナ

ウクライナは地獄への道を歩んでいるのに、いつまで現実離れして裕福な暮らしをしているゼレンスキー大統領に我慢するのか?

ゴルロフカ出身のヴィクトリヤ・セルゲーヴナ・ベレゴヴァヤ

デボラ・L・アームストロング

アメリカは、人生を終わらせるのではなく、人生を向上させるためにお金を使い始める時ではないだろうか?

写真: ZAMIR USMANOV/GLOBALLOOKPRESS

デボラ・L・アームストロング

ホロコーストがすぐ隣で進行している間に、どれだけのドイツ人がホロコーストの真実を信じたのだろうか?

ウクライナの兵士が子どもたちに銃について教えている。Photo credit: Yandex

2023年4月15日デボラ・L・アームストロング

ウクライナは"いじめっ子"。ところが悪ガキはコテンパンにやっつけられる。テレビの報道を真に受けている人には寝耳に水。何が起きたの???

ウクライナの兵士が子どもたちに銃について教えている。Photo credit: Yandex

2023年4月15日デボラ・L・アームストロング

他民族や他者への憎悪を植え付け、武器を持ち殺人を教える国、ウクライナ。その国とゼレンスキーを応援する「文明国」日本と西側諸国

ウクライナの地図

ヴェルナー・リューゲマー

ヨーロッパで最も貧しく、最も病気の人が多い国、タバコの密輸の拠点、女性の身体売買の世界的リーダー

オラフ・ショルツ首相とジョー・バイデン米大統領は、繰り返し友好的な関係をアピールしている。しかし、この2人の本当の仲はどうなのだろうか。

シーモア・ハーシュ

ノルドストリームを破壊した犯人は誰か?  バイデンはその答えを知っている。ショルツもまた知っていた。

スコット・リッター

2023年3月28日スコット・リッター

劣化ウラン弾をウクライナに送るイギリスの厚顔無恥。イラクでは、米国による大量の劣化ウラン使用で、何千人もの子供が奇形児として生まれた

2007年、闇市場における臓器価格の内訳。写真 ACAMS Today

2023年3月6日デボラ・L・アームストロング

戦場では遺体が150ドルから200ドルで売られ、たった一体の遺体から採取した臓器の価値の合計が1千万ドルに上る

"レゴのように"バラバラにされた人間

デボラ・L・アームストロング

ウクライナでは臓器狩りが許可なく、しばしば秘密裏に実行されている。臓器の摘出をする人々は紛争が起きるとハゲタカのように外国から飛来してくる

闇市場移植医

2023年3月6日デボラ・L・アームストロング

ゼレンスキーが支配するネオナチ政権の実態。臓器売買は、第二次大戦でナチスドイツが強制収容所で行った犯罪と同じでは?

怒れるウクライナ人、ゼレンスキーに訴える

一見、ひとりの女性が怒りに任せてゼレンスキーの悪口を言っているような印象を受けます。そうでしょうか?

第二次世界大戦中のナチス・ウクライナのロマンス[出典:Greenvillepost.com]

エヴァン・ライフ(リーフ)

どうして戦後もナチズムが脈々と生き続け、再生されてきたのか? そして、今日のウクライナ紛争につながっているのか?