マンモスを狩るネアンデルタール人の家族

舞台は約1万2,900年前の真夏、温暖で植物が繁茂した北シベリアの森。マンモスたちは数秒間、氷河のような宇宙空間にさらされ、急速冷凍が始まった

『理性の喪失』 ユーモア、危険、セックス、サスペンス - オールインワン・ノベル!

およそ1万2千年前に地球規模のプラズマ現象が起こった。ある時、地球の位置が狂ってしまったからだ

ルパート・シェルドレイク博士

重要な第一歩は……動物と人間の心が、まだ説明のつかない方法で相互作用していることを認めること

海のある火星の地形図

火星の北半球の大部分はかつて水で覆われていた。この海は不思議なことに消滅してしまった。火星の水はどこへ行ったのだろうか?

月での地震実験装置を操作する宇宙飛行士

今までのところ、月の地震波は予想を裏切るものだった。徐々に、地震データや裏付けとなる証拠が蓄積されるにつれ、月内部の漠然とした姿が浮かび上がってきた

マヤ

金星は彗星として現れ惑星になった。それを裏付ける科学的な根拠

ウォル・ソーンヒル

最も大きな課題は、誰もが信じていることを手放すこと。証拠が導いてくれるところに進み続けることです。

アビドス、セティ1世神殿、アヌビス神が描かれたレリーフ

古代エジプトは、私たちが知っている世界とは異なる世界であり、私たちの世界とは異なる電位、異なる周波数、異なるエネルギー、より電化された環境であったことは間違いない

自己組織化プラズマがビルケランド電流を形成 - NASA ; Jaybear 編集, Public domain, via Wikimedia Commons [44].

マイルス・マティスのモデルとプラズマ宇宙論/電気的宇宙論のモデルを組み合わせると、、、

エリック・J・ラーナー

ビッグバンに疑問を持つ人はバカで仕事に向かないというレッテルを貼られてしまう。宇宙論はビッグバンが起こらなかったことが認識されれば、その危機から脱することができる。

ウォレス・ソーンヒル

ソーンヒルが語る宇宙論は、あらゆる現象、自然、生命、心理を観察する基礎となる認識の在り方、哲学を提案している

"ハンドバッグ"

私たちはそろそろ、この地球をありのままに理解し、学者・専門家の言うことは耳を傾けない方がいい

重力を説明するため、あるいは重力を記述するために重力を使っている

科学そのものが、医学なども含め、ブラックホールに入ってしまったようです

銀河系M87

科学は一般に受け入れられたほぼ一致した意見=コンセンサスとは関係ない、コンセンサスは科学ではない。+プラスモイド(ボールライトニング)の作り方

『記憶喪失の人類』ヴェリコフスキー

過去、壊滅的な大災害をどうとらえたのか? 神の裁き? 罰せられた? しかし、説明できる自然現象だとしたら?

プラズマ・ユニバース

プラズマ宇宙という括りの中でも、同じメカニズムに対してさまざまな考え方があり、別の理論が存在する

radio galaxies

ビルケランド電流がねじれ続けることで、銀河が時間とともに進化して渦巻き銀河になることを説明することができる

plasma focus

プラズマ宇宙とは何か、それを支配する基本原理のいくつかを探る