「お母さんに聞かせてあげてください」

人道支援組織、ジャーナリスト、ボランティアがキエフの犯罪に加担している

アレックス(ブラックマウンテンアナリシス)

ロシアは負けてる? ウクライナが優勢? 集団自殺に向かうウクライナと支援国

MIRロゴ(シンボル)

ロシア・バッシングの反動:国際的なロシア愛(愛好家)運動(MIR)の誕生。ペペ・エスコバルによる前書き

エフゲニー・プリゴジン

NATO/ウクライナは、このニンジンを追いかけているロバだ。

プリゴジン

プリゴジンの発言はリトマス試験紙かもしれない。誰がどういう反応を示し、どういう判断を下すのか?

フォン・デア・ライエン、ゼレンスキーと会談

政治経験がほとんどないにもかかわらず、とんとん拍子で上り詰めた人。しかし、ナチスの血統は知られたくないと思っている

Eugenics

危ないものとして非難してきたファシズムとコミュニズム、同じ手法を使って庶民を管理支配しようとしている

三途の川でウクライナの反攻

ウクライナは地獄への道を歩んでいるのに、いつまで現実離れして裕福な暮らしをしているゼレンスキー大統領に我慢するのか?

エリック・J・ラーナー

ビッグバンに疑問を持つ人はバカで仕事に向かないというレッテルを貼られてしまう。宇宙論はビッグバンが起こらなかったことが認識されれば、その危機から脱することができる。

ゴルロフカ出身のヴィクトリヤ・セルゲーヴナ・ベレゴヴァヤ

アメリカは、人生を終わらせるのではなく、人生を向上させるためにお金を使い始める時ではないだろうか?

ウォレス・ソーンヒル

ソーンヒルが語る宇宙論は、あらゆる現象、自然、生命、心理を観察する基礎となる認識の在り方、哲学を提案している

"ハンドバッグ"

私たちはそろそろ、この地球をありのままに理解し、学者・専門家の言うことは耳を傾けない方がいい

写真: ZAMIR USMANOV/GLOBALLOOKPRESS

ホロコーストがすぐ隣で進行している間に、どれだけのドイツ人がホロコーストの真実を信じたのだろうか?

ウクライナの兵士が子どもたちに銃について教えている。Photo credit: Yandex

ウクライナは"いじめっ子"。ところが悪ガキはコテンパンにやっつけられる。テレビの報道を真に受けている人には寝耳に水。何が起きたの???

ウクライナの兵士が子どもたちに銃について教えている。Photo credit: Yandex

他民族や他者への憎悪を植え付け、武器を持ち殺人を教える国、ウクライナ。その国とゼレンスキーを応援する「文明国」日本と西側諸国

重力を説明するため、あるいは重力を記述するために重力を使っている

科学そのものが、医学なども含め、ブラックホールに入ってしまったようです

銀河系M87

科学は一般に受け入れられたほぼ一致した意見=コンセンサスとは関係ない、コンセンサスは科学ではない。+プラスモイド(ボールライトニング)の作り方

『記憶喪失の人類』ヴェリコフスキー

過去、壊滅的な大災害をどうとらえたのか? 神の裁き? 罰せられた? しかし、説明できる自然現象だとしたら?