スリー・リバーズのペトログリフ

デイヴィッド・ドリュー

人類の歴史を通じて、人々はオーロラを擬人化し、神話化してきた。レンスはアクシス・ムンディ(世界軸)を特別に研究した。

記憶喪失の人類

デイヴィッド・ドリュー

中東では紀元前1千年紀に天文学の専門家であったカルデア人が1年をきっかり360日とし、ペルシャ人は紀元前7世紀まで360日の1年を使用していた

ニヌルタ

2024年6月7日デイヴィッド・ドリュー

夜空に浮かぶ小さな粒にしか見えない惑星が、なぜ我々の祖先たちをこれほどまでに魅了したのだろうか?

ブラックホール?

デイヴィッド・ドリュー

ビッグバン仮説は、少なくとも学界では、現在支配的な宇宙論であると主張することができるが、それをイデオロギーに過ぎないとみなす人も増えている。「はじめは何もなかった……それが爆発した」

クーン・サイクル

デイヴィッド・ドリュー

どんな科学理論も鉄壁ではないし、もしそうだと思っている人がいるなら、それはおそらく科学ではなく、イデオロギーを押し売りしているのだろう

relativity balls

デイヴィッド・ドリュー

時間が空間をゆがめるという考えは、一見したところ滑稽であり、宇宙論に浸透している狂気を反映している。「原子時計の発明者ルイス・エッセン博士、アインシュタインの相対性理論を否定」収録

ヘスダーレン・ライト

これらの現象は、プラズマ、電気、磁気の本質について、私たちがまだまだ多くのことを学ばなければならないことを確認させる。

ピラミッド

2024年4月13日

従来の地質学についてあなたが知っていることはすべて忘れてください。それは明らかに間違っている。

月のクレーター

普段見慣れている月。その南半球には、ティコ・クレーターと呼ばれる蜘蛛の足のように光って見えるクレーターがあります。 クレメンタイン・スター・トラッカーが撮影した月の近傍のモザイク。画像は1994年3月15日に撮影された。こ ...

スプライト

上層大気中の稲妻の発見は少なからぬ驚きだった。ソーンヒルの「メガライトニングに撃ち落とされたコロンビア」も併せて紹介

電磁気的重力?

2024年3月26日

電気力に基づく考え方が、主流派の天文学者、さらには一般的な業界誌によって組織的に見過ごされていることに驚いている

オーロラ

2024年3月26日

主流科学では、なぜ宇宙空間は電気的に中立だと考えられているのか? 物理的UFO証拠に関するスターロック・ロックフェラーワークショップ

プラズモイド

2024年3月26日

宇宙空間は、膨大な距離にわたってエネルギーと推進力を伝達する電流のネットワークで満たされている。惑星、恒星、銀河は生まれては死ぬ。宇宙は循環している!

ペラット博士、研究室でプラズマの実験

2024年3月26日

ダブルレイヤー、Zピンチ、ペラット不安定性、磁気流体力学など、これを知っておくと、プラズマ宇宙論がより理解しやすくなります

ビルケランドのテレラによって発生した人工オーロラ、写真、彼のノルウェー・オーロラ・ポラリス探検隊より、1902-03年、1908-13年(リンダ・ホール図書館蔵)

2024年3月26日

ニュートンはプラズマを知らなかった。 今日、彼の弟子たちは何年もかけて、いつ、どのようにプラズマに目をつぶるかを学ぶ訓練を受けている

有名なオーロラ・ドラゴン 2019年撮影

2024年3月26日

機械論的な宇宙観はゲームオーバーとなるだろう。プラズマ宇宙論は、すべての答えを持っているとは主張しないが、正しい方向を指し示している。